【2019年最新】WiMAXルーターおすすめの端末機種を比較

この記事は約 11 分で読むことができます。

WiMAXルーターおすすめの端末機種を比較

WiMAXルーターの機種別の比較をしました。端末を選ぶときのポイントと使い方別のおすすめ商品を紹介しています。実際に私がWX05を契約して使ってみた結果、各機種ごとの評価と口コミを掲載。どの機種を選べばいいか迷っている方におすすめの記事です。

WiMAXルーターを選ぶときのポイント

WiMAXルーターを選ぶときのポイント

どこでルーターを使うか

WiMAXのルーターには持ち運ぶことを前提にしている機種と、家で使う用の据え置き型のルーターがあります。

持ち運び用のモバイルルーターはもちろん家で使うことはできますが、ルーターから離れると繋がりにくくなる同時に接続できる端末が少ないといったデメリットもあります。

広範囲で使わない、同時接続数が少ないという場合は、モバイルルータで十分ですが、家族で使う、広い家で使う、持ち運びはしないというように家の中専用で使うならホームルーターがおすすめです。

ホームルーターモバイルルーター
メリット・Wi-Fiが強い
・広範囲で使える
・同時接続できる端末が多い
・持ち運びができる
・コンセントがなくても使える
デメリット・接続可能範囲が狭い
・ホームルーターに比べるとWi-Fiが弱い
・コンセントが必要
・持ち運びはできない
こんな人におすすめ・家族で住んでいる
・広い家
・持ち運びは必要ない
・一人で住んでいる
・持ち運べたほうが便利
・だいたい1人で使う

通信速度

通信速度はインターネット利用においてチェックが欠かせないポイントです。

通信速度は、利用環境によって変わってしまいますが、早いに越したことはありません。

機種によって通信速度に若干ではあるもののスピードに差があるので、できるだけ通信速度速いルーターを選ぶことをおすすめします。
通信速度の速いWi-Fiの比較についてはこちら

バッテリーの持ち時間

ホームルーターを選ぶ方は気にしなくても大丈夫ですが、モバイルルーターを外で使う時は充電の持ち時間は重要項目になってきます。

通信モード通信環境によってバッテリーの消耗時間が変わるので、実際に商品情報に記載されているバッテリー稼働時間は目安としてください。

しかし、最初に選ぶときにはできるだけ長い時間稼働するバッテリーが搭載されている機種を選ぶことをおすすめします。

軽さ

後になって意外と気になってしまうのはサイズ感です。

サイズにそこまでの大きな差があるわけではないですが、縦横の長さによってポケットやポーチに入らないということも、、、。

持ち運びをする方は申し込み前にチェックしてサイズをあらかじめイメージしておいたほうが後悔しません。

モードの切り替えができるかどうか

WiMAXの通信にはWiMAX2+モードとLTEモード2種類があり、状況によって切り替えができる機種があります。

WiMAX2+モードはWiMAX基地局からの電波を利用してす通信をします。

LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)とはauの回線を利用して通信をするモードのことで、WiMAX回線がなくても、au回線があるところなら接続できるモードです。

特に地方や田舎のWiMAX回線がないところで重宝する機能です。

利用には1005円/月発生しますが、地方やWiMAX回線外での利用を想定できる方は、LTEモードへの切り替えができる機種を選ぶことをおすすめします。

WiMAXでは、契約内容やキャンペーンによってLTEモードのオプション料金が無料になるチャンスもあります。

WiMAX回線とLTEの通信速度を比較した記事はこちら





どのルーターがおすすめ?WiMAX端末機種を比較

WiMAXのモバイルルーターを比較

W06WX05W05
LTEモード
最大下りスピード(LTE)1.2Gbps440Mbps758Mbps
Wi-Fi接続時の最大下りスピード867Mbps440Mbps558Mbps
デザリングWi-FiデザリングBluetoothデザリングBluetoothデザリング
バッテリー
連続通信時間
約540分約680分約540分
大きさ約128×64×11.9mm約111×62×13.3mm約130×55×12.6mm
重さ約125g約128g約131g
特徴・通信の安定性・バッテリーのもちの良さ・通信速度の速さ

モバイルルーターはW06かWX05がおすすめ!

通信の安定性重視ならW06バッテリーの持ち重視ならWX05がおすすめです。

通信速度は早いほうがいいですが、実際に使ってみると、通信速度は接続環境によって大きく左右されます。

通信速度に差はありますが、実際に使ってみるとWX05の440Mbpsでも大きな問題はありません。

W06は最大1.2Gbpsではありますが、LTE接続時なので、基本のWiMAXエリア内での利用であればほとんど使わない可能性が高いです。

バランス良く高性能なルーターが欲しいならW06がおすすめです。

WiMAXのホームルーターを比較

HOME L02HOME 01
最大下りスピード
(LANケーブル接続時)
1,000Mbps440Mbps
Wi-Fi接続時の最大下りスピード867Mbps
同時最大接続可能台数40台
2.4GHz:20台
5GHz:20台
22台
2.4GHz:10台
5GHz:10台
大きさ約93(W)×178(H)×93(D)mm約70(W)×155(H)×100(D)mm
重さ約436g約338g
特徴通信速度が早い・軽くてコンパクト

ホームルーターはL02がおすすめ!

ホームルーターL02はHOME 01に比べて通信速度、通信の安定性どちらにおいても高性能です。

HOME 01はL02に比べると小さくて軽いコンパクトさはありますが、据え置き型であるため、大きさはあまり重要ではないのではないでしょうか?

高性能で新しい機種であるL02をおすすめします。





WiMAXルーターの口コミと評判

①WiMAXルーターHOME L02の口コミ

てとても安定している【満足度:★★★★】
固定回線ほどの通信量は必要ない、乗り換えの身軽さ、無線通信技術の発展を体感できる等が魅力です。
特に問題なく利用できてます。アンテナは2~3本で、速度的には50Mbps位です。
NEC製のHOME 01も検討しましたが、安定感でコチラを選択しました。
L01とL02の比較【満足度:★★★★】
L01よりL02の方が速度や感度が20%ぐらいアップしている感じがします。
WiMAXは無線+ルーター接続のためか、それともルーターの性能的限界のためかL01の時はダウロードの立ち上がりにタイムラグを感じていました。しかしL02では完全では無いもののタイムラグが減った感じがしています。
スマホからアプリを使って細かい設定が出来るのが便利です。

②WiMAXルーターHOME 01の口コミ

携帯しないなら問題なし!【満足度:★★★★】
HOME 01は、他のルーターでは受信できなかった電波が微弱な場所でも何とか受信できたので、受信感度は良好です。
Wi-Fi接続も良好で、本体は2階に設置して、屋内のほぼ全域で受信可能な状態。
実感として、HOME 01は送受信の速度と安定性がとても良いと感じました。
接続が切れる【満足度:★★】
こちらの機種は受信感度は高くなったものの、速度が非常に不安定です。
また、たまにスマホやPCとの接続が途切れているようで、ネット接続が断続的にきれることも・・・
設定等を見直しを行いましたが改善されません。
ルーターとしてはコンパクトな見た目です。

③WiMAXルーターW06の口コミ

電池もちはやや短い印象【満足度:★★★★】
W04と比較すると薄平べったく、やや軽量。節電モードに設定しない場合、電池モチはやや短い印象です。
「Type-Cケーブル」で、ケーブル(別売り)購入は必ずしも必要ありません。万一ケーブルお持ちでなくても安価な汎用品が販売されているようです。
来年以降の「5G整備」を視野に選択した機種、真の能力は未知数。ただ現在「ハイスピードエリア」モードだと、W04機種よりブツブツ切れてしまうことがあります。
モバイルルーターとしては大満足!【満足度:★★★★★】
速度が出なかった以前の構成からいっぺんかなり速度が出るようになりました。
測定結果は下り6.9Mbps上りは1Mbps
モバイルとしては満足!
通信速度はWX05と比べて速い【満足度:★★★★★】
WX05はときどき通信が途切れることがあったのですが、W06は全く問題なし。
通信速度もWX05と比べて速く、普通に30Mbps以上出ているので動画視聴やオンラインゲームもストレスもなく問題なく楽しめます。
前作のW05と比べると少し縦に長くなっていますが、出張などに持っていくときも大きさの違いが気になることはありませんでした。

④WiMAXルーターWX05の口コミ

問題なく使える【満足度:★★★】
実家は地方なので遅めですが、都内・都近辺では電車に乗ってても切れることは無いです。また、速度もきちんと出ます。出ないと言っている方もいるので、地域などに左右されるのかもしれません。
サイズ感は文句無しの小ささです。むしろもっと大きくていいので熱をどうにかして欲しいです。
充電は表示されているほど長く持ちません。
ブラウザの開きが遅い気が、、、【満足度:★★★★】
車内でパソコンを使う事が多く、基本的に車載専用として使っています。
使用場所は都内・神奈川あたりです。
現在Androidスマホ2台を接続していますが、不具合は発生していません。
WX03・WX05の両方でネット検索や動画のストリーミングなどをしてみましたが、気のせいかもしれませんがWX05の方がブラウザの開き方が遅い気がしました。
この端末を使い続けるのは厳しい【満足度:★】
起動 → スマホとWiFi接続 → インターネット可能までに、30秒程度かかり遅いです。
6GBで制限して通信停止する設定をしていても、制限を超えて使われることが多々あります。
 ※ 特に、「ワンタイムH+AS」 の利用時に良く発生します。
 知らないまま7GBを超えてしまうので、使い物にならない遅さの速度制限がかかり、その月は、ほぼ利用できない状態になります。

⑤WiMAXルーターW05の口コミ

大変満足している【満足度:★★★★★】
電波を掴みにくいなどや、著しく利便性を損ねるような操作性のクセなどもほとんどなく大変満足。感度も安定してるようで何の不安もなく快適に利用できています。
実は正直なところ、w06の発表・発売の直前での購入だったため、もう少し待てば良かったか…と愕然としてしまいました。
でもよくよく双方の仕様を見比べてみると、実用上ではそんなに大差があるわけではなかったので、まだまだしばらくはこれで大丈夫だと感じています。
問題なく使えるがw04と変わらないスペック【満足度:★★★】
専用サイトなどではW04より強化をうたっていますが、ハッキリ言うと変わりません。
W04を使っていて端末に問題がない人ならば、無理に機種変更する必要はないでしょう。
私はハイパフォーマンスの5Ghz(屋内・屋外)で常にONにしていますが、バッテリーの減りもW04と変わりません。
ここまでくるとデザインや使い勝手の善し悪しで決めたほうがいいと思います。
通信が切断されることがある【満足度:★★】
使い始めて、数ヶ月で使用中ブツブツ通信が切れるようになりました。
Windows10のタブレットやAndroidのスマホではこの症状は出ていないので、Windows7のPCとの相性のような気がします。
サイズ感やデザイン性はコンパクトで気に入っています。

実際にWX05を契約して使ってみた結果

実際にWX05を契約して使ってみた

WiMAXのWX05を実際に契約して使ってみました!

感想としては、普通に使えます。

口コミにもあるように立ち上がりまでに時間がかかり、(結構な電源ボタンの長押しが必要、、、。)ディスプレイの反応も遅いです。

しかし、通信に関しては問題なく使えています

都内で利用していますが、カフェ、家の中、電車内の電波がいいところなら問題なく利用でき、バッテリーも11時間は厳しいですが、7時間程度ならもちます。

評価が低い機種なので、通信環境に左右されるところが大きい機種です。





まとめ

ここまできてどのWiMAXのルーターを選べばいいか迷ったら、最新機種を選びましょう!

毎年新機種が登場しており、それぞれの機種に特徴がありますが、口コミやスペックを見ると新機種である「HOME L02」と「W06」は全体的にバランス良く機能が向上しているからです。

「どこで、どのようにルーターを使いたいのか」をはっきりさせると、快適に使えるルーターが見つかります!

おすすめのポケットWiFiプロバイダランキングはこちら




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す