iPhone対応SONY Bluetoothスピーカーの評判とメリット・デメリット!

この記事は約 8 分で読むことができます。

音楽といえばSONY。そんなSONYのiPhone対応Bluetoothスピーカーについてまとめました。

iphone-sony-bluetooth

かつて、外出先で自分の好きな音楽を聴くには、喫茶店でジュークボックスを使ったり、ラジオに電話でリクエストして採用されるのを祈るしかありませんでした。

海外ではラジカセを持ち運んで、電車の中でも遠慮なくスピーカーから好きな音楽を楽しむような文化もあったようですが、日本では流石にそれは無理。

そんな世界を変えたのが、手のひらサイズの筐体にイヤホンを挿して好きな音楽を楽しめる製品、そう、ウォークマンです。

以来、音楽系の家電といえばSONYというイメージが、今日まである程度定着しています。(少なくとも日本では。)

このような歴史的経緯があるので、iPhoneで使うBluetoothスピーカーも、SONYはたくさん製品化しており、人気を博しています。

そこで、今回はSONYから発売されているiPhone対応のBluetoothスピーカーについて、その評判やメリット、デメリットについて触れてみましょう。

Sponsored Links


ワイヤレスポータブルスピーカー Bluetooth対応 防水仕様 ホワイト SRS-X1

sony-speaker

SONYのBluetoothスピーカーのなかで、恐らくいちばん知名度が高いのが、この製品でしょう。

卵型の珍しい形状で、本体上部に高音質なスピーカーを搭載しています。

価格は7,480円から(Amazon / 記事執筆時点)とリーズナブル。

コンパクトで場所も取らないので、プレゼント用途やBluetoothスピーカーの入門用としても最適です。

メリット

  • 卵型で場所を取らないので、様々な場所で使用できる。
  • 手のひらサイズなので、キャンプや旅行など、外出するときにも気軽に持っていける。
  • 4種類のカラーから選べる
  • 防水仕様(IPX5/IPX7)なので、お風呂や台所用スピーカーとしても使うことが出来る
  • 充電池内蔵型で、最大12時間再生可能。
  • NFC搭載のAndroidスマートフォンの場合、ワンタッチ接続が可能。
  • ハンズフリー機能搭載
  • 同じスピーカーを2台接続して、ステレオスピーカーとしても使用可能。
  • 充電式なので、別途バッテリーを持ち歩く必要がない。

デメリット

  • 完全防水ではないので、長時間水に浸したり、45度以上のお湯に浸すことはできない。
  • 防水の対象は真水、水道水、雨水なので、海や温泉、プールの水や石鹸水などは対象外となる。
  • 充電式なので、外出先でバッテリー切れを起こすと面倒。(乾電池を交換してすぐに復活といったことができない。)
  • Bluetoothのバージョンが最新ではない

Amazonレビューでの評価

Amazonのレビューでの評価を総合すると、概ね高評価で満足しているユーザーが多いようです。

もちろん、高価格な高性能機には敵いませんが、それでもこの価格であれば十分納得行く性能でしょう。

また、小型の割にバッテリーのもちも良く、スピーカーにパワーがあるといった声も見られました。

ソニー Smart Bluetoothスピーカー BSP60

ソニー スピーカー

SRS-X1をさらに強化したモデルです。

シックなブラックのボディの上から、傘のようにスピーカーが飛び出しているスタイルは、某ロボットアニメに登場したボール型ロボットのよう。

しかも、未来的なのはそのフォルムだけではありません。

なんと、この機種は専用アプリと組み合わせることで、音声で指示することで、曲を再生したり、天気やスケジュールなどを読み上げてもらうことも可能。

防水機能非搭載であることを除けば、非常に面白いBluetoothスピーカーと言えるでしょう。

メリット

  • 音声認識で曲の再生や天気、スケジュールの読み上げ機能などを利用できる。
  • 未来的で格好良いデザイン
  • ハンズフリー通話機能対応
  • 再生中の曲に合わせてスピーカー本体が動く「ミュージックダンス」機能を搭載。
  • 全指向性マイクなので、スピーカーの周囲360度のどの角度から話しかけても認識してくれる。
  • Bluetoothスピーカーとしては小型軽量なので、外出先でも使用できる。

デメリット

  • 防水非対応
  • Bluetoothのバージョンが最新ではない
  • 対応音声コーデックがSBCのみ
  • 音声認識機能を使うには、スマートフォン側に専用アプリをインストールする必要がある。

Amazonレビューでの評価

星の数自体は比較的高めですが、アプリ側の機能不足などが指摘されています。

製品自体は悪くないものの、価格に対して相応の機能となっているかというと微妙という声がありました。

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー Bluetooth対応 ブラック SRS-X11

ソニー

冒頭で紹介したSRS-X1の正統後継機といった感じのモデルです。

前作が卵型だったのに対し、こちらは正反対の立方体。ルービックキューブのようなカクカクっとしたイメージです。

カラーは全5色。

価格は7,980円から(Amazon / 記事執筆時点)と、この手のスピーカーとしては比較的リーズナブルな部類に入ります。

注意が必要なのは、こちらのスピーカーも防水非対応という点。

残念ながらお風呂などでは使えませんが、コンパクトなので寝室や仕事部屋などに置いておくのが似合うかもしれません。

メリット

  • ストラップ付きで気軽に持ち運べる
  • 小型ながら高出力の10W
  • パッシブラジエーターを2台搭載して、小型ゆえの低音域の不足をカバー。
  • 角を滑らかにして、無駄な音の反射を減少。
  • 充電式バッテリーを搭載
  • 約4時間の充電で約12時間連続再生可能
  • マイク内蔵で接続したスマートフォンで通話機能を使用することも可能

デメリット

  • カクカクしたデザインなので、カラーによって男性向け、女性向けがはっきりと分かれる。
  • 充電式バッテリーなので、出先でバッテリー切れを起こした時に、乾電池を使うことが出来ない。
  • 充電時間が長い
  • 防水機能非搭載なので、お風呂での利用はできない。

Amazonレビューでの評価

レビューは概ね高評価。

サイズも小型で、しっかりした作りになっていると声がある反面、SRS-X1よりも音質が若干良くなった程度といった声もありました。

また、実際の使用時間も「車内のような雑音の大きな環境で使うと、音量を上げる必要があり、12時間ももたないといったレビューも。

必要以上の期待は禁物ということでしょうか。

SONY XB2 ワイヤレスポータブルスピーカー Bluetooth対応 防水対応 ブラック SRS-XB2

sony-speaker

防水非対応機種の紹介が続いたので、最後に防水対応型の機種をご紹介しておきましょう。

こちらのSRS-XB2は、やや大型ながらも防水(IPX5)に対応し、お風呂やキッチン、アウトドアの現場など、さまざまなシーンで活用することが出来るBluetoothスピーカーです。

また、これは再生するスマートフォン側も対応している必要があるのですが、高音質コーデックのLDACに対応しているので、普通のBluetoothスピーカーよりも高音質で再生することが可能です。

radikoなどのネットラジオ再生用ならここまでの性能は不要でしょうが、対応した機材で高音質に音楽を楽しみたいという方にお勧めです。

メリット

  • 防水対応(IPX5)
  • 対応機種と組み合わせれば、より高音質で楽しめる。
  • 充電式バッテリー採用
  • 最大12時間再生可能
  • 他の小型機には敵わないものの、無駄に大柄というわけでもない。

デメリット

  • 高音質再生は対応機種と組み合わせなければ使用できない
  • 充電式バッテリーなので、外出先でバッテリーが切れても乾電池を使用できない。
  • 石鹸水やプールの水、温泉や海水など、防水機能が保証されないケースがある。
  • 手のひらサイズよりは大きいので、小さなスペ―スに置いたり、鞄に入れて持っていくには少しハードルが高い。

Amazonレビューでの評価

概ね高評価です。

ある程度大きな音量でも再生できるので、出力の小さい物よりも扱いやすいといった声が目立ちました。

その一方で、低い音量で再生すると、音が篭ってしまい聞き取りづらいという声も。

ネットラジオを自宅で聴くなど、そこまで音量が高くなくても良いケースの場合、注意が必要かもしれません。

まとめ:他にも色々!気に入った一品を探してみよう

というわけで、今回はiPhone対応のSONY製Bluetoothスピーカーについて、代表的な機種の評価やメリット、デメリットをまとめてお届けしました。

今回ご紹介した機種以外にも、SONYからは多くのiPhone対応Bluetoothスピーカーが発売されています。

是非、みなさんのお気に入りの1台を探してみてくださいね。

それでは、快適なiPhoneライフを♪

この記事と一緒によく読まれる記事はコチラ

▶︎音質最高!iPhoneのbluetoothスピーカーおすすめランキング2016年版
▶︎iPhoneのスピーカーが故障?!音が出ない原因と5つの対処方法とは?
▶︎【2016最新】iPhone対応BluetoothスピーカーBOSEvsJBLを徹底比較!

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す