iPhone11 Proのおすすめフィルム5選【2020年最新版】

スポンサーリンク

iPhone11 Proのおすすめ画面保護フィルムとその選び方をご紹介!せっかく手に入れたのに画面がバキバキのクモの巣状態、なんてことにならないように、自分のiPhone11 Proにぴったりなフィルムを選びましょう。

iPhone11Pro-フィルムおすすめ

iPhone11 Pro フィルムを使うメリット

iPhone11 Proの本体料金は10万円を平気でこしてくる高い買い物です。AppleでもiPhoneのシリーズを追う毎に画面強度を徐々にアップデートされていますが。仮に万が一硬いものぶつかってしまい傷がついたり、高いところから落として画面が割れてしまったらショックですよね。そんな万が一から守ってくれるのがフィルムです。

iPhone11 Proの画面割れ修理のお値段は?

iPhone11 Proの画面が割れてしまった場合、AppleCare+」に加入している場合だと3,400円ですが、「AppleCare+」未加入の場合だと30,400円と高額な修理費用が発生してしまいます。

まず、「AppleCare+」に加入していない場合は加入することをおすすめいたします。画面修理だけではなくその他の故障の際にかかる修理費用が安くなります。そして加えて画面を保護するためにフィルムを使用しましょう。


iPhone11 Pro フィルムを選ぶポイントと注意点

iPhoneXSの後継機として発売されたのがiPhone11 Proですが、両方とも5.8インチディスプレイで画面フィルムは併用できるのでは?と考える方もいるとは思いますが、必ずしも併用できるとは限らないので注意が必要です。理由としては、画面サイズが一緒でも、フィルム自体の素材やサイズの違いがメーカーによっては微妙にiPhoneXS用とiPhone11 Pro用で異なる場合があるので、フィルムを選ぶ際には使用している端末に対応しているものを選ぶようにしましょう。


iPhone11 Pro フィルムの種類とメリット・デメリット

ここでは「ガラスタイプ」と「フィルムタイプ」の2種類それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

①ガラスタイプ

ガラスタイプのメリットは特殊強化ガラスの使用などにより簡単に傷がついたりしません。また耐衝撃性能が高いガラスフィルムなどもあり、高いところから落としてしまった場合でもガラスフィルムが代わりに衝撃を吸収してくれるので、iPhone本体画面が割れる確率を低くしてくれます。ですが所詮はガラスなのであまりにも強い衝撃を与えてしまうと割れてしまうので、過信はせずに使用しましょう。

ガラスフィルムのデメリットは一般的な保護フィルムに比べて、価格が高いことです。なので修理費用が高いことや修理期間中の不便さなどを考慮した場合に絶対にわりたくないと考える方にはガラスフィルムをおすすめします。

②フィルムタイプ

フィルムタイプのメリットは価格が安く手に入ることが1番のメリットで気軽にちょっとした傷などが気になったらすぐに交換ができるところです。

最近では100円ショップなどでも簡単に購入できるのでとりあえず液晶画面をカバーしたい方にはおすすめです。

ですが保護フィルムのデメリットとしては、ちょっとした傷などは防げますが、ガラスフィルムに比べ薄く作られているので衝撃が本体画面に伝わりやすく、割れる確率はガラスタイプに比べて高いので注意が必要です。

iPhone11 Proフィルムまとめ表

上記でも紹介しましたがガラスタイプとフィルムタイプのメリットとデメリットをわかりやすく表にまとめました。

ガラスタイプ
メリット傷がつきにくい
割れにくい
貼りやすい
デメリット価格が高い

 

フィルムタイプ
メリット安く手に入る
気軽に交換できる
デメリット衝撃に弱い
貼りにくい



iPhone11 Proフィルムの選び方

結論としてはガラスフィルムをおすすめします。液晶画面を守る可能性を上げることが最終的には修理費用などがかかることもなく、修理に出す手間も省けるので、ガラスフィルムを貼って万が一に備えておくことをおすすめします。

硬さはH9以上を選ぼう

ガラスフィルムを探していると頻繁に「9H」などを見かけると思います。「9H」とは「表面硬度」を意味していてJIS(日本工業標準調査会)が定めたフィルムの硬度を数字で表した規格のことです。また一般的な保護フィルムの表面硬度がH3からH4なので9Hはかなり高い表面硬度となります。なので液晶画面を大切にしたい方は表面硬度が高いフィルムを選びましょう。

貼るのが苦手ならガラスフィルム一択

ガラスフィルムは硬く、分厚いフィルムなので、柔らかいフィルムに比べて貼りやすさが特徴の1つでもあります。最近では「ガイド枠」と呼ばれる、ガラスフィルムを貼る際の手助けをしてくれるキットが付属でついてくるので、従来のように大幅にずれて貼ってしまう可能性は低くなっています。またガラスフィルムは気泡も入りにくいので画面の気泡などが気になってしまう方にもおすすめです。ちなみに最近では各種メーカーで「ガイド枠」は標準装備が当たり前になってきています。

フィルムタイプであればケースの邪魔になりにくい

ガラスフィルムはどうしても厚みがでてしまうので、その影響でガラスフィルムとケースが干渉してしまい、フィルムが剥がれてしまったり、ケースがうまくはまらなかったりする場合があるので選ぶ際にはフィルムがケースと干渉しないか確認しましょう。

操作性を上げたいなら「アンチグレア」を!

アンチグレアとは光の反射がないマット加工が施されたフィルムのことを指します。フィルム自体がさらさらとしているので、指紋の付着を低減できたり、滑らかな画面操作が可能となります。

なので、ゲームなどの操作性を気にされている方におすすめの選び方のひとつです。

ゲームをするならブルーライトカットで目にやさしく!

長時間のゲームなどをプレイする方におすすめなのが、ブルーライトカット機能がついているフィルムになります。また、iPhone以外にも液晶画面を見ている時間が長い方にも目の疲れを軽減するブルーライトカット機能付きのフィルムはおすすめです。


iPhone11 Proガラスフィルムタイプおすすめベスト5

ここからはiPhone11 Proのおすすめガラスフィルムをご紹介していきます。

Spigen Glas.tR EZ Fit

このガラスフィルムは表面硬度9Hでケースと干渉しないように作られています。また、Spigen製のケースとの相性がよく、iPhone本体をしっかりと守りたい方におすすめのフィルムになります。

ちなみに、2枚セットなのでちょっと気になる傷などがついてしまった場合でも気軽に交換できるのもおすすめポイントのひとつです。

クリスタルアーマー GI13-3D

こちらのガラスフィルムは表面硬度9Hで価格は高いものの、耐衝撃性能の高さが売りで一般的な強化ガラスの約5倍の硬度を持っています。その高い硬度の秘密は高級腕時計のベゼル、金属加工用ドリルの刃、医療器具などに使用されるダイヤモンドライクカーボンコーティングが施されているためです。なので値段は高くてもしっかりとiPhone本体を守りたい方におすすめのフィルムです。

Tomakaブルーライトカット

このガラスフィルムの表面硬度は9Hでブルーライトカットつきのガラスフィルムとなります。なので目の疲れやすい方やiPhone意外にもPCなどを見る時間が長い方におすすめです。

また、開封使用後でも90日間の無性交換・返金対応つきと安心して使える点もおすすめポイントの1つとなります。

Klearlookアンチグレア

こちらのガラスフィルムは安心の表面硬度9Hに加えて、アンチグレアなので滑らかな操作が可能となります。例えば一般的なガラスフィルムでのスワイプ時の操作感が気になる人や、ゲームの操作感をもっと滑らかにしたい方におすすめの商品です。

また、Klearlookでは180日間の無償交換や返金対応が可能なので安心して購入できる商品です。

Klearlook覗き見防止

こちらのガラスフィルムは先ほど紹介したフィルムと同じメーカーのKlearlook製のガラスフィルムとなります。このガラスフィルムはプライバシー保護のための覗き見防止機能があり、周囲からiPhoneに表示されている内容を見られてしまうことを防ぐことができます。なので仕事などでiPhoneを使用されていて、重要な情報などを取り扱っている方などにおすすめの商品になります。



まとめ

いかがだったでしょうか、各種様々なメーカー・ブランドからフィルムが販売されているので選ぶのが難しいですよね。今回はそんな方々に向けてiPhone11 Proにおすすめのフィルムを紹介しました。この記事が皆様のより良い買い物の手助けになれば嬉しいです。