iPhone用おすすめタッチペン(スタイラスペン)比較ランキング!

iPhoneで手書きメモを残したり、イラストを描いたりする時に必須なのがスタイラスペン(タッチペン)。指先で操作するよりも繊細な作業ができるのが特徴ですが、ペンの種類や値段はピンキリで選ぶのが大変!今回の記事では今一番オススメのペンシルと、オススメの理由について紹介していきます!

iPhone-スタイラスペン-比較ランキング

iPhone用スタイラスペンを選ぶポイント

iPhoneで使用するタッチペン(スタイラスペン)を選ぶポイントをご紹介します。

今すぐ各種おすすめのタッチペン(スタイラスペン)をご覧になりたい方はこちら

導電ゴム・導電繊維方式タッチペンのおすすめ

ペン先毛筆タイプのおすすめ

ペン先円盤タイプタッチペンのおすすめ

電源搭載タイプタッチペンのおすすめ

iPhone用スタイラスペンを選ぶ時のチェックポイント!

タッチペンには画面をただタッチ操作するだけのもの、絵を描けるくらい滑らかに滑ることができるものなど、用途によって様々な種類があります。

一般にタッチ操作がメインのものタッチペン絵を描いたり文字を書くことを目的にしたものスタイラスペンとしています。

値段は一般的に細く、細かな操作が効くペンになるほど高価になります。

画面操作用のタッチペンは比較的安価ですが、パズドラやツムツムなど滑らかな操作が必要なゲームや、絵を描くためのスタイラスペンなどは比較的高価です。

ペン先の素材の種類

タッチペン・スタイラスペンと一言でいっても、先端の素材にはいくつかの種類があります。

現在人気があるのは、ゴムタイプ・繊維タイプ・筆タイプ・ペン先円盤タイプ・電源搭載タイプの5種類!

①電導性ゴムタイプ

ペンの先が電導性を持つゴムになっているタイプです。

タッチペンとしては最もメジャーなタイプで、最近では100円ショップでも取り扱われています。

【伝導性ゴムタイプの長所と短所】

長所
  • 安い
  • 100円ショップなどどこにでも売っている
  • 電池など不要で開封後すぐ使える
短所
  • ペン先が太い
  • ゴム質なので滑らかに滑らない

この欠点から、絵を描く専用のスタイラスペンとして使用するには向いていません。

手袋をしている時などに使用するタッチペンとして使用する分には不便はあまりありません。

こんな商品です!

②電導性繊維タイプ

ペンの先に電導性のある繊維を使用したペン。

導電ゴム方式を採用したタッチペンよりやや高価になります。

【伝導性繊維タイプの長所と短所】

長所
  • 導電ゴム方式のタッチペンよりも滑らかに操作することができる
  • 電池など不要で開封後すぐ使える
短所
  • ペン先が太い
  • 100円で購入できる導電ゴム方式に比べ、1000円以上とやや高価

導電ゴム方式よりも滑らかな操作が必要なパズルゲームなどに最適ですが、絵を描くにはやはりペン先が太すぎます。

こちらもタッチペンとして使用する事が主になりそうです。

こんな商品です!

③電導性毛筆タイプ

ペン先が筆のように電動繊維の束で構築されているペンです。

【伝導性毛筆タイプの長所と短所】

長所
  • 滑らかな操作ができる
  • 電池など不要で開封後すぐ使える
短所
  •  毛先が長くなるほど反応しにくくなる
  • 毛先が傷んだりすると使えない

タッチペンとしても使用可能ですが、滑らか操作とより手書きに近い書き心地が売りなのでスマボゲームやイラストを描いたりすることに向いています。

毛先が長く慣ればなるほど、反応する範囲が広くなります。

毛先が短いものは操作やイラストを描くことがメインで、毛先が長いものは塗ることがメインといった感じです。

こんな商品です!

④ペン先円盤タイプ

ペン先に透明な樹脂製の円盤がついているペンです。

ペン先が見やすくなっており、細い線も書く事ができます。

【ペン先円盤タイプの長所と短所】

長所
  • ペン先が見やすい
  • 細かな線を描く事ができる
短所
  •  導電ゴム方式、導電繊維方式に比べかなり高価
  • ペン先が案外脆い

ペン先が見やすく、細い線が描ける事からイラストを描く事が主な用途になります。

タッチペンというよりはスタイラスペンとして使用する機会が多いでしょうね。

ただ樹脂製の円盤が破損した呼び用の予備パーツを持ち運んだり、破損しないように丁寧に扱う必要があるため、若干めんどくさいペンでもあります。

価格も割と高価ですので、本格的に絵を描きたい人以外には向かないかもしれません。

こんな商品です!

⑤電源搭載タイプ

ペン本体の内部に電源が搭載されているタイプ。

ペン先に静電気を発生させる事で、認識させます。

【電源搭載タイプの長所と短所】

長所
  • ペン先が細い
短所
  •  電源式なので、充電切れになると使えない
  • ペン先が金属なので、保護フィルム必須
  • かなり高価

 

このペンはPDFに書き込んだり、チェックをしたり、主に仕事向きのスタイラスペンの用途で使用します。

が、充電方式なので絵を描くなどずっと使用するような状況は似合いません。

タッチペンとしてはかなり高価なので、仕事などで本当に必要性を感じる人以外は向いていません。

またペン先が金属なので傷がついたり液晶を劣化させてしまう恐れがあるので、保護フィルムを絶対に貼っておきましょう。

こんな商品です!

各種おすすめランキングへ移動する

導電ゴム・導電繊維方式タッチペンのおすすめ

ペン先毛筆タイプのおすすめ

ペン先円盤タイプタッチペンのおすすめ

電源搭載タイプタッチペンのおすすめ

iPhone用のペン(タッチペン)は用途で選ぶ!

普段どんな用途でペンを使いたいか決まっている人は、用途に合わせてペンを選ぶことがポイントとなります。

iPhone用のペン(タッチペン)の選び方:画面操作用

画面を汚したくない人や、冬の寒い時期に手袋をつけたまま操作したいというように、タッチ操作だけがメインの方にはペン先が導電ゴムタイプのタッチペンでも十分でしょう。

100円ショップなどで取り扱われているタッチペンはほとんどが導電ゴムタイプなので、かなり安価で手に入れることができます。

iPhone用のペン(タッチペン)の選び方:ゲーム用

パズドラやツムツムなど、滑らかな操作が必要な場合は、導電性線維タイプか筆タイプ、もしくは電源搭載タイプのタッチペンがオススメです。

導電ゴムのタッチペンでも使えないことはありませんが、オススメの3タイプと比べて摩擦が発生しやすいので、ここぞというシーンで摩擦が邪魔してつっかえてしまう可能性があります。

iPhone用のペン(タッチペン)の選び方:イラスト用

イラストを描くには何と言ってもペン先が細いということがポイントになります。

導電ゴムタイプや導電線維タイプはたとえ滑らかに操作できたとしても、ペン先が太く、自分が描いた線を確認しにくいため絵を描くには向いていません。

ペン先円盤タイプやペン先毛筆タイプ、もしくは電源搭載タイプのタッチペンは、ペン先が細いのでオススメです。

色を塗ることが目的なら、ペン先毛筆タイプの毛が長いものがオススメです。

細い線を描く以外にも筆圧感知を搭載したものもあります。

iPhone用のペン(タッチペン)の選び方:テキスト用

メモを取ったり、PDFに書き込んだりといった用途のタッチペンを探している方は、やはりペン先が細いタイプがオススメです。

ペン先円盤タイプ電源搭載タイプはペン先が細いですが、前者は円盤が壊れやすい、後者は画面が傷みやすいなどの弱点も理解した上で使う必要があります。

書き心地を優先したいのであれば、ペン先毛筆タイプがオススメ。

柔らかな書き心地を楽しめるので、絵を描くのにも文字を書くのにも、まるで本物の紙に書いているような感覚が味わえます。

ペン先まとめ表

タイプ向いている用途一般的な価格
導電ゴムタイプ
  • タッチ操作
100〜500円
電導性繊維タイプ
  • タッチ操作
  • 滑らかなスライド操作が必要なゲーム
300〜800円
毛筆タイプ
  • 滑らかなスライド操作が必要なゲーム
  • イラスト制作(描く、塗る)
  • 文字を書く
2000円前後
ペン先円盤タイプ
  • イラスト制作(描く)
500〜1000円
電源搭載タイプ
  • 滑らかなスライド操作が必要なゲーム
  • イラストを描く(描く)
  • 文字を書く
3000円〜

iPhone用のペン:導電ゴム方式・導電繊維方式おすすめベスト3

最近では導電ゴム方式は100円ショップでも購入する事ができます。

導電ゴム式と導電繊維方式のタッチペンは似たようなルックスと使われ方からあまり違いがないため、ここでは一緒に紹介させていただきますね!

第1位:エレコム タッチペン

まずは様々な周辺機器・アクセサリーなどを販売しているエレコムのタッチペンになります。

ペン先の高密度ファイバーチップ採用により軽い力で滑らかな操作が可能です。

第2位:Su-Pen タッチペン

こちらのタッチペンはゲームで使用することを前提に作られているため、軽量かつ重量バランスまで考えられているのでゲーム好きにはおすすめのタッチペンです。

第3位:MEKO タッチペン

こちらのタッチペンはペン本体が3本、2本のストラップ、交換用のペン先が3つがセットになっているとてもお得なタッチペンです。

ペン先はいずれ消耗するものなので交換用のペン先がついてくるのはとても嬉しいですね!

iPhone用のペン:ペン先毛筆タイプのおすすめベスト2

毛筆タイプのタッチペンは毛の長さで用途や反応速度が変わってきます。

オススメは毛が長すぎず、短すぎないタイプです。

第1位:ミヨシ スタイラス筆

こちらの磨耗しやすく傷みやすい毛先を保護するキャップもあります。

普段使いには少し不便かな、と思いきや導電繊維タイプのタッチペンも搭載しているため使い分けもバッチリです。

第2位:Pionero スタイラス筆

こちらのタッチペンはブラシでの操作も可能で、ブラシを使わない時はキャップをすればタッチペンとしても使えるので1本でブラシとタッチペンの2通り使い分けることができます。

iPhone用のペン:ペン先円盤タイプおすすめベスト3

ペン先円盤タイプは、ペン先の円盤が壊れる可能性が非常に高いため、変えパーツが付属していてそれほど高価でもない商品がオススメです。

使い方に慣れたら、用途に一番合うペンを買うといいでしょう。

第1位:aibow タッチペン ディスクタイプ

こちらのタッチペンはまるでボールペンのような書き心地に加えて、ノック式を採用しているのでキャップを取り外す面倒がありません。

第2位:MEKO タッチペン ディスクタイプ

こちらのタッチペンは太めのグリップがついているため、しっかりとホールドできるので安定した握り心地で使いやすくなっています。

第3位:Mixoo タッチペン

スマホゲームから普段使い、お絵かきまで幅広いシーンで使えるタッチペンです。使用している時も不快な音はでず、図書館などの静かな場所でも気軽に使用することができます。

また、このタッチペンはグリップ部分を滑りづらく加工しているため、長時間使用した際でも疲れが溜まりにくく、快適な作業を続けることが可能です。

iPhone用のペン:電源搭載タイプおすすめベスト3

電源搭載タイプは充電して使用するタイプと、電池を入れて使うタイプの2種類があります。

ですが、電池を入れて使うタイプは電池を入れる分太くなってしまうので充電式がオススメです。

第1位:Abida タッチペン 極細

カーボンナノファイバーで作られたペン先によって、操作性、耐久性にかなり優れたタッチペンです。

1回のフル充電で約12時間使用することができるので、安心して使用できます。

さらに1年保証がついているという嬉しい特典もあります!

第2位:ミヨシ MCOタッチペン

こちらのタッチペンは17gと軽量型+角ありタイプなので手に馴染みやすく、鉛筆で書いているような感覚で使えます。

こちらも自動OFF機能つきなので、無駄に電力消耗する心配ナシ。

第3位Adonit Dash3 スタイラスペン

こちらのタッチペンは磁気吸着式充電が可能で付属のUSB充電ホルダーを使用して45分で充電が完了し14時間連続使用が可能です。

まとめ

iPhone用のペンはその用途によってペン先の素材やタイプが異なります。ぜひこの選び方を参考にして、自分にあったタッチペンやスタイラスペンを選んで、ストレスなくiPhoneを使いこなしていきましょう。

コメントを残す