Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の評判とメリットデメリット

この記事は約 16 分で読むことができます。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)ポケットWiFiの評判・口コミまとめ。

違約金負担の申込方法最安になるプラン変更のコツの他、「2年契約はある?」「クレードルは必要?」「再契約でも割引は適用される?」「更新月はいつ?」などよくある疑問Q&Aも。

Broad WiMAXのポケットWiFiが最安になる理由

Broad WiMAXはポケットWiFiプロバイダの中で「最も良心的な料金システム」で評判の高いプロバイダです。

まずは比較表をご覧ください。

 スマホの方は右にスライド!

 100Broad WiMAX200GMOとくとくBB300カシモWiMAX
プラン ギガ放題ギガ放題ギガ放題
初期費用無料ー18,857円なしなし
違約金負担ありなしなし
固定回線乗り換え違約金なし違約金あり違約金あり
月額料金 3ヶ月間2,726円/月(税抜)
4ヶ月目〜3,411円/月(税抜)
2ヶ月間3,609円/月(税抜)
3ヶ月目〜4,263円/月(税抜)
2ヶ月トータル1,380円(税抜)
3ヶ月目〜3,480円/月(税抜)
2年間トータル料金 86,193円(税込)109,084円(税込)81,194円(税込)
キャッシュバック0円0円31,000円0円
CB差引後
月額料金(平均)
3,591円(税込)3,253円(税込)3,383円(税込)

ブロードワイマックス(Broad WiMAX)は新規契約(他社からの乗り換え時)の違約金の負担をしてくれる「乗り換えキャンペーン」「初期費用無料キャンペーン」、さらにはBroad WiMAXから固定回線(光回線)へ乗り換える場合の違約金がいつでも0円になる「ご満足補償」などがあり、トータルで見た場合に最安になる事が特徴です。

Broad WiMAXはこんな人向き

  • 他のポケットWiFiから乗り換えたい。
  • 光回線への乗り換えも考えている。
  • キャッシュバックなしでも安く抑えたい。

 Broad WiMAXを見に行ってみる





違約金負担「乗り換えキャンペーン」の申込方法

BroadWiMAX,違約金負担

対象になる元契約先は次の3種類。

  • 他のWiMAX
  • Softbank Air
  • Ymobile Pocket WiFi

キャッシュバックの金額は契約解除料金がわかる書類「shop@wimax-broad.jp」までメールでお送りいただいて、ご確認させていただきご判断させていただきます。引用:Broad WiMAX

他社~Broad WiMAXの「違約金負担乗り換えキャンペーン」に申込をする場合は、現在のプロバイダの直近利用明細をBroad WiMAX公式メールに送信し、違約金負担の適用を確認したのちに申込手続きとなります。





ブロードワイマックスの評判・口コミ

Broad WiMAXは幅広いサポートと良心的な料金体系となっていることから、相対的に見て評判の良いプロバイダと言えます。

Broad WiMAXの評判は?【高評価・口コミ】

Broad WiMAXの高評価としては、料金の安さ発送の速さすぐにネット環境を使える便利さを評価している人が多いですね。

Broad WiMAXの評判は?【低評価・口コミ】

Broad WiMAXの低評価としては、予想外の「違約金」が目立ちます。

1年以内に解約をする場合には、通常の違約金と別途キャンペーン違約金9,500円を請求されるので、この点を知らずに解約してしまうと損です。

Broad WiMAXを選ぶメリット

broadWiMAX,乗り換えキャンペーン,違約金負担

Broad WiMAXは独自のキャンペーン、契約後の乗り換え先(固定光回線)が豊富にあることが大きなメリットです。

これによって、通常なら高額な違約金がかかる問題も0円に抑えることが可能です。

  • 違約金なしで他Wi-Fi・Y!mobile~Broad WiMAXに乗り換える。
  • 違約金なしでBroad WiMAX~光回線に乗り換える。
  • WiMAX契約後8日以内なら違約金0円で解約できる。

特に「ご満足補償」ではWiMAXからau光やSoftBank光などの大手の光回線にいつでも・無料で乗り換えできるのはBroad WiMAXだけのサービスです。

 公式サイトで満足補償について確認する

Broad WiMAXを選ぶディメリット

Broad WiMAXの評判が低い理由はとなるのは次のようなポイント。

  • 高額キャッシュバックが用意されていない。
  • 1年未満解約でキャンペーン違約金が取られる。
  • オプションの解除を忘れると割高。

18,857円割引キャンペーンの適用を受けたお客様が、ご契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円を請求させていただきます。引用:Broad WiMAX

初期費用無料の条件としては、1年以上の使用が前提となっていますが、これを知らずに解約しようとするとキャンペーン違約金を請求されるため、注意が必要です。

初期費用無料の条件として初めに2つの有料オプションへの加入が必要ですが、契約後このオプションの解除を忘れると毎月1000円程度加算されてしまいます。

Broad WiMAXではGMOとくとくBBのような高額キャッシュバックが用意されていません。

その代わりに月額料金は安く設定されていますが、「まとまった金額のキャッシュバックが欲しい人」にとってはマイナスポイントです。

Broad WiMAXに2年契約プランはあるのか?

BroadWiMAX,月額料金

以前はBroad WiMAXで2年プラン・3年プランが選ぶことが可能でしたが、現在では2年プランは廃止され3年プランのみとなっています。

「3契約縛り=3年後の解約月まで契約解除できない・・」と思う人が多いですが、「ご満足補償」のあるBroad WiMAXであれば、万が一の固定回線乗り換えでもタイミングを気にせず解約~乗り換えが可能です。





ワイマックス(WiMAX2)×LTEの通信エリア

WiMAXの通信エリアLTEの通信エリアはほぼ同格となっています。

このエリア範囲はBroadWiMAXに限らず、すべてのWiMAXサービスで同じです。

※WiMAXプロバイダは全てUQコミュニケーションズの回線を使用しているためです。(1枚目:WiMAX / 1枚目:LTE)

WiMAX,エリアマップ LTE,エリアマップ

特に都心部に関しては100%変わりないといっていいでしょう。

都心から離れたエリアに関してはどちらも「順次エリア拡大中」となっていますが、ピンポイントエリアにおいて現時点での通信状況を調べたい場合は、公式サイトから調べることができます。

 ピンポイントエリア判定を見てみる

WiMAXは電波が悪いと言われる理由

WiMAXユーザの口コミで多い「電波の入りが悪い」という評判。

これはWiMAXの電波の性質がLTEと異なるためで、特に障害物(建物の中など)に弱いというWiMAX特有の性質によるものです。

WiMAXの電波が悪くなる主な原因が次のような例です。

  • 窓際から離れた建物内で使用。
  • 地下にいる場合。
  • エリア判定が弱い場所での使用。

ー対策ー

WiMAXの端末にはLTE回線を使用できるモードが搭載されているので、建物内にいて電波状態が悪い場合はLTEに切り替えて使うことが可能となっています。

ただしLTEの使用には限度があるため(※詳細後述)、WiMAX端末でのLTE回線切り替えはあくまで「非常用」と考えておいたほうがよいです。





Broad WiMAXは端末無料

キャリア(au・docomo・SoftBankなど)のポケットWiFi端末が数万~かかるのに対し、BroadWiMAXの端末は無料となっています。

提供されている端末はどのWiMAXプロバイダも共通ですが、Broad WiMAXの場合割安の月額料金最新機種が使えることがポイントです。

BroadWiMAX,機種

※L02はモバイル端末ではなく、自宅での固定用ルーターです。

WiMAXの最新機種はHUAWEIのW06NECのWX05の2種類で、下り(ネットサイト閲覧 / アプリ使用etc)速度で見るとW06が優れています。

WiMAX回線使用時の通信可能時間でみるとWX05の方が1~3時間程度長いので、通信時の電池もちを重視したい人にはWX05がおすすめです。

 公式サイトで機種を確認する

クレードルは必要?

クレードル,BroadWiMAX

クレードルとはポケットWiFiの設置型充電器+有線LANポートのこと。

オプションとして用意はされていますが、別途3,500円程度での購入が必要となります。

外出先や家など、場所を固定せず使いたい場合には特に必要ないアイテムです。

契約後でも必要であればいつでも購入可能となっているので、契約時にはクレードルなしで申込するのがオススメです。

ポケットWiFiの設定はアプリで設定可能

W06・WX05のポケットWiFiの操作はアプリからも行うことが可能です。





Broad WiMAXの通信速度・速度制限

WiMAX端末は最高値として下り(WEB読み込み)最大558Mbpsといった数値が記載されていますが、使用時には環境に応じて通信速度が変わります

使用時の速度は「実測値」としてユーザから多く報告されています↓

 動画をサクサク見られる速度

動画の種類必要な速度
YouTube 360p(低画質)0.5Mbps 程度
YouTube 480p(中画質)1Mbps 程度
YouTube 720p(高画質)2Mbps 程度
YouTube 1080p(超高画質)3.5Mbps 程度
hulu2Mbps 程度
NHKオンデマンド2.5Mbps 程度
Gyao2.5Mbps 程度

つまりBroad WiMAXであれば、読み込みデータの大きい動画でもサクサク見られるということです。





Broad WiMAXの速度制限

Broad WiMAXでは、通常プラン・ギガ放題プランの2種類が提供されています。

  • 通常プラン(月7GB上限)
  • ギガ放題プラン(無制限)

通常プランは7GBを超えた時点で速度制限がかかりますが、重要なのはギガ放題プランでも速度制限がかかることがあるという点です。

ユーザの中にはギガ放題プラン契約で、この速度制限の条件を知らずに評判をさげている人も多くみられます。

上の口コミではプロバイダを変えたら速度制限にかかった、となっていますがWiMAXプロバイダで実施されている速度制限基準は共通です。

プロバイダによって速度制限の基準が厳しいといったことはありません。

ギガ放題速度制限について

BroadWiMAX,速度制限

速度制限パターンその①:3日で10GBを超えた場合

前日までの直近3日間のWiMAX 2+方式(ハイスピードモード)およびLTE方式(ハイスピードプラスエリアモード)のデータ 通信量の合計が10GB以上となった場合、下記のように通信速度を制限させていただきます。引用:Broad WiMAX

一時的な混雑回避の措置として、3日間の通信データ量が10GBを超えた場合には夜間のみ1Mbpsになる制限が実施されます。

1Mbpsとは具体的にみると、一般的なスマホの通信制限時速度(128bps)の7~8倍の速度に相当するため、実際にストレスを感じることはさほどないでしょう。

速度制限パターンその②:LTE回線に切り替え+7GBに達した場合

WiMAXポケットWiFiの端末は、どれもLTE回線への切り替えモードが搭載されていますが、LTEに接続した月ギガ放題であってもデータ上限が7GBになる点に注意が必要です。

しかもこの速度制限にかかった場合、月末までの制限となることも要チェックのポイントです。

「WiMAX×LTE回線が両方使えて上限ナシなら無敵」

・・・と思うユーザが多くいますが、実際にはLTEを使用した場合無制限ではなくなるということを知っておく必要があります。

ギガ放題プランでのLTE接続は非常時用

実際にはWiMAX回線だけで通信ができるエリアがほとんどですが、「念のためLTEも点けておこう」という気持ちで毎回LTEをONにしているユーザの場合、頻繁に通信制限にかかることになってしまいます。WiMAXポケットWiFiを使う場合は通常WiMAX回線のみ、どうしても電波を強化しなければならない状況の時のみLTEをONにするという使い方が、ストレスなく利用するポイントとなります。





Broad WiMAX申込を最安にする方法

ここまでで紹介した通り、Broad WiMAXはかなり良心的なプランを提供しているプロバイダなので、そのまま契約するだけでも十分にお得ではあります。

が、以下のポイントをおさえることで、さらに安く使うことができます。

  1. 乗り換えキャンペーン(違約金負担)を使う。
  2. 初期費用無料キャンペーンを使う。
  3. 申込(契約)のタイミング
  4. 3カ月目にプラン変更を検討する。
  5. 提携の固定回線を利用する(違約金0円)

乗り換えキャンペーン+初期費用無料キャンペーン

他社からの乗り換えでBroad WiMAXにするのであれば、「乗り換えキャンペーン」を使わない手はありません。

最大で19,000円まで負担してもらえるというものなので、「違約金のせいで現在のWi-Fi契約解除ができない」という人にぴったりのキャンペーンです。

1年以上使う予定がある場合は「初期費用無料キャンペーン」も必須です。

キャンペーン申込に加入が条件となる有料オプションは端末到着後すぐに解除できるので問題ナシ。

すぐに解除できる!オプション

  • 安心サポートプラス(月額550円)
  • MyBroadサポート(月額907円)

初月は日割り料金なのでいつ契約しても同じ・・・ではない!!

Broad WiMAXでは、初月が日割り料金となっています。

つまり、初月は使った日にち分だけの請求となるので一見すると「いつ契約しても変わらない」と思われがちです。

が、初月は日割り料金+オプション料金(+契約事務手数料)となり、オプション料金は日割り計算されないため、月初めの契約が一番得ということになります。

初めの2カ月でひと月の消費データの見極めをしたい場合も、月初めからの利用でギガ放題プランを丸々2カ月使う方がお得です。

3カ月目にプラン変更を検討すべき理由

BroadWiMAX,月額料金

ギガ放題プランと通常プランの初めの2カ月の料金はどちらも2,726円となっています。

プランの違いは3カ月目からの料金です。

ギガ放題では3~24カ月まで3,411円に値上がりするのに対し、ライトプラン(月7GB上限)では3~24カ月までかわらず2,726円のまま。

ギガ放題プランの初めの2カ月のデータ量が7GB以下の場合3カ月目~ライトプランに変更したほうが圧倒的に安くなります。

光回線への乗り換えは「ご満足補償(いつでも解約サポート)」を使う

いつでも解約,BroadWiMAX,ご満足補償

Broad WiMAXを契約した後、上の例の様な状況になった場合に利用できるのが「いつでも解約サポート」

このサービスでは文字通り「いつでも」光回線への乗り換えが可能となっています。

乗り換え先プロバイダも大手でかなり多く、このポイントがBroad WiMAXの大きなメリットといえます。

0円で乗り換えられる光回線

  • auひかり
  • SoftBank光
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • Broad光
  • Yahoo!BB
  • BroadLTE

 「いつでも解約サポート」を見てみる

Broad WiMAXの契約更新月・違約金比較

BroadWiMAX,違約金,契約解除

Broad WiMAXの契約解除料金は上記の様になっています。

契約解除料(違約金)は一般的な金額に設定されており、GMOとくとくBBなど他のプロバイダと比較すると安いことが分かります。

 1~12カ月13~24カ月25~35カ月
GMOとくとくBB24,800円24,800円9,500円
Broad WiMAX19,000円14,000円9,500円
カシモWiMAX19,000円14,000円9,500円
Y!mobile9,500円9,500円9,500円

【結論】ポケットWiFiは「Broad WiMAX×W06×ギガ放題」が最安

BroadWiMAX最安を語る女性

結論をまとめると、以下に多く該当する人はBroad WiMAXが最安ということが言えます。

  • 他のプロバイダからBroadWiMAXに乗り換えたい
  • 光回線とWiMAXで迷っている
  • キャッシュバックなしでも月額料金を安くしたい
  • 契約後一週間で0円解約できるプロバイダにしたい
最安プラン:Broad WiMAX+W06(最新端末)+ギガ放題プラン=2,726円 / 月

まとめ

Broad WiMAXトータルで見て業界最安になることがお分かりいただけたでしょうか?

落とし穴の多いプロバイダ選びで、ここまで良心的なプランで評判の高いプロバイダは稀です。

間違いのないプロバイダに安心して申込みをしたい人には本当におすすめできます。

Broad WiMAXには直営店舗(大型家電量販店など)もあるので、店舗であれば即日~利用も可能です。

お急ぎの方も是非利用してみて下さいね!

【関連記事】




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す