楽天モバイルのデメリットを詳しく解説!iPhoneでの使用方法も

次は楽天経済圏ならお得な点です。

楽天回線エリア内であれば料金的にもお得です。

また制限もかからないので楽天経済圏で使うことが原則となりますね。

[メリット]⑦今後の回線速度に期待できる

次は今後の回線速度に期待できる点です。

現在楽天回線エリアは

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪

に限定されています。

ただこれから先どんどん展開されていくので回線速度に期待ができます。

[メリット]⑧海外でも利用可能

次は海外でも利用可能な点です。

楽天モバイルでは

  • 北米:アメリカ本土、アメリカ(ハワイ)、カナダ、メキシコ
  • 南米:ブラジル、ペルー
  • ヨーロッパ:アイスランド、イギリス、イタリア、フランス
  • アジア:韓国、中国、台湾、フィリピン、インド
  • オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド
  • アフリカ:南アフリカ、モロッコ

など計66か国に対応しています。

[メリット]⑨実店舗がある

次は実店舗がある点です。

楽天モバイルでは実店舗が展開されています。

そのため修理やSIMカードの変更などを気軽にすることができます。

またアフターサポートなども受けることが可能です。

[メリット]⑩端末のラインナップが豊富

次は端末のラインナップが豊富な点です。

楽天モバイルで提供されているラインナップは

端末名製品価格(税込)/一括5G対応
Rakuten Hand20,000円
Rakuten Mini18,700円
Rakuten BIG64,980円
OPPO A7330,800円
OPPO Reno3 A39,800円
HUAWEI nova 5T59,800円
OPPO A5 202022,020円
OPPO Reno A 128GB38,800円
AQUOS sense3 lite25,980円
AQUOS sense3 plus37,980円
AQUOS R5G128,800円
arrows RX20,000円
AQUOS sense4 lite32,800円
AQUOS sense4 plus43,800円
Galaxy Note10+76,980円
Xperia Ace29,800円
Galaxy A718,700円
Galaxy S1071,980円

になっています。

[メリット]⑪キャンペーンが魅力的

次はキャンペーンが魅力的な点です。

楽天モバイルで提供されているキャンペーンとしては

  1. Rakuten UN-LIMIT Vお申し込み : 5,000ポイント還元キャンペーン
  2. Rakuten UN-LIMIT V対象製品購入 : 最大20,000ポイント還元

などがあります。

楽天モバイルの通信対応エリア

では楽天モバイルの通信対応エリアを見ていきます。

楽天モバイルの通信対応エリアはこちらに掲載されています。

自分のエリアが対応しているのかをチェックすることが可能です。

楽天回線とパートナー回線のどちらに接続されているか確認する方法