スマホで急速充電を行うデメリットは?対処法も紹介!

スマホで急速充電を行ったことはありますか。スマホの急速充電はとても便利ですが、デメリットや危険性もあります。ここではスマホの急速充電がどのようなデメリットや危険性があるのかについてやもしものときの対処法について紹介していきます。

スマホの急速充電と通常の充電の違いは?

スマホの急速充電はどのような機能であるか知っていますか。恐らく何も聞いしていない人のiPhoneやAndoroidのスマホの場合は、通常充電で行っている人がほとんどです。通常充電と急速充電にはどのような違いがあり、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは急速充電のポイントをちぇっくしながら、通常充電との違いについて確認してみましょう。もしかしたらあなたのiPhoneやAndroidスマートフォンは、急速充電すれば充電時間を短縮することができるかもしれません。

バッテリーに高い電力を供給することで充電時間を短縮

まずiPhoneやAndroidのスマホで急速充電を行うと通常のバッテリー充電と比べると充電時間を大幅に短縮できることがあります。これは急速充電を行うことでバッテリー充電時に高い電力を供給することで実現しています。そのためバッテリー最大容量が大きいiPhoneやandroid端末のスマホの場合は、急速充電を活用することで大幅にバッテリー充電時間を短縮することができる場合があります。しかしこのような急速充電を活用する場合は、バッテリーに高い電力を供給できる環境も準備する必要があることを覚えておきましょう。

充電にかかる時間は通常の半分~4分の1ほど

また急速充電を活用する場合と通常充電を活用する場合ではバッテリー充電時間にはどのくらい違いが発生するのでしょうか。一般的に急速充電と通常充電では、急速充電が約半分から4分の1程度バッテリー充電時間を短縮できると言われています。もちろんiPhoneやandroid端末のバージョンやスペックによってもこのバッテリー充電時間は変わってきます。逆に通常充電と急速充電とでバッテリー充電時間があまり変わらない場合もありますので急速充電を活用すれば必ずバッテリー充電時間が半分から4分の1程度短縮できるとは限りません。

急速充電を行うデメリットは?

ここまでは通常充電と急速充電の違いやポイントについてチェックしてきましたが、急速充電を活用するとバッテリー充電時間を短縮できる場合がありとても便利だと思った人も多くいるかと思います。しかしiPhoneやandroid端末で急速充電を使ったことでトラブルになった人やスマホが壊れてしまったという人もいます。ここではiPhoneやandroid端末で急速充電を活用することで発生する可能性があるデメリットや注意点について紹介していきます。今後iPhoneやandroid端末で急速充電を活用しようと思っている人は、まずここで紹介するデメリットをチェックしてから活用するをおすすめします。

バッテリーが劣化しやすくなる可能性有り

まずiPhoneやandroid端末のスマホで急速充電を活用するデメリットとしては、バッテリー劣化が激しくなる可能性がある点です。iPhoneやandroid端末のスマホは、長年利用していると徐々にバッテリー劣化が始まり、最終的にはバッテリー充電ができなくなり、スマートフォンの電源が入らなくなってしまう場合もあります。このバッテリー劣化ですが、実は急速充電を活用することでバッテリー劣化を速めてしまう可能性があることを知っていましたか。急速充電を活用することでiPhoneやandroid端末のスマホバッテリーを酷使してしまい、結果バッテリーが劣化して、バッテリー最大容量も少なくなってしまう場合があります。

発火や爆発の危険も

また急速充電を活用することで発熱や発火、爆発といったiPhoneやandroid端末のスマホが破損してしまうデメリットもあります。これは先程紹介したようにiPhoneやandroid端末のスマホに急速充電を活用するとバッテリーに高い高圧電力を流して、充電を行うため、想定よりも高いバッテリーが流れることでiPhoneやandroid端末のスマホが発火したり、爆発する可能性があります。iPhoneやandroid端末のスマホが爆発、発火すると身の危険もありますが、もちろん発火や爆発したスマホはデータが消えてしまい、2度と使えなくなってしまうデメリットもあります。このようなスマホの爆発や発火は、海外では意外とよく発生していますので、是非気を付けましょう。

同じ規格の製品を揃えないといけない