Pornhubはウイルス感染するの?感染の確認方法と安全な使用法

無料で使える「Pornhub」とても高画質ですが、安全面は大丈夫なのか?またウイルスに感染しないための対策法はあるのか?気になりますよね。ここではいくつかの視聴法と、ウイルスの対策法についてまとめていきましたのでご覧ください。

 

「Pornhubは正しく使えばウイルスの心配なし」

 

Pornhub(ポルノハブ)は2007年5月25日に設立されたカナダの無料でアダルト動画を視聴することのできるサイトです。youtubeに次いで世界で第2位の動画共有サイトで様々なアダルト動画を検索することができ、日本でも人気のサイトになっています。

基本的に「Pornhub」で動画を視聴することに関しては危険なウイルスに感染する心配はないと言えます。ですが、広告の表示が非常に多いためそこをクリックすると別サイトに飛ばされることはあります。

そこで今回はその危険性についてや違法性、広告の種類や対策法についてなどをまとめてみましたので次をご覧ください。

 

 

 

広告からウイルス感染してしまう

 

 

 

Pornhubの広告による情報は多数上がっており、視聴者の興味を惹くような画像などで誘導をしていることが多いです。

急に画面が重くなり、派手なアダルト画像が急に出てきたり、ワンクリック詐欺のサイトなどにも誘導されることがあるそうなので気を付けましょう。公式だと思わせるようにして載せられている広告などもあり騙されやすいので注意しましょう。

 

 

 

Pornhubを安全に利用する方法

 

ここからはPornhubをより安全に利用するための方法と注意するべき点などをまとめていきましたのでご覧ください。

①広告のクリックは絶対にしないこと

このようなサイトで動画視聴をしようとすると必ずと言っていいほど出てくるのが、この広告です。

当然、視聴者が見たいと思うような見ごたえのあるものであったり期待を抱かせるものが非常に多いですが、そこはグっとこらえて見ないようにすることで、ウイルスに対する危険性をほぼないものとすることが出来ます。

ここからは広告の種類についてご説明していきます。

Pornhubの広告の種類

「動画の隣や下部の怪しいバナー広告」

誤クリックなどをしないように注意が必要です。PCで視聴されている方はよっぽど大丈夫だと思いますが、スマホの方だと誤ってタップしてしまうことや接続されてしまうことなどもあるのでお気を付け下さい。

興味本位でタップしてしまうとウイルスに感染してしまうおそれがあり非常に危険です。
※PC版の場合だと動画のすぐ隣にあることが多いです。

 

「ポップアップ広告」

この広告をクリックしてしまうと、ほかのサイトに飛んでしまいウイルスに感染してしまう危険性があるため、もし開いてしまった場合の対処法としてはすぐに消した方が良いです。

悪意のある、無いにかかわらず、不用意にクリックをするのはやめた方がいいと言えるでしょう。

後で問題が発生したり取り返しがつかなくなる可能性があるので気を付けましょう。

 

「バナー広告」

この広告をクリックしてしまうと架空請求サイトや登録した覚えのないサイトの入会手続きの完了画面に飛んでしまうことがあります。動画視聴をする際などに毎回出てくる広告になります。

ここでもまず対処法は、落ち着いてページを戻る又は消すことが最善だと言えるでしょう。

それでもずっと表示されてしまう場合は専門家に相談しましょう。

このようなサイトにもし万が一メールなどを送ってしまうと、しつこく詐欺サイトから脅迫まがいのメールが届いたりすることがあるので絶対にしてはいけません。

 

②変な画面が出たら、基本無視

 

 

それに関わることにより、危険性があったり安全性に欠けると思うものは、下手に触らずに無視をした方がよいでしょう。触ってしまうことで危害が加わる可能性もあります。

また、もし触ってしまった場合は無理に触らずに専門家に相談した方が良いでしょう。

下手に触ってしまうことで故障などにもつながります。

③プレミアム会員になる

 

 

広告から全て開放され安全かつ快適に動画を視聴できるようになります。

月額料金はかかりますが、フルHD画質で動画が視聴できるようになったり、独占作品などもあり、毎日作品が追加されていくなどメリットも多いのでおすすめです。

初回は7日間の無料トライアルを試すことが出来ます。

 

ただこちらでもスパムメールは頻繁に送られてきますので、特にメールを見ることもなく、多くて困ってしまう場合はメールの受信拒否設定をするなどすればこの問題は解決出来ます。

また、Pornhubを装った他の業者などに間違えてメールを返信しないよう注意が必要です。(それが原因となり、ウイルス感染や架空請求メールに繋がる恐れがあります)

 

 

④アンチウイルスソフトを入れる