無制限ポケットWifi(WiMAX)を無料で15日間レンタルする裏技とは?

この記事は約 12 分で読むことができます。

ポケットWiFiをお試しで使ってみたい!という時に使えるのが、WiMAXなどのプロバイダが提供する『無料お試し期間』いきなりの本契約が不安な人は、お試しレンタルしてからの申込みがおすすめ。au他のお試しできるポケットwifiをまとめました。

ポケットWiFiの無料お試し期間とは?

WiMAX,お試し期間,Try WiMAX

ポケットWiFiを利用してみたいけれで、いきなり契約するのは不安ですよね。
契約した後に、「通信状態が不安定」とか「自分が利用する場所では圏外になってしまう」といった問題が発生してしまうと困ります。

今回は、ポケットWiFiを契約する前に活用できる、「お試し期間」について詳しく解説していきます。

【今すぐお試ししたい人はコチラから】

ポケットWiFiとは?

ポケットwifi,モバイルwifiルータ

ポケットWiFiとは、いわゆる「モバイルWiFiルーター端末」のことを意味しています。

ポケットWiFiを使うことで、家や職場に限らず、外出先でも「WiFi接続」でインターネットを利用することができます。

外出時はカフェや図書館で「フリーWiFi」を利用する手もありますが、フリーWiFiは接続が安定せず通信速度も非常に遅いため、仕事関係の作業等に利用する場合にはストレスが溜まってしまいます。

ですがポケットWiFiであれば、月額2,000円程度+ネット使い放題で、700Mbpsの爆速が出るため、かなり魅力的。

  • 電車の中でも動画を見たい
  • 『通信制限』を気にせずスマホを使いたい
  • パソコンやタブレットなどをどこでも使えるようにしたい

これに当てはまる人の場合、ポケットwifiはコスパ最強のアイテムとなります。

※「ポケットWiFi」という用語は、「Y!mobile」が提供していたモバイルWiFiルーターの商標ですそのため、ポケットWiFiとは、正確にはY!mobileのモバイルWiFiルーターのみに使うものです。しかし、混乱を避けるため、当記事内で使われる「ポケットWiFi」という用語は、すべてのプロバイダが提供する「モバイルWiFiルーター端末」のことを指しています。

ポケットWiFiに無料お試しレンタルがある理由

ポケットwifiって何?

WiMAXのホームページには、日本各地のWiMAX電波普及率(使用可能エリア)を調べる「エリア判定」があります。

ここで地名検索することで、自分が住む場所・ポケットWiFiを使う場所が「使用可能エリア」に入っているか確認することができます。

判定結果は○・△・×で簡単に見ることができ、○であれば基本的に問題はないと言えます。

ただし、エリア判定が「〇」であっても、建物の構造などから「圏外」になってしまう可能性というのが存在します

WiMAXの電波は障害物に弱い特性あるので、建物の条件によって電波の届き具合にムラが出てしまうんですね。

『WiMAXのお試し期間』はこういった問題を防ぐために用意されているものです。

本契約前には活用したいサービスですね。

→お試し期間20日のGMOを見てみる

au 4G/LTEとWiMAX

ちなみに、WiMAXプロバイダは、WiMAX回線の他に「au 4G/LTE回線」も利用することがでるので、WiMAXの電波が届かない(遅い)時にはauの4GLTE回線に切り替えて使うことができます。

「・・WiMAX神アイテムすぎる|д゚)」

ただしau4GLTE切り替えはWiMAXの必殺技的な機能

一度使うとその月は使い放題ではなくなってしまうため注意が必要です。

「au(4GLTE)」「WiMAX2+」「docomo・Softbank」の利用可能エリア(大阪府近辺)はそれぞれ以下のようになっています。

au 4G/LTE回線

au 4G/LTE回線,利用可能エリア

WiMAX2+回線

WiMAX回線,利用可能エリアauLTEとWiMAXのエリアは都市部はどちらも網羅しています。

郊外では少しムラがあるため、都市部以外での利用を考えている場合は本契約前に必ずエリア判定~お試し利用が必須です。

docomo・Softbank回線

【docomo】

docomo LTE回線,利用可能エリア

【Softbank】

Softbank LTE回線,利用可能エリア

WiMAXでお試し期間のあるおすすめプロバイダ

WiMAXプロバイダで「お試し期間」が用意されているのは「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB」です。
また、「無料お試しレンタル」サービスがあるのは、「UQ WiMAX」です。

とりあえず自分でWiMAXを試したいという場合はこの3つから選べばOK◎

Broad WiMAX

ポケットWiFi,Broad WiMAX

 Broad WiMAXの特徴

  1. 他社乗り換えの際に、解約違約金負担サービスあり!
  2. 月額料金「2,726円~」利用できる!
  3. 「Web申込+オプション初回加入」で「初期費用18,857円割引」&「端末代金無料」!

契約して端末が自宅に到着した後「8日以内」であれば「無料キャンセル」が可能。

GMOとくとくBB

ポケットWiFi,GMOとくとくBB

 GMOとくとくBBの特徴

  1. 最大39,450円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
  2. 申込後20日以内であれば、解約違約金0円!
  3. 「端末代金」「専用クレードル」「送料」がすべて無料!

申し込み後「20日以内」であれば、解約違約金0円で契約をキャンセルすることができます
また、GMOとくとくBBは、高額なキャッシュバック特典が魅力的です。
お試し期間で問題なく、本契約する場合は最大39,500円のキャッシュバックを受け取ることができます。

 GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題プランの評判とメリットデメリット!

UQ WiMAX

ポケットWiFi,UQ WiMAX

 UQ WiMAXの特徴

  1. Try WiMAXで、15日間無料でポケットWiFi端末をレンタルできる!
  2. auユーザーは月額最大1000円割引!
  3. 最新機種「W05」を利用可能!

UQ WiMAXは、15日間無料でWiMAX端末を利用できる無料レンタルサービス「Try WiMAX」を提供しています。

Try WiMAXを利用すれば、無料でポケットWiFi端末を借りることができ、実際にネット接続が可能か確かめることができます。

ポケットWiFiで無料お試しをしてみる

ここでは、UQ WiMAXの「Try WiMAX」サービスについて、申込手順や返却手順、利用する際の注意点について、詳しく解説していきます。

借りるなら最新端末!

UQ WiMAXの「Try WiMAX」では、最新機種の「W05」をレンタルすることも可能です。
ちなみに、貸出機器は以下の通りです。

貸出機器【708Mbps対応機種】
W05
・W04
【440Mbps対応機種】
・L01/L01s
・WX04
・WX03
【370Mbps対応機種】
・W03

せっかく無料でレンタルすることができるので、最新機種で高いスペックを誇る「W05」を借りることをおすすめします。

最新機種「W05」のスペック表
【利用できる回線】
最高速度(下り最大/上り最大)
【WiMAX2+】
558Mbps/30Mbps
【au 4G/LTE】
758Mbps/112.5Mbps
連続通信時間約540分
サイズ
重量
約130×55×12.6mm
約131g

W05は、ハイスピードモード(au 4G/LTE回線)を利用することで、最大下り速度「758Mbps」という通信速度を発揮するため、スムーズにインターネットを利用することが可能です。

申込手順

申し込みはとてもシンプル。

ネットから5分程度で済ませば、数日で自宅にポケットwifiが配送されます。

エリア判定を行う

まずは、Try WiMAXに申し込みする前に、ポケットWiFiを利用する場所が「利用可能エリア」に入っているか確認しましょう。

エリア判定で「〇」や「△」が出れば、基本的にお試しレンタルで端末を借りることが可能です。
もし「×」だった場合でも、一応レンタルは可能ですが、借りたところで通信が「圏外」になってしまう可能性が高いです。

Try WiMAXの申込条件

Try WiMAXは、UQ WiMAXのホームページから申込が可能です。
ただし、申込条件があるので、事前に確認しておきましょう。

 Try WiMAXの申込条件

・日本国内に在住で20歳以上の方
・申込者本人名義のクレジットカードを登録できる方
・過去180日以内にTry WiMAXサービスの利用がない、また貸出機器の未返却履歴がない方
・その他利用条約に同意できる方

また、「PC用メールアドレス・携帯電話用メールアドレスをどちらも持っていない方」と「クレジットカードではなくデビットカードで申し込みしようとしている方」は、インターネット申込が不可となっています。

その場合、UQ WiMAXのホームページからPDFをダウンロードして、本人確認書類とともに郵送する必要があります。

仮登録をする

まずは「認証URL送付先」のメールアドレスと、「認証コード送付先」の携帯電話番号を入力して、仮登録を行います。

仮登録後すぐに、メールアドレス宛に「認証URL」が、携帯電話のSMSまたはメールアドレス宛「認証コード」が送られてきます。

認証URLをクリックして接続すると、コード入力欄があるので、認証コードを入力してください。

本登録をする

その後、「レンタルを希望する端末の種類」や「氏名、端末お届け先の住所等の基本情報」「クレジットカード番号」などを入力して、本登録を行います。

端末到着・利用開始

申込作業を14時30分までに完了させると、端末は当日発送されるので、遅くても申込の2~3日後から利用を開始できます。

返却手順

利用期間に達したら、貸出機器の返却を行いましょう。

端末本体・マニュアル・CD-ROMなどの同梱物をすべて梱包して、返送します。
端末受け取り時、端末に「着払いゆうパック伝票」が同封されています。

貸出機器の返却時期をしっかり認識して、返却日に遅れず対応することが大切です。

ポケットWiFi無料お試しの注意点

Try WiMAXを利用する際に、注意すべきポイントがあるので、ここでしっかり確認しておきましょう。

Try WiMAX利用時の注意点

①返却遅延した場合には違約金がかかる!

②通信速度を測定しておこう!

①返却遅延した場合には違約金がかかる!

Try WiMAXは「15日間」の無料レンタルですが、実際は「貸出機器の発送日から、UQ WiMAXに返却した端末が到着するまでの期間」15日間である必要があります。

貸出端末が自宅に発送された時点で、返却期限日が書かれた「出荷完了メール」が届いているので確認しておきましょう。

返却期限日までに端末がUQ WiMAXに届いている必要があるので、実質レンタル期間は10日前後と考えることができます。

もし返却期日に遅れてしまうと、「返却遅延の違約金」が発生してしまいます。

返却遅延の違約金
WiFiルーター
(クレードル無し)
20,000円
WiFiルーター
(クレードル有り)
22,750円

②通信速度を測定しておこう!

端末をレンタルしたら、実際の通信速度を測定しておきましょう。
たとえエリア判定が「〇」でも、周辺の建物や、利用する建物の構造上、通信速度が遅くなってしまう可能性があります

また、紹介されている端末の最高速度は、あくまでも「理論値」であるため、どこでもその最高速度が出るわけではないので注意が必要です。

ポケットWiFiの通信速度は、アプリで簡単に計測できます

おススメのアプリは「SpeedTest.net」です。

ポケットWiFi,速度測定,SpeedTest

ポケットWiFi,速度測定,SpeedTest

アプリを使用して、実測値を出すことで、今後もWiMAX系のポケットWiFiを利用していくかどうかの判断材料になります。

レンタルポケットWiFiを使って比較してみる

ここまで紹介した方法であれば、WiMAX系のポケットWiFiを無料で試すことができます。
ただ、LTE回線のポケットWiFiを検討している方は、無料お試しすることができません。

LTE回線ポケットWiFiを試してみたい方は、「有料のレンタルポケットWiFi」を利用してみる方法があります。

docomo・Softbank系のポケットWiFiを試すなら「WiFiレンタルどっとこむ

「WiFiレンタルどっとこむ」は、ポケットWiFiレンタル業界で最安を誇る業者です。
docomoやSoftbankのLTE回線を使用する端末を、非常に安い価格でレンタルすることができます。

→公式サイトへ見に行く

docomo回線が使えるポケットWiFi

「WiFiレンタルどっとこむ」でdocomo回線を使えるポケットWiFiを借りたい場合、「huawei E5383」をレンタルしましょう。

huawei E5383,ポケットwifi

お試し目的でレンタルする場合は、多くのデータ量が必要ないので、できるだけ安くレンタルできるプランを選択しましょう

WiFiレンタルどっとこむでは、「30泊31日:2,730円(1日88円)」でE5383を借りることができます。

→公式サイトへ見に行く

Softbank回線が使えるポケットWiFi

WiFiレンタルどっとこむで借りることができるSoftbank回線を使う端末は、「Softbank 601HW」です。

Softbank 601HW

「短期1日プラン:378円」でレンタルすることができます。

→公式サイトへ見に行く

WiMAX・au回線ポケットWiFiを試すなら「どこでもネット

au LTE回線のポケットWiFiは、「どこでもネット」で最もお得にレンタルすることができます。
au LTE回線ポケットWiFiを試したければ、どこでもネットで端末を借りてみましょう。

「どこでもネット」では、「NEXT W04」をレンタルすることができます。

→公式サイトへ見に行く

ポケットWiFi,W04

「1泊2日プラン:900円」でレンタル可能なので、au LTE回線のポケットWiFiを試してみたい方は参考にしてみてください。

 【2018】無制限auポケットwifiの口コミ評判と月額料金を他社と徹底比較!

「3日で10GB」制限がない無制限ポケットWiFiを試すなら「グローバルモバイル

ポケットWiFiレンタル業者の「グローバルモバイル」では、Softbank回線の無制限ポケットWiFi「上限なし」で利用することができます。

「3日で10GB」「月7GB」といった制限がないポケットWiFiを、「1日480円」からレンタルすることができます。

→公式サイトへ見に行く

まとめ

今回は、無料レンタルサービスやお試し期間があるプロバイダや、レンタルポケットWiFiについて説明してきました。

無料レンタルサービス・お試し期間があるプロバイダ

【レンタルポケットWiFi(LTE回線のポケットWiFiを試したい!)】

ポケットWiFiを契約する前に試してみたいという方は、参考にしてみてください。

 【2018年4月】無制限ポケットWiFi人気ランキングと月額料金比較

→お試しできるプロバイダをもう一度見る

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す