【2021年】 iPhone11 Proのおすすめフィルム5選

iPhone11 Proのおすすめ画面保護フィルムとその選び方をご紹介!せっかく手に入れたのに画面がバキバキのクモの巣状態、なんてことにならないように、自分のiPhone11 Proにぴったりなフィルムを選びましょう。

iPhone11Pro-フィルムおすすめ

iPhone11 Pro フィルムを使うメリット

iPhone11 Proの本体料金は10万円を平気でこしてくる高い買い物です。AppleでもiPhoneのシリーズを追う毎に画面強度を徐々にアップデートされていますが。仮に万が一硬いものぶつかってしまい傷がついたり、高いところから落として画面が割れてしまったらショックですよね。そんな万が一から守ってくれるのがフィルムです。

iPhone11 Proの画面割れ修理のお値段は?

iPhone11 Proの画面が割れてしまった場合、AppleCare+」に加入している場合だと3,400円ですが、「AppleCare+」未加入の場合だと30,400円と高額な修理費用が発生してしまいます。

まず、「AppleCare+」に加入していない場合は加入することをおすすめいたします。画面修理だけではなくその他の故障の際にかかる修理費用が安くなります。そして加えて画面を保護するためにフィルムを使用しましょう。

iPhone11 Pro フィルムを選ぶポイントと注意点

iPhoneXSの後継機として発売されたのがiPhone11 Proですが、両方とも5.8インチディスプレイで画面フィルムは併用できるのでは?と考える方もいるとは思いますが、必ずしも併用できるとは限らないので注意が必要です。理由としては、画面サイズが一緒でも、フィルム自体の素材やサイズの違いがメーカーによっては微妙にiPhoneXS用とiPhone11 Pro用で異なる場合があるので、フィルムを選ぶ際には使用している端末に対応しているものを選ぶようにしましょう。

iPhone11 Pro フィルムの種類とメリット・デメリット

ここでは「ガラスタイプ」と「フィルムタイプ」の2種類それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

①ガラスタイプ

ガラスタイプのメリットは特殊強化ガラスの使用などにより簡単に傷がついたりしません。また耐衝撃性能が高いガラスフィルムなどもあり、高いところから落としてしまった場合でもガラスフィルムが代わりに衝撃を吸収してくれるので、iPhone本体画面が割れる確率を低くしてくれます。ですが所詮はガラスなのであまりにも強い衝撃を与えてしまうと割れてしまうので、過信はせずに使用しましょう。

ガラスフィルムのデメリットは一般的な保護フィルムに比べて、価格が高いことです。なので修理費用が高いことや修理期間中の不便さなどを考慮した場合に絶対にわりたくないと考える方にはガラスフィルムをおすすめします。

②フィルムタイプ

フィルムタイプのメリットは価格が安く手に入ることが1番のメリットで気軽にちょっとした傷などが気になったらすぐに交換ができるところです。

最近では100円ショップなどでも簡単に購入できるのでとりあえず液晶画面をカバーしたい方にはおすすめです。

ですが保護フィルムのデメリットとしては、ちょっとした傷などは防げますが、ガラスフィルムに比べ薄く作られているので衝撃が本体画面に伝わりやすく、割れる確率はガラスタイプに比べて高いので注意が必要です。

iPhone11 Proフィルムまとめ表