カシモWiMAXの口コミ評判とメリットデメリット

この記事は約 14 分で読むことができます。

カシモWiMAXの評判・メリットデメリットまとめ。本当におすすめ?2chやSNSからリアルな口コミを調査。解約時の違約金やカスタマーセンター問い合わせ、ギガ放題の通信制限・キャンペーンコードについても解説。

無制限ポケットWiFiおすすめ比較ランキングはこちら

カシモWiMAX,申し込み

カシモWiMAXの月額料金は、他社大手(Broad WiMAX・GMOとくとくBB)と比較しても最安値です。

 スマホの方は右にスライド!

 100カシモWiMAX200Broad WiMAX300GMOとくとくBB
プラン ギガ放題ギガ放題ギガ放題
月額料金 2ヶ月トータル1,380円(税抜)
3ヶ月目〜3,480円/月(税抜)
3ヶ月間2,726円/月(税抜)
4ヶ月目〜3,411円/月(税抜)
2ヶ月間3,609円/月(税抜)
3ヶ月目〜4,263円/月(税抜)
2年間トータル料金 81,194円(税込)86,193円(税込)109,084円(税込)
キャッシュバック0円0円31,000円
CB差引後
月額料金(平均)
3,383円(税込)3,591円(税込)3,253円(税込)
ポイント!

カシモWiMAXは初月が無料であること+2カ月目が1,380円となっており、使い始めの安さはWiMAX業界でもダントツ。また、月額料金そのものが安く設定されているので、GMOなどの高額キャッシュバックがなくても2年間の実質料金を格安にできることが特徴です。

カシモWiMAXの評判・口コミ

カシモWiMAXは料金の安さで評価が高いプロバイダで、twitter口コミでも金銭面での高評価が圧倒的に多く見られます。

カシモWiMAXの高評価

カシモWiMAXに辿り着くユーザの多くは、他の大手WiMAXの料金と比較して最終的にカシモを選んでいます。

回線速度自体はどのWiMAXを選んでも変わりはない(※WiMAX=全てUQ回線)ので、料金の安さを重視する人はカシモを選んで間違いはないでしょう。

❝カシモとgmoと楽天のが価格似てるが、どこも解約とかその他揉めそうな会社の臭いする。 
毎月100円高いソネットを調べ中だけど、カシモは解約もオンラインで出来て、一応有名なので良いかなと。 引用:2ch「カシモWiMAXについて」

カシモWiMAXの低評価

低評価はほとんど見られないプロバイダですが、時期によっては「最安料金が適用できるのが最新機種でない」こと

また高額キャッシュバックが欲しいユーザや、キャッシュバック適用によって実質料金を下げたいユーザには、やや満足度が低いようです。

❝デビットカード決済出来なかった(´・ω・`)返金されてた残念(´・ω・`)(。・ω・。) 引用:2ch「カシモWiMAXについて」

DEBIT(デビット)カード決済ができないことも一部で不評の要因になっているようです。

キャンペーンコードが見つからない?!

以前カシモWiMAXの申し込み画面に「キャンペーンコード」の入力欄が設けられていました。

これを見た人の多くが「料金が安くなるキャンペーンコード」なるものが別サイトで配布されている、と思うようです。

現在のカシモWiMAXではキャンペーンコード欄は無くなり、「管理コード」となっています。

カシモの運営元に「キャンペーンコード・管理コード」がどういうものか問い合わせてみたところ、次のような回答が返ってきました。

以前はキャンペーンコード(現在は「管理コード」)として入力欄を設けておりますが、テスト的に関係者に対してのみ発行しているものでございます。一般のお客様に対しましては「キャンペーンコード(管理コード)」を使わず、お得にご利用いただける割引料金を提供させていただいております。参考:カシモWiMAX

とのこと。

つまり一般の申込者には関係のない入力項目ということです。

キャンペーンコードなしでも最安値が適用されているので、申し込み時は「管理コード欄は空白」でOKです。

カシモWiMAXを選ぶメリット

カシモWiMAX,料金,メリット

カシモWiMAXの場合、高額キャッシュバックは用意されていないものの、初月・次月は最安値月々の料金が安く設定されていることが一番のメリットとなっています。

  • 初月無料はカシモだけ(通常は日割料金)
  • 2カ月目が圧倒的な安さの1,380円
  • 受け取りに失敗しがちなキャッシュバック申請手続きなし
  • 商品到着~8日以内なら無料で解約できる

特に3つめのキャッシュバック申請の必要ナシに関しては「万が一の手続き失敗=割高な実質料金」になることを避けたい人には重要なポイント。

他社(例:GMO)では3万以上のキャンペーンが用意されており、それを目当てに申し込みをするユーザも多いですが、受け取り手続きが1年後になっているなど受け取りを逃す可能性大。

失敗なく、確実に安いプロバイダに申し込みたいユーザがカシモを選んでいる理由はそこにあります。

カシモWiMAXを選ぶデメリット

カシモWiMAXを選ぶことによるデメリットは、プロバイダ独自の特典があまりないことです。

  • 高額キャッシュバックが用意されていない。
  • 違約金無料で乗り換えできる固定回線・提携先などがない。

WiMAXのプロバイダには高額キャッシュバックを用意している所が多く、例えばGMOとくとくBBの場合、月額料金がある程度高くてもキャッシュバックを適用すれば2年トータルの金額が安くなるというメリットがあります。

カシモWiMAXの場合キャッシュバック特典はなくもともと月額料金が安く設定されているのが魅力ですが、キャッシュバックを適用して少しでもトータル金額を抑えたいと考えている人や、1年後のご褒美としてまとまった額のキャッシュバックを受けたいというような人には「キャッシュバックなしのカシモで契約」するメリットは少ないでしょう。

 GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題プランの評判とメリットデメリット!

また、BroadWiMAXのような「提携企業への光回線乗り換え」が無料でできるといったサービスがない事も1つのデメリットです。

WiMAXを家の固定回線として使用することを考えているような場合には、BroadWiMAXを検討しておいた方がベターと言えます。

 【最新】月額料金が1番安いおすすめポケットWifi比較ランキング!

ワイマックス(WiMAX2)×LTEの通信エリア

WiMAXのプロバイダはかなり沢山あり、「このプロバイダは通信速度が遅い」「〇〇のプロバイダは通信速度が早い」などの評価がかかれる事がありますが、実際にはどこも同じ回線(UQコミュニケーションズ回線)を使用しているため、回線速度は同じです。

また、回線速度と同じく利用エリアもWiMAXプロバイダすべて共通となっています。

WiMAXの端末で使えるのはWiMAXの通信エリアLTEの通信エリアで、この2つのエリア普及率はほぼ同格となっています。

(1枚目:WiMAX / 1枚目:LTE)

WiMAX,エリアマップ LTE,エリアマップ

特に都心部に関しては100%変わりないといっていいでしょう。

都心から離れたエリアに関してはどちらも「順次エリア拡大中」となっていますが、ピンポイントエリアにおいて現時点での通信状況を調べたい場合は、公式サイトから調べることができます。

 ピンポイントエリア判定を見てみる

WiMAXは電波が悪いと言われる理由

WiMAXユーザの口コミで多い「電波の入りが悪い」という評判。

これはWiMAXの電波の性質がLTEと異なるためで、特に障害物(建物の中など)に弱いというWiMAX特有の性質によるものです。

WiMAXの電波が悪くなる主な原因が次のような例です。

  • 窓際から離れた建物内で使用。
  • 地下にいる場合。
  • エリア判定が弱い場所での使用。

ー対策ー

WiMAXの端末にはLTE回線を使用できるモードが搭載されているので、建物内にいて電波状態が悪い場合はLTEに切り替えて使うことが可能となっています。

ただしLTEの使用には限度があるため(※詳細後述)、WiMAX端末でのLTE回線切り替えはあくまで「非常用」と考えておいたほうがよいです。

カシモWiMAXは8日間のお試し利用ができる

WiMAX契約で悩む女性

WiMAXを初めて使う場合に安心なのが、カシモWiMAXの「初期契約解除制度」

端末が自宅に届いてから8日以内であれば、違約金を払わず0円で解約できるという制度です。

カシモWiMAX 2+サービスの契約書面の初回配送到着日から起算して 8 日以内に(初回配送到着日とは、配送業者
が初回に配送した日付です。受け取らなかった場合でも不在票が投函された日付となります)、当社へ事前の書面により
本契約の解除(以下「初期契約解除」といいます。)を行うことができます。

引用:カシモWiMAX「重要事項説明」

  • 実際に自宅で使ってみたら全く電波が入らなかった
  • やっぱり他の回線を使いたい
  • 思っていたより通信速度が遅かった

というような場合でも、この制度を使って無料で解約が可能です。

カシモWiMAXは端末無料

キャリア(au・docomo・SoftBankなど)のポケットWiFi端末が数万~かかるのに対し、WiMAXプロバイダの端末はカシモWiMAXを含め、どこも無料が基本となっています。

基本の月額料金が安い+端末料金の負担0円なので、月々の支払いが体感として一番安いのがカシモWiMAXということになります。

※L02はモバイル端末ではなく、自宅での固定用ルーターです。

WiMAXの最新機種はHUAWEIのW06NECのWX05の2種類で、下り(ネットサイト閲覧 / アプリ使用etc)速度で見るとW06が優れています。

WiMAX回線使用時の通信可能時間でみるとWX05の方が1~3時間程度長いので、通信時の電池もちを重視したい人にはWX05がおすすめです。

 公式サイトで端末を見てみる

カシモWiMAXの通信速度・速度制限

WiMAX端末は最高値として下り(WEB読み込み)最大558Mbpsといった数値が記載されていますが、使用時には環境に応じて通信速度が変わります

使用時の速度は「実測値」としてユーザから多く報告されています↓

 動画をサクサク見られる速度

動画の種類必要な速度
YouTube 360p(低画質)0.5Mbps 程度
YouTube 480p(中画質)1Mbps 程度
YouTube 720p(高画質)2Mbps 程度
YouTube 1080p(超高画質)3.5Mbps 程度
hulu2Mbps 程度
NHKオンデマンド2.5Mbps 程度
Gyao2.5Mbps 程度

つまりWiMAX端末であれば、読み込みデータの大きい動画でもサクサク見られるということです。

カシモWiMAXの速度制限

WiMAXプロバイダでは、共通のプランとして通常プラン・ギガ放題プランの2種類が提供されています。

  • 通常プラン(月7GB上限)
  • ギガ放題プラン(無制限)

通常プランは7GBを超えた時点で速度制限がかかりますが、重要なのはギガ放題プランでも速度制限がかかることがあるという点です。

ユーザの中にはギガ放題プラン契約で、この速度制限の条件を知らずに低評価している人も多くみられます。

ギガ放題速度制限について

速度制限パターンその①:3日で10GBを超えた場合

ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃(2018年6月時点))にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します

引用:カシモWiMAX

一時的な混雑回避の措置として、3日間の通信データ量が10GBを超えた場合には夜間のみ1Mbpsになる制限が実施されます。

1Mbpsとは具体的にみると、一般的なスマホの通信制限時速度(128bps)の7~8倍の速度に相当するため、実際にストレスを感じることはさほどないでしょう。

速度制限パターンその②:LTE回線に切り替え+7GBに達した場合

WiMAXポケットWiFiの端末は、どれもLTE回線への切り替えモードが搭載されていますが、LTEに接続した月ギガ放題であってもデータ上限が7GBになる点に注意が必要です。

しかもこの速度制限にかかった場合、月末までの制限となることも要チェックのポイントです。

「WiMAX×LTE回線が両方使えて上限ナシなら無敵」

・・・と思うユーザが多くいますが、実際にはLTEを使用した場合無制限ではなくなるということを知っておく必要があります。

ギガ放題プランでのLTE接続は非常時用

実際にはWiMAX回線だけで通信ができるエリアがほとんどですが、「念のためLTEも点けておこう」という気持ちで毎回LTEをONにしているユーザの場合、頻繁に通信制限にかかることになってしまいます。WiMAXポケットWiFiを使う場合は通常WiMAX回線のみ、どうしても電波を強化しなければならない状況の時のみLTEをONにするという使い方が、ストレスなく利用するポイントとなります。

カシモWiMAXの解約方法・違約金比較

カシモWiMAXは3年縛りの契約で、1~2年以内に契約解除する場合には違約金がかかってきます。

  • 1年以内の解約:19,000(税抜)
  • 2年~解約月までの解約:14,000(税抜)
  • 3年目(契約更新月以外):9,500円(税抜)

カシモWiMAX カスタマーセンターの電話番号

解約のタイミングや契約内容についてなど、すぐに連絡したい場合はカシモWiMAX「カスタマーセンター」での電話窓口での応対があります。

  • カシモWiMAX総合窓口
  • メール:info@ka-shimo.com
  • 電話番号:03-6693-0480
  • 応対時間:10:00~19:00(年末年始を除く)

【比較】ポケットWiFiプロバイダの解約金

 1~12カ月13~24カ月25~35カ月
GMOとくとくBB24,800円24,800円9,500円
BroadWiMAX19,000円14,000円9,500円
カシモWiMAX19,000円14,000円9,500円
Y!mobile9,500円9,500円9,500円

カシモWiMAXの違約金は他プロバイダと比較しても良心的な部類に入ると言えます。

契約更新月以外でカシモWiMAXを0円解約したい場合は、「違約金を代わりに払ってくれる(0円乗り換え)キャンペーン」のあるBroadWiMAXへの乗り換えが裏ワザです。

BroadWiMAXに乗り換えた場合は光回線への乗り換えも0円となります。

「費用の安いカシモで契約したいけど、契約途中で乗り換えたくなるカモ・・」

という人でも安心して申し込みができる点がGood! 🙂 

【結論】カシモWiMAX×W06×ギガ放題が最安

結論としては、最新端末×カシモWiMAX / ギガ放題プランが業界最安ということになります。

最安にするポイント

  • 月の初めに申し込みを完了する(初月無料のため)
  • 最安級プラン「ギガ放題」にする
  • 解約月以外の乗り換えはBroadWiMAXにする

月額料金~解約時の違約金までをトータルで見ても安い+良心的なのがカシモWiMAXです。

数あるプロバイダを徹底比較してきた人が、最後に行き着くプロバイダがカシモWiMAXというのも納得できます。

料金の安さにこだわりたい人には間違いのないプロバイダと言えます。

まとめ

カシモWiMAXはWiMAXの中でもTop3に入る人気のプロバイダですが、その理由はシンプルにも「料金の安さ」である事がお分かりいただけたと思います。

プロバイダが多いので違いが何か?メリットが多いプロバイダはどれか?・・・と悩むユーザも多いですが、WiMAXを徹底比較したユーザが最終的に行き着くのがカシモである、というところはプロバイダ選びのヒントになると思います。

初めてWiMAXを申し込むユーザにとっても、もうWiMAXで失敗したくないユーザにとっても安心のプロバイダがカシモWiMAXといっても過言ではないでしょう。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す