高精度なAI翻訳&モバイルWi-Fiルーター「AI air」をご紹介

高精度なAI翻訳とモバイルWi-Fiルーターが合体した「AI air」

今ネット上でも話題沸騰中の商品となっています!

そこで今回は「AI air」の機能や開発のきっかけなどをみていきましょう。

高精度なAI翻訳とモバイルWi-Fiルーターを兼ね備えた製品「AI air」

「AI air」は、CloudSIMシステムを搭載しているポケットWi-FiルーターでありAI翻訳機となっています。

内蔵しているe-SIMが地域ごとに最適な通信を自動的に確立させ、世界80か国以上の地域で何の設定もなく使用することができるのが特徴です。海外旅行や出張、外国人旅行客への貸し出した接遇などに「AI air」は非常に役立ちます。

商品ページはこちら

製品開発のきっかけ

「AI air」を製作した会社では、音声文字起こしや辞書、翻訳など数々のAIテクノロジーを開発しております。その過程でそれらAIサーバーをいかにコンシューマー向けに展開するのかが議題となったときがありました。

どこにいても安定してAIサーバーと通信できる仕組みを検討した際に「CloudSIM」が最適であるということがわかりました。

このCloudSIMを使用し、実際に旅行者向けレンタル実績もあるTGT社の通信システムを採用して生まれたのが「AI air」となります。

翻訳の精度

「AI air」は何度も日本語を母語として双方向翻訳の試験を繰り返しています。AIにフィードバックしているので音声ガイダンスも当然ながら日本語化されています。

CloudSIMにも日本国内でも海外でも安定して使用できるよう、実仕様試験に基づいて最適化しています。

かなりの精度だということがわかります。

必要な機能をコンパクトに、そしてシンプルに

また「AI air」には「持ち運びしやすく、シンプル操作で使いやすく、十分な容量のバッテリーを備え、どのような環境でも安定して使用できる」という要求にこたえています。

さらには「AI air」にはディスプレイを呼び出しiPhone同様使えるところも良い点として挙げられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「AI air」はAIエンジンを活用し翻訳だけでなくAppleのSiriのようなAI音声アシスタントを中国では実装済みです。

日本市場での販売状況に応じ機能が搭載されていくようなので期待して待ちましょう!

関連する記事