iPad Pro11inchケースおすすめ12選【2020年版】

スポンサーリンク

iPad Pro 11inchのケースを2018年と2020年モデルとに分けてご紹介します。よりアクティブで自由に使いこなすために、画面割れやよごれは大敵!ぜひ自分にぴったりなケースを選んでiPad Proをエンジョイしましょう。

ipadpro11アイキャッチ画像

iPad Pro11inchの特徴をご紹介

iPad Pro11inchは以前までのiPad製品と違い、ベゼルレスデザインというホームボタンのないタイプのiPadです。

それと同時に指紋認証から顔認証へと変わった革新的iPadなのです。

また、第1世代から第2世代になって変わった事も紹介します。

カメラが広角と超広角のデュアルになりました。

それに加えて、LiDARスキャナという機能が追加されています。

LiDARスキャナは光の反射によって物体との深度を測ることのできる最新技術です。

この技術でAR(拡張現実)にも対応できるので、未来の事を考えると最新のiPad Proは持っておきたいですね。


iPad Pro11inchケースを使うメリット

iPad Proなどのタブレットを使うにあたってケースは必須です。

ケースをつけることによって、使っていくうちについてしまう不要なキズや、万が一落としてしまった際の破損を防げます。

また、ケースは本体を守るだけの存在ではなく、スタンドやキーボードなど、タブレットをより快適に使っていくためのツールでもあります。


iPad Pro11inchケースの種類とメリット・デメリット

ケースの種類ごとにメリット・デメリットがあるので紹介します。

メリット・デメリットを知った上で、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

①手帳タイプ

手帳型のケースは定番で汎用性が高く、使いやすいです。

動画を見るときやゲームをする時などによく使うスタンドが付いていて便利です。

しかし、ケースを開くのが手間になったり、写真を撮る時に邪魔になったりもします。

②背面カバータイプ

カバータイプは薄くてスタイリッシュなものが多いです。

手帳型以上に扱いやすく、頻繁にiPad Proを使う方には1番合うと思います。

取り扱いが簡単な分、画面側の保護性能があまり良くないケースが多いです。フィルムとの併用で、カバーできます。

③キーボード付きタイプ

キーボード付きのケースは仕事の効率アップに役立ちます。

PCと同じ感覚で使え、画面と背面の保護もバッチリです。

デメリットといえば、どうしても重くなってしまいます。持ち歩くことが多い方には負担が大きいかもしれません。

⑤バッグタイプ

バックタイプのスリーブケースは衝撃吸収性能が高く、落としても安心です。

収納も可能なものが多く、周辺機器が多い方は持っておくべきです。

収納スペースがある分、厚みがあるのでかさばります

また、ケースから出してからの保護性能はないので、他のケースとの併用が望ましいです。

iPad Pro11inchケースまとめ表

タイプメリットデメリット
手帳型・画面、背面を保護

・スタンド付き

・デザイン多い

・カバーが邪魔で写真が撮りにくい

・開くのが少し手間

・かさばる

背面カバー・シンプルで持ちやすい

・軽い

・画面側の保護性能が弱い

・基本的にスタンドがない

キーボード付き・PCと同じ感覚で操作が可能

・画面、背面を保護

・スタンド付き

・シンプルに重い

・キーボードの充電が手間

バック型・衝撃吸収性が高い

・収納が可能

・かさばる

・取り出すのが手間



iPad Pro11inchケースの選び方

iPad Pro11inchに限らず、タブレットのケースを選ぶ際には用途に合わせて選ぶべきです。

家でしか使わないのか?仕事で持ち歩くことが多いのか?などの用途を考え、それに合ったケースを選ぶことで快適なタブレットライフを送れることでしょう。

その他の選ぶポイントや注意点を詳しく紹介します。

世代で選ぶ

iPad Pro11inchiには2018年(第1世代)モデルと2020年(第2世代)モデルがあります。

第1・第2世代ともに11インチと大きさは同じなのですが、カメラの部分に大きな差があります。

第2世代はデュアルカメラのためケースのカメラ部分のスペースがおおきめです。

そのため、第2世代用のケースは第1でも使えますが、第1世代用のケースは第2では使えないです。

周辺機器やアクセサリーで選ぶ

Apple Pencil、充電器、イヤホンなどをよく使ったり、持ち歩いたりするかどうかも選ぶポイントになります。

Apple Pencilを使うのであれば、ペンホルダーが付いたケースの方が便利ですよね。

仕事でiPad Proをよく持ち歩くのであれば、充電器も必要になるので、一緒に入れられる方が楽ですよね。

このように、使うものでケースを選ぶのも大きなポイントになります。

素材で選ぶ

素材には、本革、PUレザー(合成皮革)、シリコン、TPU(プラスチック)、マイクロファイバーなど多くのものがあります。

・本革・PUレザーは革独特の高級感やおしゃれ感がある
・シリコンは柔らかく、衝撃に強い
・TPUは硬くて、ホコリや汚れが付きにくい
・マイクロファイバーは触り心地がいい

素材の特徴を知って、選ぶ時の参考にするのも大事です。


iPad Pro11inch【2018年モデル】おすすめケースベスト5

まずは2018年モデルは2020年モデルに使う事ができません。

カメラ部分が2020年モデルは大きいからです。

その点に注意してご覧になってください。

T-Ming-Kai iPad Pro11inchケース

全面保護の防水ケース!

画面側と背面側を挟むように取り付けるタイプのケースで、側面をより強固に保護しています。

充電の挿し口もしっかりガードする事で、防水機能はバッチリ。お風呂でも使えます。

ZUGU iPad Pro11inchケース

超多段階スタンドケース!

薄型で、スタンドが8段階の調節ができるケースです。

カバーはマグネット式のため、冷蔵庫に貼り付けて汚す事なくレシピを見る事ができます。

Antbox iPad Pro11inchケース

高級感レザーケース!

大人な高級感のあるPUレザー素材で、スタンド機能もあるシンプルなケースです。

側面にはペンホルダーがあり、カラーのバリエーションも4つあるので選びたやすいです。

TOPLIFE iPad Pro11inchケース

着脱式の便利キーボードケース!

どうしても高くなりがちなキーボードケースですが、こちらのケースはキーボードが着脱式いうこともあり、リーズナブルです。

Bluetoothで簡単に接続でき、満充電で60時間ほどの連続使用を行えます。

JEDirect iPad Pro11inchケース

リーズナブルな万能ケース!

見た目・機能ともにapples純正のSmart Folioとほとんど変わらず、お財布にも優しいです。

超軽量・超薄型で、Apple Pencil(第2世代)のワイヤレス充電も可能です。




iPad Pro11inch【2020年モデル】おすすめケースベスト5

次は2020年モデルのケースを紹介していきます。

2020年モデルはカメラの部分が広く空いていて、2018年モデルでも使う事が可能です。

ESR(透明)iPad Pro11inchケース

ザ・シンプル透明ケース!

スリムで軽量の透明なケースです。柔軟性のあるTPU素材のため保護性能に問題はありません。

最低限の保護だけに特化し、不要な部分や機能は一切ありません。シンプルな美しさのあるケースです。

SupCase iPad Pro11inchケース

メタリックな全面保護ケース!

フロントフィルムとケースが一体となったケースです。背面ケース部分はスタンド付き

側面にペンホルダーがあり、Apple Pencil(第2世代)のペアリングとワイヤレス充電が行えます。

ESR iPad Pro11inchケース

ペンホルダー付き三つ折りケース!

Apple Pencil(第2世代)にも対応したペンホルダー付きで、使いやすさ抜群の三つ折りカバーのケースです。

背面ケースは柔軟性があり丈夫なうえ、取り付けが簡単です。

ZtotopCase iPad Pro11inchケース

収納付きレザーケース!

PUレザー素材の手帳型ケース。カード類などを入れることのできる収納付きです。

画面のカバーを開いた内側にハンドストラップが付いており、安定して使うことができます。

Apple Smart Keyboard Folio

純正の最強キーボードケース!

水を弾き、快感の押し心地のキーボードが付いたケースです。

Smart Connectorでペアリング・充電が簡単で、薄さ・軽さや使いやすさは他のキーボードケースの追随を許しません




iPad Pro11inch【バックタイプ】おすすめケース

最後はバックタイプのスリーブケースです。

バックタイプは第1世代・第2世代ともに使えるため。世代の違いを気にする必要はありません

ATiC iPad Pro11inchケース

スタイリッシュなおしゃれケース!

通常のバックタイプケースは収納が多いですが、こちらのケースはiPad Pro本体と数枚のカード類しか収納するスペースがありません。

しかし、そのスタイリッシュさはカッコよく、クランチバックとして持つだけでおしゃれ度アップです。

tomtoc iPad Pro11inchケース

超大容量の収納ケース!

外側は保護性能はバッチリのハードケースとなっており、持ちやすく設計されたケースです。

内側には大小様々な機器を収納できるスペースがあり、収納が足りなくなることは、まずないでしょう。




まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はiPad Pro11inchケースを第1・第2世代で分けてご紹介しました。

カメラの形を知らずに対応していないケースを買ってしまう方も多いようなので、十分に気をつけてベストなケースを探しましょう。