【ポケットWiFi】WiMAXとLTEの違いを比較!おすすめはどっち?

ポケットWiFiならLTE系とWiMAX系どっちが良い?今回はLTEとWiMAXのポケットWiFiを料金、速度制限、無制限プランのあり・なしなどの違いを比較しました。

無制限ポケットWifiおすすめ人気ランキングはこちら

ポケットWiFiの回線にはWiMAXとLTEがある

ポケットWiFiの利用を検討している方は、ポケットWiFiサービスを提供するプロバイダーが、非常に多く存在することが分かると思います。

実は、ポケットWiFiのプロバイダはたくさんありますが、各プロバイダーが利用している「回線」の数は2つしかありません。

「WiMAX回線」「LTE回線」の2つです。

各プロバイダーは、どちらかの回線を借りて、ポケットWiFiサービスを提供しています。実は、WiMAXプロバイダーは、LTEオプションを使用することで、auのLTE回線を利用した「LTE通信」も可能という特徴があります。

実は、WiMAXプロバイダーは、LTEオプションを使用することで、auのLTE回線を利用した「LTE通信」も可能という特徴があります。

WiMAX回線+LTE回線

  • au
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • 3WiMAX
  • カシモWiMAX
  • DTI WiMAX
  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE
  • so-net
  • nifty  など

LTE回線

  • Y!mobile(Softbank LTE)
  • docomo
  • Softbank
  • NEXT mobile(Softbank LTE) など

WiMAXとLTEの違いを比較

ここでは、WiMAXとLTEそれぞれの通信方式について、違いや特徴について解説していきます。

LTEとWiMAXの通信速度の違い

WiMAX回線は、「データ通信回線」のために作られました。
LTEに代わる通信規格で、高速通信が可能です。
ただし、利用するエリアによっては、通信状態が不安定になるという特徴があります。

一方、LTE回線は、「通話用回線」として作られた通信技術で、通信状態がいつも安定しているという特徴があります。
その代わり、データ通信の速度はWiMAX回線と比べて遅い傾向にあります。

WiMAXとLTEの最大速度の理論値は、以下のようになっています。

WiMAX回線とLTE回線の下り最大速度(理論値)
WiMAX回線220Mbps
LTE回線150Mbps

LTEとWiMAX端末の種類を比較

LTE・WiMAXそれぞれのプロバイダーで利用できる「端末」のスペックを比較していきます。

ポイントは新しいWiMAX端末auのLTE回線も使用できるという事です。

モバイルWiFiルーター端末の比較

スペック表【利用できる回線】
最高速度
(下り最大/上り最大)
連続通信時間サイズ
重量
W06WiMAX2+】
558Mbps/30Mbps
【au 4G・LTE】
1237Mbps/75Mbps
約670分約128×64×11.9mm
約125g
W05【WiMAX2+】
558Mbps/30Mbps
【au 4G・LTE】
758Mbps/112.5Mbps
約540分約130×55×12.6mm
約131g
W04【WiMAX2+】
558Mbps/30Mbps
【au 4G・LTE】
758Mbps/37.5Mbps
約540分約130×53×14.2mm
約140g
WX04【WiMAX2+】
【au 4G・LTE】
s440Mbp/30Mbps
約700分約111×62×13.3mm
約128g
U01【WiMAX2+】
220Mbps/10Mbps
約32×94×13.5mm
約38g
N-01【docomo LTE】
200Mbps/50Mbps
【docomo 4G】
788Mbps/50Mbps
約840分約62×98×13.6mm
約110g
601HW【Softbank 4G・LTE】
350Mbps/37.5Mbps
【Softbank 4G】
612Mbps/13Mbps
約510分約109.9×65.1×15.5mm
約135g

 

 特徴
W06USB接続時の下り最大速度1.2Gbps!高性能はいモードアンテナ搭載で電波が入りやすい。スマホやパソコンのWiFi設定が不要。
W05高速・軽量タイプ。クレードル設置でホームルーターとしても使用可能!
W04「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3つのモードを選択できる
WX04大容量バッテリー・切り忘れ防止機能により、動作時間がアップ
U01USBスティックタイプのポケットWiFiで、パソコンに直接接続
N-01本体をクレードルにセットすることで、ホームルーターとしても利用できる
601HW電源を入れて約5秒で高速起動する

最高速度はアテにならない

上記の最高通信速度は、あくまで複数の回線を束ねて利用した場合の理論値です。
なので実際に使用してみた時には、使用するエリア条件によって、実測値は異なります

ちなみに、契約前に自分の住んでいるエリアで電波が繋がるかを確認することをおすすめします。
利用可能エリアは、各プロバイダーのホームページから確認可能です。

自分のエリアを確認してみる

上のエリアチェックで「○(マル)」となっていても、建物の構造によっては、電波が繋がらないことがあります。
そのような場合に備えて、解約違約金が0円になるサービスを提供しているプロバイダーがあります。

  • Broad WiMAX・・・初めの8日以内のキャンセルOK
  • GMOとくとくBB・・・初めの20日以内キャンセルOK
  • UQ WiMAX・・・15日間無料で試せる

LTEとWiMAX使用可能エリアの違いを比較

関連する記事

コメントを残す