apple関連 iOS iPhone

iPhoneユーザー必見!AirPlayを解除したい場合の設定

2021年6月25日

iPhoneの画面をTVにミラーリングできる機能「AirPlay」。名前は聞いたことがあってもどんな機能なのかいまいち知らない方も多いと思います。

この記事では、AirPlayの接続/解除方法やどんな機能なのかについてご紹介します。

iPhoneでAirPlayを解除したい場合

iPhone上でAirPlayを解除したい場合はミラーリングの解除をする必要があります。

画面のミラーリングを解除する手順は以下の通りです。

  1. コントロールセンターを起動
  2. 「画面ミラーリング」をOFFにする

iOSの仕様上、AirPlayを拡張デスクトップに移行させることはできません。

さらに解除したい場合は設定アプリからAirPlayを解除することもできます。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「コントロールセンター」→「AirPlay」をタップ
  3. AirPlayをスワイプして解除する

また、以下の2つの方法でiPhone上でAirPlayを解除することができます。

  • コントロールセンターをスワイプ
  • 設定アプリ

Apple製品は、設定や解除の手順も非常に直感的に行えるのが優れているポイントの1つで、AirPlayの設定/解除についても同様のことが言えます。

AirPlayの設定で「しない」を選択

実はAirPlayの設定には、

  • しない
  • 確認
  • 自動

の3つ選択肢があります。

この選択肢は

  1. 設定アプリを起動
  2. 「設定」→「一般」→「AirPlayとHandoff」→「自動的にTVへAirPlay」をタップ

で用意されています。

ここで「自動」に設定していると勝手にAirPlayが起動しApple TVへの接続が開始されます。

ワイヤレスでの転送が自動的に開始されるので便利ですが、場合によっては厄介です。

そのためここの設定で「しない」を選択しておくといいでしょう。

AirPlayの用途

AirPlayはTV画面に自分のiPhoneの画面を映し出したいときに使います。

例えば、iPhoneで見ているアニメや動画、映画やYouTubeなどのコンテンツを大きな画面で見たい場合や、iPhoneで遊んでいるゲームを大画面でプレイしたい場合です。

また、iPhoneで撮影した動画をみんなで視聴する場合や、プレゼンテーションの資料を大画面に映したい場合にもAirPlayの用途の1つです。

AirPlayをTV画面に移すには、サーバーとなるデバイスも必要ですが以下の2つの

  • Apple TV
  • Fire TV

などがあります。

これらの機器がAirPlayに対応しており、どんどん対応機種が増えていっています。

Apple TVはApple製品なので、シームレスに連動することが可能で、AirPlayをしたいなら持っておきたいデバイスの1つです。

AirPlayの接続手段

ではAirPlayを実際に使ってみましょう。

接続①Wi-fi

iPhoneとAirPlayを接続させるにはWi-Fiがメジャーです。

ミラーリングにはWi-Fiのような無線がおすすめです。

しかしWi-Fiが不安定になるとAirPlayの機能を100%出すことができなくなってしまいます。

さらにはiPhoneの充電の減りが早くなってしまいます。

接続②ケーブル

次のページへ >