【2021】クレジットなしで契約!ポケットWi-Fiを徹底比較!

クレジットカードなしで WiMAX のポケット Wi-Fi 契約をする場合の全方法を紹介。口座振替・クレジットカード(引き落とし)申し込み時の審査のアリナシも解説。レンタル Wi-Fi やお試し(try wimax)での振替 or デビットカードでの申込可否も解説中。

クレジットカードなしでポケット Wi-Fi を契約する方法

WiMAX プロバイダが提供するポケット Wi-Fi は、外出先や出張先でも Wi-Fi 環境を用意することができるため、非常に便利です。

このWiMAXプロバイダなのですが、契約をする際に「クレジットカード」が必要になるイメージがありませんか?

このイメージから、「クレジットカードを持っていないから、 WiMAX プロバイダの契約ができない」と諦めている人もいるはずです。

実は、クレジットカードを持っていなくても申し込みができる WiMAX プロバイダがあります。

まずは、以下の「 WiMAX 最安プロバイダ表」をご覧ください。

WiMAX 最安プロバイダ表

表の中では、「キャッシュバック(CB)額(特典があれば)」「(特典があれば)CB反映後の月額料金、または月額実質料金」「クレジットカード対応」「口座振替対応」の4項目を比較しています。

WiMAX 最安プロバイダ表
キャッシュバック額CB 反映後月額料金
または
月額実質料金
(ギガ放題プラン)
クレジットカード対応口座振替対応
GMO とくとく BB最大 31,000 円
(契約機種によって異なる)
約 3,365 円
( WX05 を選んだ場合)
×
Broad WiMAXなし約 3,573 円
カシモ WiMAXなし約 3,620 円×
BIGLOBE WiMAX15,000 円約 4,378 円
UQ WiMAXなし4,380 円

「 CB 反映後月額料金または月額実質料金」に表示されている金額は、各プロバイダの「ギガ放題プラン( 3 年)」の実質金額(またはそこから CB 額を差し引いた額)を 36 ヶ月で割った金額になります。

比較した 5 社の中で、最も実質月額料金が安いのは「 GMO とくとく BB 」です。

クレジットカードなしで契約できるプロバイダ

クレジットカードなしで WiMAX プロバイダに申し込む裏ワザ!

銀行口座振替に対応しているプロバイダを選ぶ!

上記表からも分かるように、クレジットカードなしで契約できる WiMAX プロバイダは、「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」「UQ WiMAX」の 3 社です。

クレジットカードなしでポケット Wi-Fi を契約する注意点

クレジットカードを持っていない方にとって、「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」「UQ WiMAX」は、口座振替でも契約することができるため、非常に便利です。

ただし、口座振替によって WiMAX プロバイダを契約する場合、以下のようなデメリットが生じてしまうので注意しなければいけません。

  1. 申し込み時に審査が実施される
  2. 特典(高額キャッシュバックなど)が受けられないケースが多い
  3. 口座振替の手続きが完了するのに 10 日程度かかる
  4. 料金を自分で支払う手間が生じる

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

口座振替によるポケット Wi-Fi 申し込みでは審査が実施される

クレジットカードではなく口座振替によってポケット Wi-Fi を申込する場合、審査が実施されることを頭に入れておきましょう。

審査が実施される理由

なぜ口座振替で申し込みをすると審査が実施されるのでしょうか。

それは、プロバイダ側が「クレジットカードを持っている=信用のある人物」と捉えているからです。

クレジットカードを作るためには、必ずカード会社の審査に通過する必要があります。
そのため、「カード会社の審査に通過してクレジットカードを持っているのだから、プロバイダ料金をしっかり支払ってくれるだろう」と判断されているのです。

一方、口座振替でポケット Wi-Fi を申し込んできた人は、「クレジットカードを持てない人=信用が無い人かもしれない」と判断されてしまいます。

WiMAX プロバイダ側からすると、 Wi-Fi 料金を延滞・滞納されては困ります。

口座振替で申し込みしてきた人が、しっかり料金を支払ってくれる人かどうかを確かめる目的で審査が実施されるのです。

審査で落とされる可能性がある人

審査が実施されるとはいえ、あくまでも毎月のプロバイダ料金をきちんと支払ってくれるかどうかを確かめるものなので、心配する必要はありません。

ただし、携帯料金の支払いを延滞・滞納している人借入額が多すぎる人は審査に落とされる可能性があるので注意が必要です。

WiMAX系のポケット Wi-Fi は WiMAX 回線を使用しているのですが、この WiMAX 回線を提供してるのは UQ WiMAX になります。

そして、 UQ WiMAX は KDDI の子会社です。

つまり、 KDDI が保有する携帯料金支払いに関する情報をチェックすれば、口座振替で申し込みしてきた人が携帯料金を毎月遅延なく支払っているかどうかを確認することができるのです。

このことから、携帯料金の支払いが滞っている人が口座振替でポケット Wi-Fi を契約しようとしても、審査で落とされる可能性があると考えられます。

特典(高額キャッシュバックなど)が受けられないことが多い

プロバイダによっては、口座振替にすることで特典(高額キャッシュバックなど)が受けられなくなるケースがあります。

Broad WiMAX の場合

Broad WiMAX で口座振替を選択すると、「初期費用0円のWEB割キャンペーン」の適用外となってしまいます。

初期費用0円のWEB割キャンペーン

Web フォームから「月額最安プラン」を「クレジットカード」で申し込み、「指定オプションサービス」に初回加入した場合に、初期費用が 18,857 円割引されるキャンペーン

「適用条件」の一つに「支払方法をクレジットカードで申し込みした人」とあるため、口座振替を選択した人は、初期費用を 0 円にするチャンスを逃してしまうことになります。

BIGLOBE WiMAX の場合

BIGLOBE WiMAX での支払い方法を口座振替にすると、「月額料金大幅値引き」の金額が減額してしまいます。
また、クレジットカード払いの場合、契約時に端末代金を支払う必要があります。

月額料金大幅値引き

【クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合】

「『BIGLOBE WiMAX 2+』ギガ放題 ( 3 年) / ギガ放題 au スマホ割 ( 3 年) 」を契約した際に…

  • 「利用開始から 2 ヶ月間→ 2,335 円/月値引き」
  • 「 3 ヶ月目~ 24 ヶ月目→ 1,650 円/月値引き」
  • 「 25 ヶ月目~ 36 ヶ月目→ 500 円/月値引き」

【口座振替の場合】

「『BIGLOBE WiMAX 2+』ギガ放題 ( 3 年 ) / ギガ放題 au スマホ割 ( 3 年) 」を契約した際に…

  • 「利用開始から 2 ヶ月間→ 1,735 円/月値引き」
  • 「 3 ヶ月目~ 24 ヶ月目→ 1,050 円/月値引き」
  • 「 25 ヶ月目~ 36 ヶ月目→ 500 円/月値引き」

端末代金

口座振替で契約をした場合、データ端末代金として 4,800 円を代金引換によって支払う必要があります

ちなみに、この支払代金は、月々の料金から値引きされるため、実質負担はありません

UQ WiMAX の場合

UQ WiMAX では、クレジットカード・口座振替ともに、あまり違いはありません。

ただ、上記の比較表でもわかる通り、 UQ WiMAX は基本的な月額料金が他のプロバイダよりも高く設定されています

口座振替の手続きが完了するのに 10 日程度かかる

コメントを残す




CAPTCHA