ディズニーランドで自撮り棒(セルカ棒)が禁止?持ち込んだら即退場?!

ディズニーランドに行くなら自撮り棒を使って写真を撮りまくりたい!でも噂によるとディズニーランドでは自撮り棒が使用禁止?!今回はその真相を徹底調査。ディズニーランドで使用OKの自撮り棒を紹介しています。今使っている自撮り棒がディズニーランドで使えるかチェックしたい人も必見です。

ディズニーランドで自撮り棒の持ち込みは禁止?

しかし、パーク内では自撮り棒を使って動画撮影や写真撮影をしているゲストさんがいたりします。

持ち込めないと思って自重したゲストから見ると「持ち込み禁止じゃないの?!」と思ってしまいますよね。

「伸ばさない」「短くする」ことで使用OK

こういう場合、パーク内で自撮り棒を使って撮影していると、キャストさんから

「伸ばさないでください」・「短くしてください」

など指示されることがあります。基本的に、この指示に従えば大丈夫なんです。

つまり、自撮り棒のサイズがハンディサイズのグリップアタッチメントとしてみなせるサイズかどうかが重要ということです。

これは裏を返せば、パーク内のどのエリアでも自撮り棒を伸ばして使用することは禁止されているということなので注意しましょう。

ディズニーランドでも使用していい自撮り棒とは?

では、自撮り棒を伸ばさなければそれでいいのか?

ディズニーランドへ問い合わせして、実際に使用していい自撮り棒とはどんなものか聞いて見ました!

 ディズニーランドで使える自撮り棒=長さが短い・短くできるもの!

重要なのは自撮り棒の長さ

パーク内で自撮り棒を使用するとキャストさんから

「伸ばさないでください」・「短くしてください」

という指示があるということからもわかるとおり、ハンディサイズの長さに短くできるものであれば使用していいとのこと。

他の人の迷惑にならないこと、危害にならないものであれば使用できるということがポイントなので、長さが短くできるタイプであれば大丈夫です。

 名前が『自撮り棒』や『セルカ棒』でもいい!

短くできさえすればなんでもいいので、使用する自撮り棒の製品名は関係ありません。

『自撮り棒』でも『セルカ棒』でも大丈夫です。

 何センチまでとの規定はない!

注意喚起のページを見ても、自撮り棒の長さを具体的に『何cmまでなら持ち込み可能』と指定した表記はありません。

つまり入園時に自撮り棒の長さが原因で入園を断られるということはまず考えられません。

 自撮り棒はハンディサイズならOK!

でも逆に何cmという規定がない分、どこまで短くできる自撮り棒であればいいのかわからないですよね。

大事なのはハンディーサイズということ。

スマホを取り付けた際に手元からあまり離れていない距離まで縮められるものを選ぶことが重要です。

手元から離れすぎていない、と言われても・・という方は下のGoProの写真を参考にしてみましょう。

代表的なハンディサイズのグリップアタッチメント』はこれくらいのサイズ感だと思ってください。

自撮り棒問題の発端

そもそもどうして自撮り棒が禁止されているという認識が広まったのでしょうか。そこのところを実際に禁止されている撮影機材や、公式ページの見解を下に解説していきます。

ディズニーランドで元々使用禁止の撮影補助機材

実は日本だけでなくアメリカや香港、パリなど世界中のディズニーランドではもともと使用を禁止している機材があることをご存知ですか?公式ページには以下のように記載されています。

ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材の使用は固くお断りします。

東京ディズニーリゾートからのお願い

公式ページにもあるように、カメラの撮影で使う三脚などは使用しないように記載されています。もちろんスマホに使うミニ三脚もダメです。

パーク内で三脚広げられてあちこちで撮影会が行われていたら、邪魔で来客者(ゲスト)も十分楽しめないですよね。

ディズニーランドはそういったことを危惧して使用禁止としています。

 自撮り棒の禁止はゲストを守るため

しかし、なぜディズニーランドがパーク内で三脚などを禁止しているかを考えてみると答えは明白です。

使用禁止の理由は、ゲストのことを第一に考えているからです。

ディズニーランドはパーク内を思う存分楽しんでもらいたいので、ゲストに危険を及ぼしたり、迷惑をかけるような行為は禁止したいのです。

自撮り棒は一見危険がないように思えますが、人が多いパーク内で棒を振り回されたらどうでしょうか。

自撮り棒で人を突いてしまう危険性がないとはいえません。

実際、パーク内ではそういった事故が起きてしまっています。

そのため、パーク内で自撮り棒を使うのは原則として禁止となったようです。

 ディズニーランドでは携帯電話の使用にも注意

ディズニーランドでは自撮り棒以外にも、携帯電話をアトラクション内やショーステージ上で使用することを禁止していたりします。

持ち込み禁止のグッズが心配な場合は、公式ページから事前に禁止事項などを把握しておいたほうがよいでしょう。

公式ページはこちら

ディズニーランドで使える!オススメの自撮り棒!

ではディズニーランドでも使える長さが調節でき、iPhoneに取り付けられる自撮り棒とはどのようなものが販売されているのかご紹介していきます。

第1位 【DIVI】セルフィースティック(ブラック)

 この製品のポイント

  • イヤホンジャックのない最新iPhoneでも使えるBluetooth式
  • 最短11.5cmまで短縮可能
  • 安心の1年保証つき
  • 選べる有線タイプと無線タイプ
Amazonで購入

第2位 TaoTronics セルフィースティック

 この製品のポイント

  • イヤホンジャックのない最新iPhoneでも使えるBluetooth式
  • 最短18.8cmまで短縮可能
  • 安心の1年保証つき
Amazonで購入

第3位PHILIPS 自撮り棒

 この製品のポイント

  • イヤホンジャックのない最新iPhoneでも使えるBluetooth式
  • 最短18.4cmまで短縮可能
  • 安心の1年保証つき
Amazonで購入

自撮り棒以外の方法でインスタ映えの写真を撮るグッズ

自撮り棒を使えば普通に撮るよりも幅広く、綺麗な自撮り写真を撮ることができます。

しかし、自撮り棒以外にも色々な自撮り方法があるのをご存知でしょうか?

自撮り棒以外にも、iPhoneで幅広く写真を撮るためのツールがあるんです。

それがiPhoneのカメラのレンズにつけるアタッチメントです。

YIEASY スマホ用カメラレンズ

 この製品のポイント

  • カメラにつけるだけの簡単クリップ式
  • 魚眼レンズとマクロレンズの2つセット
  • キャリーバックもついてくるので持ち運びも簡単
Amazonで購入

このレンズを使えばどんなエリアでも、いい写真を撮ることができます。

自撮り棒の代わりに持っていけば、何も気にせず写真を撮ることができます。

レンズには撮影できる範囲を広げてくれる広角レンズや、かなりズームして遠くの風景も撮影できるようにしてくれるマクロレンズ、風景を丸く撮影する魚眼レンズなど様々なタイプのレンズがあるので、自撮り棒よりも活躍のシーンがかなり広がりますよ。

上手に撮るコツは、レンズに応じてスマホとの適切な撮影距離を取るようにすることです。

まとめ

もしパーク内で自撮り棒を使った時にはどうなるのでしょうか。

もし自撮り棒の使い方が危険と判断されたり、実際に苦情があった場合にはパークのスタッフから注意を受けることは間違い無いでしょう。

しかし、そのときに短くするなど指示に従えば問題ありません。

自撮り棒禁止というわけではありませんが、伸ばして使うことは禁止されているということを忘れずに使用してください。

特にパレードのときは多くの人で混み合うので、絶対に伸ばして使用しないでください。

人が混んでいるときに自撮り棒を使うと、思わぬ事故に繋がります。

ゲスト一人一人がしっかりマナーを守って、楽しむようにしましょう!

 バカ売れ大人気?!iPhoneおすすめの自撮り棒ランキングTOP5!

 超簡単なiPhone自撮り棒の使い方!Bluetooth/イヤホン/ボタン式編

 バカ売れ?!ディズニーツムツムの自撮り棒はどこで購入できるのか!

 

 

コメントを残す