ディズニーランドで自撮り棒(セルカ棒)が禁止?持ち込んだら即退場?!

ディズニーランドに行くなら自撮り棒を使って写真を撮りまくりたい!でも噂によるとディズニーランドでは自撮り棒が使用禁止?!今回はその真相を徹底調査。ディズニーランドで使用OKの自撮り棒を紹介しています。今使っている自撮り棒がディズニーランドで使えるかチェックしたい人も必見です。

ディズニーランドで自撮り棒の持ち込みは禁止?

しかし、パーク内では自撮り棒を使って動画撮影や写真撮影をしているゲストさんがいたりします。

持ち込めないと思って自重したゲストから見ると「持ち込み禁止じゃないの?!」と思ってしまいますよね。

「伸ばさない」「短くする」ことで使用OK

こういう場合、パーク内で自撮り棒を使って撮影していると、キャストさんから

「伸ばさないでください」・「短くしてください」

など指示されることがあります。基本的に、この指示に従えば大丈夫なんです。

つまり、自撮り棒のサイズがハンディサイズのグリップアタッチメントとしてみなせるサイズかどうかが重要ということです。

これは裏を返せば、パーク内のどのエリアでも自撮り棒を伸ばして使用することは禁止されているということなので注意しましょう。

ディズニーランドでも使用していい自撮り棒とは?

では、自撮り棒を伸ばさなければそれでいいのか?

ディズニーランドへ問い合わせして、実際に使用していい自撮り棒とはどんなものか聞いて見ました!

 ディズニーランドで使える自撮り棒=長さが短い・短くできるもの!

重要なのは自撮り棒の長さ

パーク内で自撮り棒を使用するとキャストさんから

「伸ばさないでください」・「短くしてください」

という指示があるということからもわかるとおり、ハンディサイズの長さに短くできるものであれば使用していいとのこと。

他の人の迷惑にならないこと、危害にならないものであれば使用できるということがポイントなので、長さが短くできるタイプであれば大丈夫です。

 名前が『自撮り棒』や『セルカ棒』でもいい!

短くできさえすればなんでもいいので、使用する自撮り棒の製品名は関係ありません。

『自撮り棒』でも『セルカ棒』でも大丈夫です。

 何センチまでとの規定はない!

注意喚起のページを見ても、自撮り棒の長さを具体的に『何cmまでなら持ち込み可能』と指定した表記はありません。

つまり入園時に自撮り棒の長さが原因で入園を断られるということはまず考えられません。

 自撮り棒はハンディサイズならOK!

コメントを残す