ポケットWifi(WiMAX)の使い方と圏外で繋がらない時の対処法!

この記事は約 12 分で読むことができます。

「ポケットWiFiが圏外で繋がらない!」時の原因と対処法をまとめて紹介します。理由や解決策を試しても電波状況が良くならない場合の、別のおすすめ対策もご紹介。WiMAXやLTEポケットwifiの電波が弱くて悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

無制限ポケットWiFiおすすめ比較ランキングはこちら

この記事の目次

ポケットWiFiが圏外になる理由と対策

ポケットWiFi,圏外

外出先でポケットWiFiを利用しようと起動したら、突然「『圏外』になってしまい、インターネットを利用できなくなる」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

圏外の状態を改善するために試すべき方法を、優先順位が高いものから順に、下記に挙げていきます。
もし、ポケットWiFiが圏外になってしまったら、優先順位が高い対策方法から試してみてください。

チェックポイント!

ポケットWiFiを「再起動」する

利用する場所を変えてみる

「機内モード」をチェックする

「速度制限」をチェックする

プロパイダのメンテナンスをチェックする

デバイスのWiFiを再接続する

「アクセスポイント」を確認する

「IPアドレス」を確認する

「SSID」と「パスワード」を確認する

→乗り換えでおすすめのプロバイダを見る

 ポケットWiFiを「再起動」する

ポケットWiFiが圏外になった時、端末に何らかの不具合が生じている可能性があります。
まずは、ポケットWiFi自体を「再起動」してみましょう。

一度電源を切って再起動することで、生じていたシステム上のトラブルを解決することができます。

 利用する場所を変えてみる

ポケットWiFiを利用している場所が、そもそもサービスを提供するエリアの外である場合、圏外になってしまいます。

特に、利用場所が田舎の人は、その場所が「サービスエリア」内か確認してみましょう。
WiMAX回線を提供する「UQコミュニケーションズ」は、「ピンポイントエリア判定」サービスを提供しているので、利用してみましょう。

ただし、エリア判定で「〇」が出たとしても、地下鉄にいたり、建物の構造上電波が通りにくい場所では、「圏外」になってしまうので注意が必要です。

また、エリア外なのに「遠方補足」が原因で、ポケットWiFiのアンテナが立つという現象も起こります。
遠方補足は、遠く離れた場所の電波を掴んでいる状態のことで、通信が安定しなかったり、アンテナが立っているのに圏外になる場合があります。

 「機内モード」をチェックする

端末自体の設定が、誤って「機内モード」になってしまい、電波が繋がらないというケースがあります。
機内モードとは、端末の電源が点いていても、通信が行われないようにする機能のことです。

機内モードのままだと、もちろん通信接続が行われないため、機内モードをOFFにする必要があります

 「速度制限」をチェックする

お使いのポケットWiFiが「速度制限」にかかっている場合、通信速度が遅くなっているため、なかなかインターネット接続されません。

WiMAXプロバイダには、月間データ容量が無制限「ギガ放題プラン」が用意されています。
しかし、ギガ放題プランでも「3日で10GB」の制限があるので注意です。

また、WiMAXプロバイダにおいて「ハイスピードプラスエリアモード」に1度でも接続してしまうと、例え「ギガ放題プラン」を契約していても、その月の上限が「7GB」になってしまうので注意が必要です。

 プロバイダのメンテナンスをチェックする

端末などに問題がなくても、基地局に問題が生じたことで、「電波障害」が発生したり、基地局に問題がなくても、「ネットワーク障害」が発生したことで、メンテナンスや工事などが行われている可能性があります。

基地局のメンテナンス情報は、プロバイダのホームページに掲載されるので、確認してみましょう。

 デバイスのWiFiを再接続する

WiFi接続をするデバイス側に軽微な問題が生じている可能性があります。

デバイスのWiFi接続を一度切り、再接続してみましょう。

 「アクセスポイント」を確認する

アクセスポイントとは、インターネット接続に必要な「中継点」のことを意味します。

ポケットWiFiのアクセスポイント設定に誤りがあると、WiFiの電波が立っていても、デバイスとは接続されないため通信が繋がりません。

アクセスポイントの設定を一度確認してみましょう。

 「IPアドレス」を確認する

何らかの原因で、「IPアドレス」の競合が発生しているため、通信ができなくなっている可能性があります。

IPアドレスとは、ネットワーク上の住所のようなもので、「IPアドレスの競合」とは、IPアドレスが重複している状態のことです。

通常、IPアドレスは自動的に割り当てられているため、WiFi端末を「再起動」することで、IPアドレスの競合を改善できます。

 「SSID」と「パスワード」を確認する

SSIDパスワード(暗号キー)の設定が間違っている可能性があるので確認してみましょう。

SSIDとは、無線LANのアクセスポイントを識別するための名前のことで、SSIDにはパスワードが割り当てられています。

 ポケットWifiがiPhone/パソコンに繋がらない原因と対処方法!

ポケットWiFiの電波状況を改善する方法

ポケットWiFiの電波は繋がっているけれど、通信状態が安定せず、すぐに通信が切れてしまうことありませんか?

ここでは、ポケットWiFiの電波状況を改善する方法をご紹介します。

電波状況を改善する方法

自作のアンテナを作る

ハイスピードエリアモードに切り替える

5Ghzに切り替える

USBケーブルでつなぐ

接続台数を減らす

「パケ詰まり」を避けて接続する

セキュリティソフトをOFFにする

端末を修理に出す

 自作のアンテナを作る

自宅でポケットWiFiの電波状況をよくする方法として、自分でアンテナを作るというものがあります。

100円ショップの「ボウル」「まな板スタンド」を用意し、まな板スタンドの上にボウルを乗せて、ボウルの中に端末を入れることで、電波状況を改善することができます。

なんとも原始的な方法ですが、実際に試しているユーザ談によると、一定の効果はあるようです。

 ハイスピードエリアモードに切り替える

WiMAXプロバイダのポケットWiFiでは、通常「WiMAX2+回線」を利用しています。
WiMAX回線は、通信スピードが速いですが、通信状態が安定しないという特徴を持ちます。

WiMAX回線の状態が悪い時、「ハイスピードエリアモード」に切り替えることで改善することができます。
ハイスピードエリアモードでは、WiMAX回線に代わり、「au 4G/LTE回線」を利用することで、電波状態を安定させることができます。

 5Ghzに切り替える

集合住宅や、多くの端末が集まるカフェなどでポケットWiFiを利用すると、「電波干渉」を起こしてしまい、電波状態が悪くなることがあります。

このような場合、周波数を「5Ghz」に変更してみましょう。

5Ghzは、他の機器からの電波干渉を受けにくいため、電波状況を安定させることができます。

WiMAX端末では、通常2.4Ghzに初期設定されていまが、設定で変更することができます。

Wシリーズ(W05・W04など)

タッチメニューの「設定」→「通常設定」→「WiFi設定」から5Ghzに変更可能です。

WXシリーズ(WX04など)

①クイック設定WEBで、5Ghzの「使用する」にチェックを入れる

②端末のディスプレイを通常画面に戻し、SELECTボタンを押す

③メニューの「無線LAN帯域切替」を表示し、SETボタンを押す

④SELECTボタンを押して、「5Ghz(屋外)」か「5Ghz(屋内)」を選択し、SETボタンを押す

 USBケーブルでつなぐ

使用するデバイスが「USBケーブル」を繋げることができる場合、デバイスとポケットWiFiをUSBで繋げてみましょう。
無線接続よりも通信が安定します。
また、WiFi端末自体を充電することも可能です。

 接続台数を減らす

複数端末を接続している場合は、接続中のデバイス数を減らしてみましょう

接続代数を減らすことで、電波状態を安定させることが可能です。

 『パケ詰まり』を避けて接続する

電波を供給する基地局が混雑している状態のことを「パケ詰まり」といいます。

パケ詰まりを避けるためには、人が少ない場所に移動する必要があります。

 セキュリティソフトをOFFにする

「Windows Difender」や「ノートン」といったセキュリティソフトが機能していることで、ポケットWiFiとの接続がうまくいかないケースがあります。

一度セキュリティソフトをOFFにしてみましょう。
WiFi接続が改善される可能性があります。

 端末を修理に出す

そもそもポケットWiFi端末が破損・トラブルが発生している可能性があります。

ここまで紹介してきた解決方法を試しても、電波状態が回線されない場合は、端末を修理に出しましょう。

別のポケットWiFi・光回線・格安SIMにする解決策

現在持っているポケットWiFiだと、頻繁に圏外になってしまう・電波状態が悪いという方は、思い切って解約して、違うWiFiを利用するという方法もあります。

現在のポケットWiFiを解約する

現在お使いのポケットWiFiでは、上手くネット接続できないという方は、解約を検討しましょう。

WiMAXプロバイダを利用している場合、基本的には各プロバイダの「サポートセンター」に電話をして、解約手続きを行います。

一方、大手通信キャリアやワイモバイルなど、LTE回線系のポケットWiFiを利用している場合、各ショップでの解約手続きが一般的です。

現在お使いのポケットWiFiを解約した後、今後のネット接続のために以下のような選択肢があります。

格安sim+simフリーのポケットWiFi端末にする【持ち運び用】

これは、格安simカードを用いて、複数台のデバイスをネット接続したい方にオススメの方法です。
simフリーのポケットWiFi端末を購入し、そこに格安simを挿し込むことで、月額料金が安くて通信状態も良いポケットWiFiを作ることができます。

格安simに関しては、「格安SIMの選び方とおすすめ比較ランキングと口コミ評判」の記事をご覧ください。

simフリーポケットWiFi購入方法

simフリーのポケットWiFiは、Amazonや楽天市場から購入することができます。
新品端末の値段は、およそ1万円~2万円程度になります。

simフリーポケットWiFiのsim挿入方法

契約したsimカードを台紙から取り外します。
そして、端末の背面カバーを外し、simカードセット部分にカードを挿入すれば完了です。

simフリーポケットWiFiにはLINEモバイルがおすすめ!

simフリーポケットWiFiの利用を検討している方におすすめなのが、「LINEモバイル」です。

LINEモバイルの特徴

データ通信のみ可能の「データSIM」なら、月額料金500円

LINEモバイルでは、ドコモ回線ソフトバンク回線のどちらかを選ぶことができるので、電波状態は良好です!

さらにLINEモバイル最大の魅力が「データフリー」です。
データフリーは、LINEやInstagram,facebookなどのSNSアプリの月間データカウントが0GBのサービス。

月間通信データ上限をオーバーしても、LINEやSNSサービスは速度制限されないことが特徴です。

LTEのポケットWiFi→WiMAXのポケットWiFiに乗り換える【持ち運び用】

これまでLTE系のポケットWiFiを利用していて、「通信速度」に不満があった方は、WiMAXプロバイダに乗り換えることをおすすめします。

ポケットWifiギガ放題WiMAX2+の月額料金比較ランキング2018!

Broad WiMAX

ポケットWiFi,Broad WiMAX

  1. 端末到着後「8日以内」であれば「解約金0円」なので、しっかり電波が繋がるか試す期間がある!
  2. 他者からの乗り換えの際、「乗り換え金負担サービス」あり!
  3. 「ギガ放題プラン」を3年契約すれば、LTEが無料で使い放題

 ポケットWifi(WiMAX)を無料で15日間レンタルする裏技とは?

GMOとくとくBB

ポケットWiFi,GMOとくとくBB

  1. 申込後「20日以内」であれば解約金が無料!しっかり利用できるか確認可能!
  2. 最大「39,500円」高額キャッシュバック特典が魅力的!
  3. 「ギガ放題プラン」3年契約すれば、LTEが無料で使い放題

 キャッシュバック料金が高い無制限ポケットWifi比較ランキング

→乗り換えおすすめTopにもどる

WiMAXのポケットWiFi→LTEのポケットWiFiに乗り換える【持ち運び用】

これまでWiMAXのポケットWiFiを利用していて、圏外や接続の不安定さに不満を感じていた方は、LTEのポケットWiFiに乗り換えることを検討してみましょう。

LTE系ポケットWiFiでは、「NEXT mobile」がおすすめです。

ポケットWiFi,NEXT mobile

  1. ソフトバンクのLTE回線を利用しているため、WiMAXよりも安定している!
  2. 「3日で10GB」制限が設定されていない

 NEXT mobileを使ってみた口コミ評価!通信速度の制限はどう?

光回線(固定回線)にする【自宅用】

でWiFiを利用する機会が多いという方は、光回線を検討してみましょう。

光回線のメリット

光回線の下り速度は、「最大1Gbps」となっており、非常に高速な通信速度です。

また、ポケットWiFiでは、「通信量の上限」が設けられていますが、光回線では上限が設定されていません
どれだけインターネットを使っても問題ありません。

光回線ならソフトバンクがおすすめ!

ソフトバンク光

大手通信キャリアのソフトバンクは、光回線サービス「Softbank 光」を提供しています。

キャッシュバック分でポケットwifiの解約金を相殺できるのもメリットですね。

 

 

  1. 通信速度最大1Gbpsで、マンションタイプ「月額3,800円」・戸建て住宅「月額5,200円」
  2. 他社からの乗り換えの場合、解約金・撤去工事費を満額還元するキャンペーンあり!

まとめ

今回は、ポケットWiFiが圏外になった際の直し方を中心に解説してきました。

また、当記事で紹介した方法で解決できなかった場合は、現在使っているポケットWiFiを解約し、これまでとは違う方法でも快適にインターネットを利用できることをご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

→乗り換え用おすすめプロバイダにもどる




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す