iPhoneのおすすめセルカ棒ランキングTOP5!

この記事は約 10 分で読むことができます。

iOS・Android用自撮り棒のおすすめ人気商品をランキングで紹介。iPhone7・iPhone8対応で一番人気商品も。安いだけじゃNG!有線タイプや三脚タイプなど自分に合うセルカ棒を「選ぶポイント・使い方」も掲載。

セルカ棒,自撮り棒,おすすめ

自撮り棒おすすめ人気ランキングTOP5

ここでは筆者が個人的にオススメできるセルカ棒を5つ紹介します!

特徴などもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位:rakum 自撮り棒 スマホ 三脚

セルカ棒,三脚

「コンパクト・三脚機能・伸びる・手軽」すべてを求める人向け

セルカ棒で最も基本的、かつ人気な

  • コンパクトに折りたためる
  • 三脚になる
  • 長く伸びる

の3つを網羅したセルカ棒です。

さらに高級アルミニウム合金素材を使用することで、丈夫さを高め、耐久性を持たせつつコンパクト性能を損なってしまうような重さではないというのも魅力の1つです。

撮影はBluetoothを使用するタイプですが、相場と比較してみると機能性の割にかなり安いです。

タイプ無線シャッタータイプ
対応OSiOS 6.0.以上 / Android 4.2/Bluetooth 3.0以上に適用
重さ235g
長さ20cm〜100cm

第2位:Wsiiroon 自撮り棒 Bluetooth セルカ棒 無線

iPhone,セルカ棒,オススメ

超コンパクトで高性能、そして安心を求める人に

折りたたんだときに直方体状になるセルカ棒で、かなりスタイリッシュ

iPhoneを固定する部分がむき出しにならないので、カバンの中に入れても引っかかることや他の機材を痛めることがありません

ホルダーは回転式なので、iPhoneを縦向きでも横向きでも固定することができます。

また、1年保証つきという優れもの!

安心できて、さらに高性能なのでセルカ棒としてはかなりオススメできます。

タイプ無線シャッタータイプ
対応OSAndroid 4.2以上/iOS 5.0.1以上/Bluetooth機能搭載スマートフォン
重さ132 g
長さ73.6cm〜16.8cm

 

第3位:防水性能搭載セルカ棒

水中写真でインスタ映えを狙いたい方へ

こちらのセルカ棒はなんと防水性能を搭載しています。

先端についている防水バックの中にiPhoneを入れて、撮影します。

セルカ棒は手を離しても浮く仕様になっているので、iPhoneごと沈んでいく心配はありません。

またシャッターは防水のBluetoothシャッターを使用しているため、近距離遠距離どんな写真でも撮影することができます。

最長で56.5cmの長さにすることができ、先端も360度回転させることが出来ます。

シーンを選ばず、自由でインスタ映えする写真が撮れること間違いなしです!

タイプ無線シャッタータイプ
対応OSAndroid 7.0 / iOS 10.3.1
重さ125 g
長さ56.5cm〜23.5cm
防水性能IPX4相当

第4位:wevon 100cm自撮り棒 

iPhone,セルカ棒,オススメ

これ一つでクールになんでもこなせる!

三脚・セルカ棒・自立セルカ棒どれにでもなれる万能タイプです。

本体にはリモコンが取り付けられるようになっていて、なくす心配がありません。

またかなりしっかりした作りでかっこよく、男性にとってもオススメです。

  • 7段階の伸縮アームにより、好みの長さに調節できること
  • 三脚の脚に滑り止めがついており、撮影時に安定しやすいこと
  • スマホを固定する部分が360度回転すること

などユーザーの「これが欲しい」と思えるような機能性も抜群です。

タイプ無線シャッタータイプ
対応OSBluetooth 3.0以上/iOS5.0以上/Android4.2以上
重さ235 g
長さ100cm〜20.5cm

第5位:Gimpro スマホスタビライザー 3軸ジンバルスマートフォン手持ちジンバル

iPhone,セルカ棒,オススメ

超本格的な動画を目指したいあなたへ!

こちらのセルカ棒は見てわかる通り、本格的な手ぶれ補正や、画面をいちいちタップせずセルカ棒のボタンで操作できるようになっている超本格的なセルカ棒です。

用途としては写真メインというよりも動画メインになりそうです。

自分で動画編集をしたいという方や、思い出のビデオを美しく撮影したい方にオススメです。

  • 三脚に取り付けることが出来る
  • ボタン操作でズームイン/アウトが調整できる
  • 充電しながら使うことができる

など機能性にも優れていますが、伸ばすことが出来ません

ディズニーランドなど、セルカ棒を伸ばすことが出来ない場所での撮影などにはとっても優秀な製品です。

タイプ有線シャッタータイプ
対応OSiOS:10.0以後
iphone5S以後(iphone5Sを含む)
Android:5.0以後
HUAWEI/VIVO/XIAOMI/OPPO
重さ465g
長さ28.9cm




セルカ棒(自撮り棒)選びで失敗しない!必須ポイント

友達や家族と、大切な瞬間を逃さず、しっかり撮影したいですよね。

しかし持っていくセルカ棒を間違えると、その瞬間を逃すことに・・・。

特にディズニーランドなどの遊園地系では「特定のセルカ棒の持ち込みを規制」していることもあるので要チェックです。

➡関連記事:ディズニーランドでセルカ棒が禁止の理由は?持ち込んだら即退場?!

まずは、しっかりとセルカ棒の選ぶポイントを押さえておきましょう!

撮影のタイプ

セルカ棒の撮影タイプは3つあります。

①シャッターなし

シャッターなしモデルは、iPhoneのセルフシャッタータイマー機能を使って撮影します。

構造はiPhoneを固定する部分がついているだけのただの棒のようになっています。

が、このシンプルさがほかセルカ棒よりも圧倒的に安い理由です。

②有線シャッター

有線シャッターモデルは、iPhoneとセルカ棒をイヤホンジャックやライトニングコネクター端子で接続して使用するモデルです。

グリップ部分にシャッターがついており、自分の好きなタイミングで撮影することができます。

ただしこちらのモデルには注意点があります。

それは

  • iPhoneの最新機種にはイヤホンジャックが搭載されていない。
  • ライトニング端子接続するタイプは、iPhoneを充電しながらの撮影ができない

ということです。

せっかく買ったのに使えないなんてことがないように、ご自分のiPhoneをしっかり確認しておきましょう。

イヤホンジャックを搭載していないiPhoneは、iPhone7以降の機種です。

イヤホンジャックがないiPhoneを使っている方や、出先で常にバッテリーが不安な方には、次の無線Bluetoothシャッタータイプをおすすめします。

無線Bluetoothシャッター

こちらは最初に紹介した「シャッターなしモデル」と似たようなルックスをしています。

が、「シャッターなしモデル」にはなかったシャッターボタンがグリップ部分に搭載されています。

名前の通り、iPhoneとセルカ棒をBluetoothで接続し、シャッターボタンを有効化します。

この無線Bluetoothシャッタータイプのセルカ棒は、現在の主流となっているモデルです。

最新のiPhoneにはイヤホンジャックがないということも理由の一つなのですが、ほか2つのモデルよりも圧倒的に見た目がスッキリして、利便性に優れています。

ただし

  • 充電式、もしくは電池式なのでセルカ棒の充電が切れると使えない
  • ほか2モデルに比べると、価格が高め

という点がディメリットです。

セルカ棒の重さ

セルカ棒は基本iPhoneを取り付けた上で、片手操作することが基本です。

なので、あまりにしっかりとした作りだと片手が疲れてしまい、使うことにだんだん嫌悪感が出てくるようになります。

長く使える丈夫なものを購入することも大事ですが、素材が少し安物でも軽いものを選ぶといいですよ。

セルカ棒の場合、安物であろうと高級品であろうと、大事なのはそれ自身ではなく、あくまでiPhoneで気軽に撮影できることが最重要項目です。

セルカ棒のコンパクトさ

セルカ棒はiPhoneを先端に取り付け、長ーく伸ばして使用します。

その反面使用しないときは、折りたたんでコンパクトにできることが重要になります。

これによりいつでもどこでも持ち歩くことができて、シャッターチャンスを逃すことがありません。

具体的には最長で70cmのものが、折りたたむと17cm程度に収まるものベストです。

長く伸びすぎても耐久性が落ちてしまうので、ほどほどがいいですよ。

セルカ棒の長さ

セルカ棒は長いほど、より多くの人数や背景を写すことが可能ですが、長すぎるのも注意です。

なぜなら耐久性が下がってしまうこともそうなのですが、長さによっては撮影を禁止しているところもあるからです。

中でもディズニーランドは、セルカ棒に対して厳しく、ある一定以上の長さのセルカ棒の使用が認められていません。

ディズニーランドでセルカ棒が禁止の理由は?持ち込んだら即退場?!

対応OS(iPhone・Android)

セルカ棒は基本的にiOSのバージョンにも依存しませんし、Androidでも使えることが一般的です。

ですが中には対応OSを限定しているものもありますので、購入前にしっかり確認しておいてください。

プラスαのスペック

需要拡大に伴い、現在では多くのセルカ棒が発売されています。

競争が激しいなか、独自性を出そうと従来のセルカ棒に個性的な機能を備えたものもあります。

例えば

  • 三脚にすることができる
  • スマホだけでなくデジカメでも使用できる
  • シャッターライトを搭載している
  • ミラーがついている

など。

+αのスペックもなかなか魅力的ですので、即決前にもっと面白いセルカ棒がないか探してみることをオススメします。





iPhone7で使える自撮り棒【1位】

Apsung 自撮り棒 スマホ 三脚 ワイヤレス iphone用

iPhone,セルカ棒,オススメ





iPhone8で使える自撮り棒【1位】

Hihiccup セルカ棒 iphone Android 対応 bluetoothタイプ

iPhone,セルカ棒,オススメ





有線シャッターで使える自撮り棒【1位】

WERPOWER 自撮り棒 Bluetooth無線&有線兼用

iPhone,セルカ棒,オススメ





無線bluetoothシャッターで使える自撮り棒【1位】

Wsiiroon Bluetooth セルカ棒 

iPhone,セルカ棒,オススメ





とにかく安い!自撮り棒【1位】

Dizaul 新型ミニセルカ棒

iPhone,セルカ棒,オススメ





三脚付きの自撮り棒【1位】

Wevon 自撮り棒 Bluetooth 三脚 USB充電式 リモコン・シャッターボタン付き

iPhone,セルカ棒,オススメ

ドンキ・ホーテで一番売れてる自撮り棒

YouTuberの方もすごいと紹介していたのが、ドンキホーテのミラー/ライト付きのセルカ棒です。

ライトは3段階調整でき、回転することができるので、場所や光源を意識した撮影にぴったりです。

100円均一で一番売れてる自撮り棒

100円で本格セルカ棒!

100円ショップの中には、300円でセルカ棒を販売しているところもあるようですが、見た目以外は基本的に機能は一緒

コスパ重視の方にオススメです。

まとめ

今回はセルカ棒についてご紹介しました。

場所や雰囲気、撮影したい写真の感じなどから適切なセルカ棒を選びましょう。

特に、ディズニーランドに持ち込むセルカ棒は、サイズに注意して選ぶようにしてください。

現時点で販売されているiPhoneにはイヤホンジャックがありません

セルカ棒を購入する際は有線シャッタータイプで大丈夫か確認しておきましょう。

無線シャッタータイプはOSに依存する場合がありますので、自分のスマホのOSと合わせてご確認ください。

【関連記事】




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す