ポケットWi-Fiや海外Wi-Fiレンタルの仕組みを解説!

皆さんはポケットWi-Fiや海外Wi-Fiレンタルの仕組みを熟知していますか?

実は仕組みを理解していれば得をすることもあります。

そこで今回は、ポケットWi-Fiや海外Wi-Fiレンタルの仕組みを徹底的に解説していきます。

ポケットWi-Fiは持ち運び可能な通信機器

まずポケットWi-Fiは持ち運び可能な通信機器です。

そしてWi-Fiとはいったい何なのでしょうか。

Wi-Fiとはコンピューターやスマホなどの端末を無線でネットワークにつなげる技術のことです。

Wi-FiはWireless Fiidelityの略称でワイファイと呼びます。

このWi-Fiを利用するためにはWi-Fiルーターというものが必要になります。

Wi-FiルーターはWi-Fi機器と電波の送受信を行うための機器となっており、無線LAN親機ともいわれています。

Wi-Fiを利用すればスマホの写真をプリンターで印刷することも可能で、あらゆることができることに驚くでしょう。

様々なWi-Fi対応家電と連携して遠隔からスイッチをONにしたりOFFにしたりするなどもできます。

他にも

  • 画像や動画などを共有できる
  • 録画した番組を別の部屋でも楽しめる
  • ネットワーク対応ゲームをエンジョイできる
  • レコーダーなどをスマホで操作することができる

などがあります。

ただWi-Fiと混同されがちなものとしてLANがあります。

LANというのは「Local Area Network」の略称で限られたエリア内でパソコンなどの機器同士をケーブルでやり取りを行える便利なものなんです。

Wi-FiとLANの違いとしては以下が挙げられます。

Wi-Fi有線LAN
設置性
電波が届く場所ならどこにでも設置できます。さらに中継用の機器を使って電波の範囲を簡単に広げられます。ケーブルを使用しないので工事も必要ありません。ケーブルが届く範囲に設置できます。場合によっては工事が必要です。
速度
最大9.6Gbps※(規格値)でのデータ転送が可能。一般的な家庭用商品は最大4.8Gbps※(理論値)の通信速度です。
※転送する機器同士が対応している場合に限ります。
最大10Gbps※(規格値)でのデータ転送が可能。
※転送する機器同士が対応している場合に限ります。
設定
ワンタッチで自動的に設定できます※。接続する機器によっては暗号キーの設定を手動で行う必要があります。
※AOSS/WPS対応機器が対象
ケーブルで機器同士を接続すれば利用可能。場合によっては機器ごとに手動で設定する必要があります。
対応機器
スマホやタブレット、ゲーム機などのWi-Fi対応機器とLANポートを搭載したパソコンやデジタル家電など、ネットワーク対応したほとんどの機器を接続できます。パソコンやデジタル家電など、LANポートを搭載したネットワーク対応機器を接続できます。

ポケットWi-Fiの通信の仕組みはスマホと同じ

またポケットWi-Fiの通信の仕組みはスマホと同じなんです。

ポケットWi-Fiの通信の仕組みを理解するのは難しいように見えて意外と簡単。

そこでポケットWi-Fiの通信の仕組みについて見ていきましょう。

Wi-Fiの仕組み

まずはWi-Fiの仕組み。

Wi-Fiはもともと登場する前には無線LANに統一の規格が存在しませんでした。

そのためメーカーが異なると相互に通信をすることができないという問題が発生。

しかしその問題を解決したのがWi-Fiなんです。

Wi-Fiが登場したことによりWi-Fi認証をしている通信機器を使えば異なるメーカーでも相互通信が可能に。

これによりWi-Fi規格と無線LANという仕組みは急速に普及していくこととなります。

普及した結果家や職場にいてもパソコンやスマホをインターネットに接続することができるようになりました。

正直Wi-Fiが通っていない場所なんて地下くらいでしょう。

そのレベルでWi-Fiが普及しているんです。

ただインターネット通信を行うためにはWi-Fiルーターだけでなく回線もセットで必要。

フレッツ光などのサービスを活用して光ファイバーケーブルを引き込むことでインターネット通信が可能になっています。

少々面倒な作業は発生しますがWi-Fiを使えるメリットと思えば楽でしょう。

ポケットWi-Fiの仕組み

ではポケットWi-Fiの仕組みを見ていきましょう。

ポケットWi-Fiは光回線とは違い、ケーブルを必要としません。

その理由はポケットWi-Fiが利用している回線にあります。

実はポケットWi-Fiの回線は携帯電話が使用している「移動体通信回線」というものを使っています。

これは4GLTE回線などが該当しポケットWi-Fiもそれを活用。

通信業者がそれぞれ独自に設置している基地局からの電波をポケットWi-Fiがキャッチし、Wi-Fiを使えるようにしているんです。

この基地局の電波を使用するには

  • 通信業者
  • MVNO事業者

との契約が必要。

契約すればSIMカードが送付されてくるのでポケットWi-Fiに挿入するだけでOK。

スマホと同じ仕組みです。

ポケットWi-Fiを使うメリット

ではポケットWi-Fiを使うメリットを見ていきましょう。

ポケットWi-Fiを使うメリットにはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

【メリット】①持ち運びが自由

まずは持ち運びが自由なことです。

ポケットWi-Fiはその名の通りポケットに入れて持ち運びをすることができます。

どこでも持ち歩けるWi-Fiというイメージですね。

そのため家で作業をしているときでも外でタブレットを使っているときでもどんな時でも利用することができます。

ポケットWi-Fiを持ち歩くことでノンストレスでスマホを触れるということですね。

【メリット】②回線工事が不要