【2020年版】iPhoneと合わせて使いたいiPhone対応キーボード7選!iOSだけでなくAndroid対応モデルも!

この記事は約 6 分で読むことができます。

iPhoneでの文字入力をサクサクしたい!そんなときに便利なのが、iPhoneと連携できるキーボード。ビジネスシーンで手軽に資料が作れたら、パソコンを持ち歩かなくてすみますよね。そこで、今回はiPhone対応のキーボードをご紹介します!

Sponsored Links


iPhone対応キーボードの魅力

iPhoneにキーボード?と思う方もいるでしょう。こんなに便利になったiPhoneになぜわざわざ外付けでキーボををつけるのか。実はビジネスシーンや、もしもの時に意外に役に立つのです。ここではiPhone対応キーボードのメリットについてご紹介します。

長文を打つのに便利

iPad,キーボード言語切り替え

iPhoneにキーボードを組み合わせるメリットとして、まず言えるのは文字入力のスピードアップです。「ケータイ打ち」であれ、フリック入力であれ、長文を素早く入力するのは慣れていないとなかなか難しいもの。それがキーボードでパソコン感覚で打つのであればスピードアップはそう難しくはないでしょう。

画面割れの時に。。。

iPhoneでよくあるトラブルとして「画面割れ」があります。画面割れは表層だけの軽いものから、クモの巣状にひび割れが入ってしまっている重度のものまであります。中には画面割れによって画面タッチが効かなくなってしまっていることも。そこで、事前に連携させておいたキーボードがあれば、キーボード経由で文字入力ができる可能性があります。ネットを見ることはできなくても、パスコードや認証コードの入力ぐらいはできるかもしれません。「必ず解決!」とまではいかないまでも、命綱は多い方がいいですよね。下記の記事もぜひ見てみてくださいね!

iPhone度重なる落下でタッチパネルが反応しない時の対処方法





iPhone対応キーボードの選び方

iPhone対応のキーボードは各社各メーカー様々な商品をリリースしています。今回はその中から自分にあった一点に出会えるように「iPhone対応のキーボードの選び方」をご紹介します。

コンパクトに折り畳みができるか

iPhoneとiPhone対応のキーボードをパソコンの代わりとしてメインに使う人はいないと思います。多くの人は出先のカフェで少し作業をするときや、急いで文書データを修正しなければならないときなどだと思います。そんな時に、大きなキーボードではそもそも持ち歩きに不便ですし、ちょっと直す程度のものであればテンキーなどいらず、コンパクトなもの、もしくは折り畳みができるものが良いでしょう。「メインではなくあくまでサブ」という認識が重要です。

iPhoneを立てかけておけるか

キーボードを選ぶ際は、ぜひiPhoneが立てかける物を選びましょう。iPhoneを立てかけるタイプであれば、ノートパソコンとまではいかないまでも、似た様な画面とキーボードの配置で文章をチェックしつつ作業ができます。iPhone対応のキーボードを使う時は急いでいる可能性もあります。せめて使い勝手として画面とキーボードの配置に関してはストレス少なめで作業したいですよね。





iPhone対応キーボード7選!

では、iPhone対応のキーボードを7つご紹介します。前半の4点はコンパクトですが折り畳みのできない物。後半の4点は折り畳みのできるタイプです。前者は後者に比べて折りたたむと喜雨の接続部分や折り曲がるものがないので、壊れにくい傾向があります。反して、後者は折りたたむ仕様上、部品が多く、それだけ壊れてしまうリスクがありますが、コンパクトに収納できて、ビジネス鞄の中でもかさばりません。詳しくは各商品の説明をご覧ください。

iPad/iPhone 用 マルチキーボード Bookey Plus

専用ショートカットキーでサクサク操作

サイズは比較的大きく、若干普通のテンキーなしのキーボードよりも小さいぐらいのサイズ感です。ただし、キーボードが小さすぎるとかえって打ちづらいという弊害もあり、この商品はコンパクトさと打ちやすさのバランスをとったモデルと言えます。

Logicool(ロジクール) iPad iPhone キーボード ポータブル iK1042BKA

静音・耐水設計でカフェでサックと作業にぴったり

コンパクトでいて、静音設計と耐水加工がほどこされているモデルです。打鍵が強めの方でも周りを気にすることなく作業ができ、またカフェなどで作業をしていてお水がかかってしまっても壊れる心配はありません。ビジネス鞄の中に入れていても邪魔になりにくいサイズ感なので、持ち運びもラクラクです。

Logicool(ロジクール) ワイヤレスキーボード K480BK

2年間の補償付きのサポートの手厚いモデル

3台まで同期でき、つまみの操作でスイッチが可能です。また、鞄の中で荷物に押されてしまうことのが多く、ふとした拍子に壊れてしまうことも。そんな時、このモデルは2年間の保証がついているので、サポート面を気にする方は検討してみてもいいでしょう。

オウルテック Bluetooth 折りたたみ式キーボード

【折りたたみ式】電源の切り忘れなし!

肝心な時に電池切れでキーボードが使えないのは非常に残念なこと。このモデルはその心配が要りません。畳むと自動的に電源がOFFになるので、ギリギリまで修正して、パッと閉じてもその時にはキーボードの電源は切れています。スケジュールが詰まり気味な方にこそおすすめなモデルです。

iClever Bluetoothキーボード

【折りたたみ式】レザー素材の大人アイテム

こちらはデザイン性が売りのモデル。PC周辺機器の多くは無機質でプラスチックの印象が強いでしょう。ところがこのキーボードは付属のカバーがフェイクレザー、本革ではないもののシックな風合いがあり、たとえ商談の場で出したとしても場違い感はありません。また、アイソレーション設計のため打ち間違いが起こりにくいのも嬉しいですよね。

ELECOM(エレコム) キーボード(TK-FLP01PBK)

【折りたたみ式】ペアリングをスイッチできる器用派

こちらは3台までペアリングでき、そのデバイス間を簡単にスイッチできる折り畳みタイプのキーボードです。iPhone、iPad、そしてAndroidやWindowsOSのデバイスを併用している、もしくは使用するデバイスの数が多い方にぴったりなモデルです。

iClever Bluetoothキーボード

【折りたたみ式】ペンケースサイズのコンパクト設計

今回紹介する商品の中で一番コンパクトに折りたためるモデルで、ビジネスバッグの中でもスペースを取りません。また、iOS、Android、Windowsのデバイスであれば3台まで同期することができるので、使い勝手も◎若干キーボードサイズは小さめなので、手が小さい方向けの商品と言えます。





iPhone対応キーボード関連の記事はこちら





まとめ

iPad,ソフトウェアキーボード

いかがでしたでしょうか。外出先にパソコンは持って行きたくないけど、作業はしたい。そんな人はこれらの選び方と商品を参考にしてみてはいかがでしょうか。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す