TOKYOMotionが再生できない!動画が見れない時の対処方法

TOKYOMotionという動画サイトは、PCのブラウザやiPhone、androidで見ることができますが、まれに再生できないせいで見れないということがあります。そのときにどのような対処や方法をとれば見られるようになるかを解説します。

TOKYOMotionが再生できないときの対処方法(PCの場合)

無料でアダルト動画を見たいというときに、PCや携帯などで無料のアダルトサイトに訪れる人もいますが、TOKYOMotionというアダルトサイトを利用しているという人も多いのではないでしょうか。しかし、このTOKYOMotionというサイトでは、アダルト動画が再生できない、見れないという現象が起きることがあるのです。なぜ再生できない、見れないという現象が起きてしまうか、そして対処法はあるのでしょうか。

対処法はいくつかある

TOKYOMotion含め、アダルト動画サイトでは再生できない、見れないということがあります。そのようなときの対処法はいくつかありますが、ここではTOKYOMotionでアダルト動画が見れないときの対処法をいくつか紹介していきますので、TOKYOMotionで動画が再生できないというときは、ぜひ紹介する対処法をいくつか試してみてください。そして快適に、TOKYOMotionで動画を楽しみましょう。

違法サイトなのでトラブルの可能性

しかし、TOKYOMotionは本来有料で販売されているアダルト動画を無料で見られるという違法アダルト無料視聴動画サイトです。そのようなサイトでは、ウイルス感染などの危険が考えられますので、利用するのはあまりおすすめできませんが、どうしてもPCで見たいと考えている人は、ウイルス対策をしっかりしてから、TOKYOMotionのサイトを訪れて、自己責任でいくつかの動画を視聴してみてはいかがでしょうか。

【PCの対処方法】①:ブラウザがHTML5での動画再生に対応しているか確認

まず、PCでTOKYOMotionの動画を見たいのに、再生できないというときは、自分のPCで使っているブラウザが、HTML5の動画再生に対応しているかどうかを確認してください。HTML5とは、プラグインなどのプログラムを使うことなく、動画を再生できるという新規格の再生できる方式となっています。このHTML5にブラウザが対応していないと、TOKYOMotionの動画を視聴することはできなくなります。

専用サイトにアクセスする

自分が使っているブラウザがHTML5に対応しているかを確認するには、YouTube HTML5 動画プレーヤーというサイトにアクセスしてください。このサイトにアクセスすると、自分が使っているブラウザがHTML5に対応しているかどうかが分かります。サイトにアクセスすると、HTML5の動画を再生することになりますが、再生できないと対応していないということになります。サイトで対応しているかを確認しましょう。

ネットワーク環境を確認しよう

使っているパソコンの環境を確認すると同時に、ネットワークの環境を確認してください。現在使っているネットワークが無線であった場合は、通信制限がかけられていてHTML5の動画を見られない場合があります。その場合はネットワーク環境を改善する、無線から有線のネットワーク環境に変更するなどの措置が必要になりますので、自分が現在使っているパソコンの環境を確認して、そしてネットワーク環境を確認してみてください。

対応ブラウザを最新版に更新しよう

自分が現在使っているパソコンのブラウザが古くても、HTML5の動画が再生できないという場合があります。その際はブラウザを最新版に更新する必要があります。古いブラウザから最新版のブラウザにアップデートすることによって、HTML5の動画が見られるようになりますし、滑らかに再生することができるようになること間違いなしなので、TOKYOMotionを再生するためだけではなく、HTML5にしておきましょう。

ブラウザを変更する

ブラウザを最新版に変更するのではなく、ブラウザ自体を変更するということで、HTML5の動画を再生できるようになります。現在使っているブラウザでHTML5の動画が再生できないというときは、自分が使っているブラウザ以外のブラウザに変更して、それからTOKYOMotionの動画が再生できるかどうかを試すというのも1つの手です。違うブラウザにすることで再生しやすくなる可能性もあるので、やってみてください。

【PCの対処方法】②:ブラウザのキャッシュを削除

ブラウザのキャッシュを削除するということも有効な手です。キャッシュが大量にあるから、HTML5の動画が再生できない状態にあるということもあります。ブラウザのキャッシュが大量にあると、HTML5の動画が再生しにくいばかりか、他の動作も緩慢になり、サイトに繋がりにくいということがありますので、キャッシュは普段から削除しておく必要があります。そうすることで、動画を再生できるようになる可能性が高まります。

削除のやり方

キャッシュを削除するためには右上の3つの縦に並んでいる黒い点をクリックして、履歴という項目にカーソルを合わせて、そこから履歴を削除することでキャッシュを削除することができます。キャッシュを削除すると、ログイン情報も消去されてしまいますので、サイトのログイン情報はメモを取ってからキャッシュを削除するのをおすすめします。そうすることで、次回スムーズにサイトにログインすることができるので試してください。

Google Chromeの場合

Google Chromeでキャッシュをクリアするには、右上にある、黒い点が3つ並んでいる項目をクリックしてください。そこには様々な項目があり、そしてそこに履歴というものがあります。その履歴がいわゆるキャッシュとなりますので、履歴をクリックしたら今までブラウザで閲覧していたサイトの履歴が書いてありますので、その履歴を消してください。消すことで、動作が軽くなりますし、よりパソコンが使いやすくなります。

閲覧履歴を全て消去

履歴を消去するには履歴をクリックするとシンプルなページが表示されます。そこの左の方に、履歴という項目があります。そこをクリックすると、閲覧履歴のデータを削除する項目がありますので、そこをクリックすると自分が閲覧したサイトの全期間の履歴が消去されますので、実行してください。実行すると全ての履歴が消えます。ログインしているサイトもパスワードを打ち直すことになりますので、パスワードは覚えておきましょう。

Microsoft Edgeの場合

Microsoft Edgeは、右上の横に並んでいる黒い点をクリックし、設定をクリックすると閲覧履歴のデータを全てクリアするという項目がありますので、そこをクリックすると今まで自分が閲覧していたサイトの履歴がクリアされて、動作を軽くしてHTML5の動画を見られるようになる可能性がありますので、普段から閲覧履歴のデータをこまめにクリアして動作を軽くするのを忘れないようにしましょう。

Firefoxの場合

Firefoxの場合、実行して右上の線が3本並んでいるマークをクリックしてください。すると中央にオプションというのがあります。クリックして現在の履歴を消去という項目を選択してキャッシュが削除できます。

【PCの対処方法】③:ブラウザの拡張機能(アドオン)を停止する

ブラウザの拡張機能、いわゆるアドオンを停止することで、動画を見ることができるようになりますので、是非試してみてください。各ブラウザのアドオンを停止する方法を解説していきますのでぜひ試してみてください。

Google Chromeの場合

Chromeの拡張機能を無効にするには、3つの黒い点をクリックして、その他のツールという項目をクリックしてください。すると、拡張機能という項目がありますので、そこで拡張機能を、無効に変更してください。

Microsoft Edgeの場合

Microsoft Edgeの拡張機能を無効にするには、右上のマークを選択して、設定をクリックしてください。そこから拡張機能を選択して、追加する拡張機能を選択していって、無効にすることで完了となります。

Firefoxの場合

Firefoxの場合、起動して3本線のマークをクリックしてオプションを選択して設定部分を選択してください。そこから拡張機能を選択して、拡張機能を無効にすることで完了となりますので、試してみてください。

【PCの対処方法】④:ハードウェアアクセラレーション(GPUレンダリング)をオフにする

ハードウェアアクセラレーション、いわゆるGPUレンダリングがオンになっていることで動画が見られなくなっている可能性もありますのでオフにしてください。ただしInternet Explorerのみ有効です。

【PCの対処方法】⑤:ブラウザを再起動する

一時的にエラーが発生して動画が見れない可能性も考えられますので、ブラウザを再起動することで正常に動画が見られるようになる可能性もあるので、一度ブラウザの再起動を試してみてください。

【PCの対処方法】⑥:ブラウザ以外のソフトウェアやアプリを終了する