【2021年】iPad Pro 11インチケースおすすめ12選

iPad Pro 11inchのケースを2018年と2020年モデルとに分けてご紹介します。よりアクティブで自由に使いこなすために、画面割れやよごれは大敵!ぜひ自分にぴったりなケースを選んでiPad Proをエンジョイしましょう。

ipadpro11アイキャッチ画像

iPad Pro11inchの特徴をご紹介

iPad Pro11inchは以前までのiPad製品と違い、ベゼルレスデザインというホームボタンのないタイプのiPadです。

それと同時に指紋認証から顔認証へと変わった革新的iPadなのです。

また、第1世代から第2世代になって変わった事も紹介します。

カメラが広角と超広角のデュアルになりました。

それに加えて、LiDARスキャナという機能が追加されています。

LiDARスキャナは光の反射によって物体との深度を測ることのできる最新技術です。

この技術でAR(拡張現実)にも対応できるので、未来の事を考えると最新のiPad Proは持っておきたいですね。

iPad Pro11inchケースを使うメリット

iPad Proなどのタブレットを使うにあたってケースは必須です。

ケースをつけることによって、使っていくうちについてしまう不要なキズや、万が一落としてしまった際の破損を防げます。

また、ケースは本体を守るだけの存在ではなく、スタンドやキーボードなど、タブレットをより快適に使っていくためのツールでもあります。

iPad Pro11inchケースの種類とメリット・デメリット

ケースの種類ごとにメリット・デメリットがあるので紹介します。

メリット・デメリットを知った上で、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

①手帳タイプ

手帳型のケースは定番で汎用性が高く、使いやすいです。

動画を見るときやゲームをする時などによく使うスタンドが付いていて便利です。

しかし、ケースを開くのが手間になったり、写真を撮る時に邪魔になったりもします。

②背面カバータイプ

カバータイプは薄くてスタイリッシュなものが多いです。

手帳型以上に扱いやすく、頻繁にiPad Proを使う方には1番合うと思います。

取り扱いが簡単な分、画面側の保護性能があまり良くないケースが多いです。フィルムとの併用で、カバーできます。

③キーボード付きタイプ

キーボード付きのケースは仕事の効率アップに役立ちます。

PCと同じ感覚で使え、画面と背面の保護もバッチリです。

デメリットといえば、どうしても重くなってしまいます。持ち歩くことが多い方には負担が大きいかもしれません。

⑤バッグタイプ