WiMAX(ポケットWiFi)のクレードルとは?できることや必要な人を徹底解説

WiMAX(ポケットWiFi)のクレードルとは?必要?使い方は?モバイルルーター契約時に迷った時の疑問を解決します。どんな時に使えるのか、必要な人と不要な人、おすすめの購入方法についてわかりやすく解説しています。

WiMAX(ポケットWiFi)クレードルとは

クレードルクレードル

クレードルとは携帯やWi-Fi、スマホタブレットなどを固定する台座のようなものです。

また、クレードルを使うことによって端末に直接ケーブルを刺さなくても充電データ転送ができたり拡張機器として利用できます。

スマホやタブレットのクレードルはなくても問題なく利用できますが、ポケットWi-Fiのクレードルは使える機能が増えるため購入を迷う方が多くいます。

そこで、ポケットWi-Fiで人気のWiMAXのクレードルの購入を迷っている方にクレードルについて紹介していきます。

WiMAX(ポケットWiFi)のクレードルでできることは?

充電

クレードルがあれば充電ケーブルを直接端末に刺さなくても、クレードルに置くだけで充電ができます。

所定の場所に置いておけば、充電忘れや紛失防止にも効果的。

クレードルの価格は3000円〜5000円ほどかかるので充電の目的のためだけに買うには少しもったいないです。

有線接続

クレードルはLANケーブルが差し込めるようになっており、有線LANがあればクレードルを使って有線接続ができます。

古いパソコンを使っていて、Wi-Fi接続ができない時に役立つ機能です。

Wi-Fiが接続ができるパソコンでも、接続が途切れてしまうような時にクレードルを使った有線接続にすることでネットに繋がりやすくなることもあります。

無線環境を作る

有線LANケーブルをクレードルに差し込んで繋げることで、無線環境を作ることができます。

有線LANケーブルしかない状態の中で、複数の端末をインターネットに繋げる時にとても便利!

クレードルはWi-Fiルーターとしても利用できるのです。

電波を受信しやすくなる

ポケットWi-Fiをクレードルに置くことで直立し、端末の周りに空間ができるため、電波を受信しやすくなります。

また、端末によってはアンテナ内蔵型のクレードルもあり、アンテナによって電波を安定させることができるので、室内や電波が弱いところでも繋がりやすくなります。

WiMAX(ポケットWiFi)のクレードルが必要な人と不要な人

コメントを残す