[iPhone]エアドロップでファイル送信時に辞退になる時の対処

iPhoneユーザーにおいてデータの送受信がスムーズにできるエアドロップ。

エアドロップは非常に便利なのですが、ファイル送信時に辞退になるときがあります。

そこで今回はエアドロップでファイル送信時に辞退になる時の対処法を見ていきます。

エアドロップで辞退になる場合はApple IDでサインインし直す

もしエアドロップで辞退になる場合は、Apple IDで再サインインをしましょう。

これは過去にAppleサポートに投稿された内容で、ほとんどの人がこれで解決できているようです。

そのためまずはApple IDで再度サインインしましょう。

上記の方法を試しても辞退になる場合の対処法

Apple IDでサインインしなおしても辞退になるエラーが解決しない場合はどうすればいいのでしょうか。

辞退になる対処法をご紹介します。

1.インターネット共有をオフにする

辞退になる際にはiPhoneの設定からインターネット共有をOFFにしましょう。

OFFにするには

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「インターネット共有」をOFFにする

でOK。

これで辞退になるエラーを解決することができることがあります。

2.Wi-fiとBluetoothがオンになっているか確認する

エアドロップで共有するには

  • Wi-Fi
  • Bluetooth

がONになっていることが条件になります。

これは送信・受信側両方がONになっていることが必要です。

3.「コンテンツとプライバシー制限」でエアドロップがオンなっているか確認

エアドロップで共有する際に、「コンテンツとプライバシー制限」がONになっているかどうかをチェックしましょう。

手順は

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシー制限」→「許可されたApp」をタップ
  3. 「エアドロップ」をONに変更

でOK。

この「コンテンツとプライバシー制限」をONにすることで辞退になるエラーを解除することができます。

4.受け取り側の設定を「すべての人」に変更する

エアドロップで共有する際に受け取り側の設定を変更することができます。

その際に「すべての人」に設定してみましょう。

もし

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」→「エアドロップ」が「受信しない」になっている

場合は辞退になるエラーが発生します。

そのため

  • 連絡先のみ
  • すべての人

の2つのうちどちらかに設定しておきましょう。

5.送信中にスリープ状態にさせない