【AirPodsPro】操作方法解説!AirPodsと何が違う?

ではAirPodsProとAirPodsの違いを見ていきましょう。

AirPodsProとAirPodsではどちらがおすすめなのでしょうか。

デザイン

まず違いはデザインです。

インナーイヤー型とカナル型

2つはインナーイヤー型とカナル型になっています。

これに関してはどちらが優れているというわけではありません。

あくまで個人的に好きな型を選べばいいと思いますね。

耐水性

次の違いは耐水性です。

耐水性に関しては以下の通りです。

AirPodsProAirPods
耐水性IPX4X

 

IPX4では10分間水をかけても何ら影響がないレベルです。

ただ洗濯をしてしまうとちょっとやばいかなという印象です。

またAirPodsProには1年間の製品保証が付いていますが水没は対象外です。

なので両方耐水性はあるがそこまで強度のあるものではないことがわかりますね。

ノイズキャンセリング

次の違いはノイズキャンセリングです。

ノイズキャンセリングに関してはAirPodsProが勝利です。

AirPodsにはノイズキャンセリング機能は付いていません。

AirPodsProのノイズキャンセリングでは外部音を遮断することができるので仕事に集中したい際などに使える機能ですね。

AirPodsProで仕事をする機会も増えているのでこれからの時代には必須アイテムではないでしょうか。

イヤーチップの交換

次の違いはイヤーチップの交換です。

イヤーチップに関してはAirPodsProは自由にサイズを選べるようになりました。

AirPodsにはイヤーチップという概念すらないのでこれもAirPodsProの勝利でしょう。

AirPodsProのイヤーチップは内側に向けて細くなっているので通気が圧力を均一にしてくれます。

その結果何もつけていないような感覚を味わうことができるのでAirPodsProが人気の理由になっています。

感圧センサー

次の違いは感圧センサーです。

AirPodsProには「感圧センサー」を長押しすることでノイズキャンセリングお外部音の取り込みを切り替えするっことができます。

なのでAirPodsProには「感圧センサー」は必須だといえますね。

性能ならAirPodsPro

以上の点から性能を重視するなら断然AirPodsProです。

AirPodsProのノイズキャンセリングがなんといっても最強なんですね。

AirPodsProが一つあれば音楽からライフスタイルまですべてカバーしてくれるといっても過言ではありません。

コストを抑えたいならAirPods

ただAirPodsも捨てきれません。

AirPodsProは性能が良い分高価なものになっています。

なのでコストを抑えたい方はAirPodsがおすすめです。

まとめ