DTI WiMAX 2+の最新キャッシュバックキャンペーンと受け取り方法

この記事は約 18 分で読むことができます。

DTIWiMAXで申し込んだけどキャッシュバックはいつ受け取れる?高額な金額だけに受け取り方法や受け取り時期は見逃せません。今回はDTI WiMAXキャッシュバックの受け取り方法を紹介。DTI WiMAXの口コミ・評判もまとめました!

無制限ポケットWifiおすすめ人気ランキングはこちら

DTI WiMAXは会員クーポンのお得感がスゴかった

DTI WiMAXとは、「株式会社ドリーム・トレイン・インターネット」が運営するプロバイダによって提供されているポケットWiFiです。

このDTI WiMAXが他のポケットWiFiと異なるポイントは、「DTI Club Off」というDTI会員限定の特典サービスが用意されていて、豊富な会員クーポンを利用できるという点です。

DTI Club Offの優待特典
国内の宿国内約20,000件のホテルや旅館が、最大90%OFF
レジャー全国約700カ所の遊園地やテーマパークが最大75%OFF
日帰り温泉全国約700カ所の日帰り湯施設が最大60%OFF
グルメ全国約40,000店以上の飲食店や宅配ピザなどが
最大50%OFF
映画映画チケットが前売りよりも安くなる!
全国約400館の映画館で利用可能!
エンターテインメントミュージカルや美術展・展覧会、カラオケが最大50%OFF

会員になることで、上記のようなお得なサービスを受けることができます。

DTI WiMAXのキャッシュバック手続き

DTI WiMAXには、キャッシュバックキャンペーンもありました。

キャッシュバックキャンペーンの詳細
キャンペーン期間~2018年1月31日
対象プラン・DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン
・DTI WiMAX 2+ モバイルプラン
キャンペーン対象キャンペーン期間中に、対象プランの契約をされた方
キャンペーン内容キャッシュバック 30,000円

キャンペーン期間中に、DTI WiMAX「ギガ放題プラン」または「モバイルプラン」を契約すると、キャッシュバック(キャッシュバック額30,000円)の対象となるキャンペーンでした。
キャッシュバックキャンペーンの期間は1月31日までなので、すでにキャンペーン対象となる期間は終了しています

キャッシュバックを受け取るための条件

実はこのキャッシュバックを受け取るには、一つ条件があります。
それが、DTI WiMAXの利用開始月を1カ月目として、11カ月目まで解約することなく、利用を継続しているお客様宛に、翌月キャッシュバックの案内が送付されるというものです。

DTI WiMAXのキャッシュバックは、契約してから、利用を継続して1年後に受け取ることができる

つまり、2018年1月にDTI WiMAXのキャッシュバック対象プランを契約した方は、1年後の2019年1月に、ようやくキャッシュバックの振込み手続きが可能になるということです。

キャッシュバックは、「メルマネ」という楽天のサービスを使って、受け取り手続きをすることになります。
受け取り口座は、楽天銀行の口座である必要はなく任意の銀行口座を指定することができますが、口座名義はDTI WiMAXの契約者名義と同一人物でなければいけません。

キャッシュバック受け取り手続きの流れ

ここでは、DTI WiMAXのキャッシュバック受け取り手続きの流れについて説明していきます。
まだ、契約から1年が経過しておらず、これからキャッシュバックを受け取ることになるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

①DTIからのメールをチェック!

ご自身のDTI連絡先メールアドレス宛に、「楽天銀行株式会社『メルマネマスペイメントサービス』」からメールが届きます。

この時、メールの送信先は「DTI」ではなく「楽天銀行のメルマネ」である点に注意しましょう。
キャッシュバックの案内メールだということに気づかずに、スルーしてしまう可能性があるからです。

案内メールは、契約時に登録したメールアドレス宛に送信されます。

②URLをクリック

案内メールないにあるURLをクリックしましょう。
URLが有効なのは、メールを受け取ってから「45日以内」なので注意してください。

【『メルマネ』受け取りメールのサンプル画像】

DTI WiMAX,ポケットWiFi,メルマネのメールサンプル

③名前を入力する

URLクリック後、受け取る人の姓名を入力します。
この時、DTI契約者名と口座名義が異なる場合、キャッシュバックが受け取れなくなるので、注意が必要です。

④口座情報を入力する

任意の受け取り口座の情報を入力して、最後に「受け取り実行」ボタンを押せば、完了です。

口座は、楽天銀行でなくても問題ありません
楽天銀行口座を持っていない場合は、ご自身がお持ちの口座情報を入力してください。

⑤お金を受け取る

口座情報を入力したら、キャッシュバック金額の30,000円を受け取ることができます。

15時までに受け取り手続きが完了した場合は、当日中にキャッシュバックの振込みが行われます。
もし、15時以降に手続きをした場合は、翌営業日に入金されます。

DTI WiMAXを他のポケットWiFiと比較してみた

ここでは、DTI WiMAXを、他のポケットWiFiと比較していきます。
比較するポケットWiFiは「au ポケットWiFi」「docomo ポケットWiFi」「softbank ポケットWiFi」「Broad WiMAX」の4つです。

今回は、各ポケットWiFiの比較的データ量の多いプランを選んで、比較しています。
比較するのは「月間データ容量制限」「通信速度制限の有無」です。

 月間データ容量制限通信速度制限の有無
DTI WiMAX
【DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン】
上限なし
(3日間で10GB)
速度制限時:1Mbps
au ポケットWiFi
【WiMAX 2+ フラット for DATA EX】
7GB
制限時:128Kbps

(3日間で10GB)
速度制限時:1Mbps
docomo ポケットWiFi
【ウルトラデータLLパック】
30GB 
制限時:128Kbps
なし
softbank ポケットWiFi
【4G/LTEデータし放題フラット】
7GB
制限時:128Kbps
なし 
Broad WiMAX
【ギガ放題プラン】
上限なし
(3日間で10GB)
速度制限時:1Mbps

特徴的なのは、auやdocomo、softbankのようなキャリアのポケットWiFiと違い、「DTI WiMAX」「Broad WiMAX」「月額データ容量制限」に上限が無いという点です。

つまり、一カ月で使用するデータ量を、特に気にする必要がなく、ポケットWiFiを使用することができます。
ただし、「3日間で10GB」を超えると、速度制限がかけられてしまうので、その点には注意が必要です。

 au/ソフトバンク/ドコモポケットWifで月額料金と機能の違いを比較!

DTI WiMAXは安くない?

DTI WiMAXには、魅力的な会員特典がたくさん用意されていて、月間データ容量に制限も設けられていないという特徴があることを説明してきました。

ここで気になるのが、DTI WiMAXの料金ではないでしょうか。
実は、DTI WiMAXは会員特典を除くと、他のWiMAX回線を使用したポケットWiFiよりも割高になってしまいます。

 DTI WiMAXのおすすめできないポイント

 月額料金は他のWiMAXよりも割高

 7GB通常プランの事務手数料が高い

 8日間以内の契約キャンセルができない

 月額料金は他のWiMAXよりも割高

月額料金ギガ放題プラン
(容量制限なしのプラン)
通常プラン(7GBプラン)
DTI WiMAX【1ヶ月目~3ヶ月目】
2,590円
【4ヶ月目~】
3,760円
【1か月目~】
3,500円
Broad WiMAX【1ヶ月目~3ヶ月目】
2,726円
【4ヶ月目~】
3,411円
【1か月目~25ヶ月目】
2,726円
【25ヶ月目~】
3,326円
カシモWiMAX1ヶ月目~2ヶ月目
1,380円
3ヶ月目~24ヶ月目
3,380円
25ヶ月目~
4,079
【1ヶ月目~2ヶ月目】
1,380円
【3ヶ月目~24ヶ月目】
2,680円
【25ヶ月目~】
3,379円
GMOとくとくBB【1ヶ月目~2ヶ月目】
3,609円
【3ヶ月目~】
4,263円
【1ヶ月目~】
3,609円

DTI WiMAXの月額料金は、少しではありますが、割高な傾向にあります。
特に、通常プラン(モバイルプラン)は、1カ月3,500円で、他のWiMAXよりも高く設定されています

 7GB通常プランの事務手数料が高い

DTI WiMAXの「モバイルプラン(7GBのる通常プラン)」は、契約時の「事務手数料」が、他のWiMAXよりも高くなっています。

上記でも登場した「Broad WiMAX」「カシモWiMAX」「GMOとくとくBB」は、3社とも事務手数料「3,000円」ですが、DTI WiMAXの「モバイルプラン(7GBのる通常プラン)」の事務手数料は「5,500円」となっています。

 8日間以内の契約キャンセルができない

ポケットWiFiの契約時に心配なのが、自分に住んでいる地域が、「WiFi対応エリア」かどうかという点です。

ポケットWiFiによっては、利用を開始してから、もしも自分の地域がエリア対応していないことが分かった際に、無料で解約できるサービスが用意されています。
「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB」は、端末到着後8日以内であれば、「解約違約金」を請求されることがありません

しかし、DTI WiMAXでは、この「8日以内の契約キャンセル」制度が用意されていません
そのため、解約する際に「解約違約金(19,000円)」が必要になってしまいます。

WiMAX回線とLTE回線の違いについては「無制限ポケットWifiのWiMAXとLTEの違いとは?徹底比較2018年版!」をご覧ください。

DTI WiMAXで使える端末

DTI WiMAXで使用できるポケットWiFi端末は、「WX03」「WX04」「W05」の3種類になります。
ちなみに、「W05」「WX04」は「3年プラン対象機器」で、「WX03」は「2年プラン対象機器」です。

WX03

ポケットWiFi,DTI WiMAX,WX03

WX03
下りの最高速度(理論値)【ハイパフォーマンスモード】440Mbps
【ノーマルモード】220~110Mbps
(自動切換え)
【エコモード】110Mbps
最大接続台数【WiFi機器】10台
【Bluetooth機器】3台
【USB】1台
質量約110g
特徴WX03は2年プラン対象の機器になります。
3つの端末の中で、最も軽いのがこのWX03です。

WX04

ポケットWiFi,DTI WiMAX,WX04

WX04 
下りの最高速度(理論値)【ハイパフォーマンスモード】440Mbps
【ノーマルモード】220Mbps
最大接続台数【WiFi機器】10台
【Bluetooth機器】3台
【USB】1台
質量約128g
特徴WX04は3年プラン対象の機器になります。
3つの端末の中で、最もバッテリー使用時間が長いです。
ノーマル設定時のバッテリー使用時間は690時間になります。

W05

ポケットWiFi,DTI WiMAX,W05

W05 
下りの最高速度(理論値)【ハイパフォーマンスモード】758Mbps
【ノーマルモード】429Mbps
最大接続台数最大10台
質量約131g
特徴WX05は3年プラン対象の機器になります。
3つの端末の中で、最も通信速度が速い端末です。

DTI WiMAXの端末は他のWiMAXプロバイダと同じ

DTI WiMAXで使用できる端末について、それぞれの特徴を書いてきました。

3つの端末のうち、最もおすすめできるのは「W05」です。

W05は、下りの通信最高速度が、「ハイパフォーマンスモード:758Mbps」「ノーマルモード:429Mbps」となっており、3つの端末の中で最も速い通信速度です。
通信スピードが速く、安定した通信が可能なので、ストレスなくWiFiを利用することができます

 上手にポケットWiFiを利用するポイント

先に利用したいWiFi端末を選んでおいて、その後に、自分に合ったプロバイダや料金プランを選択する。

ちなみに、上記3つの端末は、他のWiMAXプロバイダでも採用されている機器です。

そのため、端末の特徴を確認し、使う端末を選んでから、自分に適したプロバイダや料金プランを選択することが、上手にポケットWiFiを利用するために重要なポイントです。
ぜひ参考にしてみてください。

DTI WiMAXの口コミ・評判

DTI WiMAXを実際に利用している方の口コミを集めてみました。
利用者がDTI WiMAXについてどのように感じているのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

イラスト30代 | 男性 | 会社員 |
契約プラン:DTI WiMAX 2+ モバイルプラン(3年)
利用している端末機器:W05

DTI WiMAXの評価

【DTI WiMAXを選んだ理由は何ですか?】

仕事で営業職をしており、外でパソコンを使う機会が多いため、通信スピードが速く、便利だと聞いていたDTI WiMAX 2+を利用してみようと思いました。

 

【DTI WiMAXに満足している理由を教えてください。】

ネットでの申し込みが可能で、すぐに利用することができました。
外でパソコン作業をする時に使っていますが、特に不自由なくメールもネットもできて満足しています。

 

バッテリーの消耗が少し早くなりますが、ハイパフォーマンスモードにすれば、通信スピードは自宅で使っているヤフーBBと同じくらいの早さです。

ノーマルモードでも通信スピードに不満はなかったので、現在はノーマルで使う事が多いです。

モバイルプランのため、データ通信量に制限がありますが、私には月間7GBもあれば十分です。

イラスト40代 | 男性 | 個人事業主 |
契約プラン:DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年)
利用している端末機器:WX04

DTI WiMAXの評価

【DTI WiMAXを選んだ理由は何ですか?】

手頃な月額料金で、出先でもネットを楽しむ方法を探していたところ、DTI WiMAXを見つけました。
ギガ放題プランであれば、データ容量を気にせずにネットを利用できる上に、月額も3000円台と比較的手頃だったのが決め手です。

 

【DTI WiMAXに満足している理由を教えてください。】

きちんと繋がるのか不安に感じていましたが、繋がらなくて困るという状況は滅多になく、満足です。
ただし速度に関しては、場所によってかなり差が出てしまうのが残念です。

 

通信スピードに関しては基本的にスムーズですが、場所や時間帯によっては、少しストレスが溜まるレベルまで遅くなる事があります。
特に外出先で動画を快適に観れないケースもあるので、その点が不満です。

また、複数の機器でネットを利用するとちょっともたつきや不安定さがあります

月額3000円台で基本的には場所やデータ量を気にせず使用出来るので、コスパとしては悪くありません。

イラスト30代 | 男性 | 会社員 |
契約プラン:DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年)
利用している端末機器:WX04

DTI WiMAXの評価

【DTI WiMAXを選んだ理由は何ですか?】

持ち運びが楽で、月々の利用制限がないポケットWiFiを探していたときに見つけました。
速度も220Mbpsで、どんな環境でも使いやすそうと感じて選びました。

 

【DTI WiMAXに満足している理由を教えてください。】

DTI WiMAXは、安定して30~40Mbps程度は出てくれますし、特に使っていて不便に感じることはありません。
外で使うことが多いですが、バッテリー切れで肝心な時に使えないこともなく満足しています。

 

通信速度に関しては、ストレスなく使用できます。
電波の入りにくい地下やビル内等もありますが、3年のプランにすると、「LTEオプション」が無料で付いてくるので、切り替えれば電波の掴みも良くなり便利です。

料金体系はシンプルで、固定回線のように「回線費用」「プロバイダ費用」とそれぞれを考える必要がなく、安く利用できていると思います。

データ容量については、ギガ放題なので容量を気にせず使えていますが、3日間で10GBの制限はあります
ただ、大容量のデータのやり取りを短期間で行うことがないので、個人的には影響していません。

安いWiMAXおすすめランキング

もし、「WiMAX回線を利用したポケットWiFi」を選ぶ基準として、「月額料金の安さ」「実質の利用料金の安さ」を重視したいと考えている場合には、以下の3社がおすすめです。

Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金プランは、「ギガ放題プラン」「ライトプラン(月間データ容量7GB)」の2種類です。

端末発送月は、月額料金(2,726円)の日割料金となり、その翌月が1ヶ月目です。

月額料金
ギガ放題プラン【1ヶ月目~3ヶ月目】
2,726円
【4ヶ月目~】
3,411円
ライトプラン
(月間データ容量7GB)
【1か月目~25ヶ月目】
2,726円
【25ヶ月目~】
3,326円
契約に関する料金
契約事務手数料3,000円(税抜)
契約解除料12ヶ月以内19,000円
13~24ヶ月以内14,000円
26ヶ月目以降9,500円
更新月
(25ヶ月目・49カ月目など)
0円

また、「Web申込」「クレジットカード払い」「指定オプション加入」という条件を満たすことで、「Web割キャンペーン」の対象となり、通常「18,857円」かかる初期費用を無料にすることができます。

カシモWiMAX

カシモWiMAXには、「カシモWiMAX 2+ ギガ放題プラン」「カシモWiMAX 2+ ライトプラン(月額データ容量7GB)」の2種類の料金プランがあります。

カシモWiMAXは、端末発送月(初月)の料金は無料で、その翌月を1ヶ月目と数えます。

月額料金 
ギガ放題プラン1ヶ月目~2ヶ月目
1,380円
3ヶ月目~24ヶ月目
3,380円
25ヶ月目~
4,079
ライトプラン
(月間データ容量7GB)
【1ヶ月目~2ヶ月目】
1,380円
【3ヶ月目~24ヶ月目】
2,680円
【25ヶ月目~】
3,379円
契約に関する料金  
契約事務手数料3,000円(税抜) 
契約解除料   12ヶ月以内19,000円
13~24ヶ月以内14,000円
26ヶ月目以降9,500円
更新月
(25ヶ月目・49カ月目など)
0円

「2年間特典」で、20,000円相当の端末代金は無料となっています。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、「ギガ放題プラン」「通常プラン(月間データ容量7GB)」のどちらかを選ぶことになります。

端末発送月は、月額料金(3,069円)の日割料金で、その翌月が1ヶ月目になります。

月額料金  
ギガ放題プラン【1ヶ月目~2ヶ月目】:3,609円
【3ヶ月目~】:4,263円
通常プラン
(月間データ容量7GB)
【1ヶ月目~】
3,609円
契約に関する料金    
契約事務手数料3,000円(税抜)  
契約解除料      2年プラン24ヶ月以内24,800円
26ヶ月目以降9,500円
更新月
(25ヶ月目・49カ月目など)
0円
3年プラン24ヶ月以内24,800円
25ヶ月目以降9,500円
更新月
(37ヶ月目・73カ月目など)
0円

端末代金・端末送料は無料となっています。

 月額料金が1番安いおすすめ無制限ポケットWiFI比較ランキング!

まとめ

キャッシュバックキャンペーンの期間中に、DTI WiMAXを申込した方は、キャッシュバックの受取スルーに注意しましょう。

また、これからポケットWiFiの利用を考えている方は、キャッシュバックやその他特典を重視するか、月額料金の安さを重視するかなどのポイントで、選ぶべきプロバイダが変わってきます。

悩まれている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 無制限ポケットWifi(WiMAX)を無料で15日間レンタルする裏技とは?

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す