iPad向けコントローラーおすすめ5選。人気ゲームもこれ1つでプレー可能

スポンサーリンク

iPadは画面が大きいので、ゲームも臨場感たっぷりに楽しめます
Apple製品なので画面の画素数は細やかできれいですし、iPadでテレビと同じようにゲームができたらなと考えている人も多いのではないでしょうか。
きれいな画面でフレンドと通話しながらゲーム、一人でじっくりと腰を据えてゲームするなど、ゲームの楽しみ方は人それぞれだと思います。
iPadでもそれができれば、ゲームの楽しみ方は更に大きく広がります!
そうは言うけどiPadのゲームはやりたいとは思うし楽しいけど指で操作しないといけないから操作性が自分には合わない・・・と考えてる方もいると思います。
そこで今回は、指での操作に慣れていない方やテレビゲームと同じような操作でiPadでゲームを楽しみたいという方のために、iPad対応のコントローラーをご紹介していきます!

iPad対応のコントローラーとは?

iPadでコントローラーを使う場合、MFI対応コントローラーを買いましょう。
MFIは「Made for iphone/ipad/ipod」の略称で、MFI対応コントローラーとは、iPhone、iPad、ipodに対応したコントローラーのことを指します。MFI認証済みは、Apple公認済みを意味します。
iPadでコントローラーを使いたくて買ったけど、対応していなくて使えなかったという悲劇を生まないためにも、欲しいコントローラーはMFI対応コントローラーなのかという点は必ず確認してから購入していかなければなりません。


iPad対応のコントローラーの選び方

どの様なコントローラーがiPadでの使用に適しているのか、その選び方について解説します。

ボタンの数をチェック

ボタンの数が大切です。コントローラーによって、ボタンの数が他と比べて多いものも存在します。
こんなにボタンの数ある必要があるのか?シンプルな方が使いやすそうと思う方もいるかもしれませんが、その大量のボタンは、多種多様な素早い操作性とも結びつけることができます。
ゲームによっては素早い対応を求められるものがあり、そうしたゲームユーザーには割り振れるボタンが多いものが好まれて使用されることもあります。
ここは好みの問題になると思うので、ご自身のプレイスタイルに合ったコントローラーを選ぶ選択肢の一つにしてください。

コントローラーの形状を確認

ご自身に合ったコントローラーを選ぶ際、それがどの様な形をしているかということも重要な要素です。
コントローラーの形状は、持ち手が独特な形をしているものやそもそも本体が分かれているものなど、実に様々なタイプのコントローラーがあります。
販売会社によって、より負担なく長時間ゲームができる形状を研究していたり、デザイン性を取り入れたものがあったりと、その違いは多岐にわたります。
この形状は購入してから後には変更できないので、購入される際には是非一度手に取ってみてご自身に合うものを検討されてみて下さい。

充電方式をチェック

コントローラーの充電は容易にできるか、バッテリーはどのくらいもつのかも重要です。
ゲームをしていて、コントローラーの電源がなくなった時は当然ゲームができなくなります。
充電しながらゲームができるものであれば、ゲームプレイにさほどの支障はないです。しかし、一度ゲームを中断して充電が完了するまで待たなければいけないコントローラーとでは、大きく使用感に違いが出てきてしまいます。
他にも充電口の端子は何を使えばいいのか、一度の充電でどれくらいの時間プレイできるかなど、充電に対する問題はご自身に合ったコントローラーを選ぶ上で大きな決め手となり得ます。


iPad対応コントローラーのおすすめモデル

iPadで使用するに当たって適しているコントローラーをご紹介していきます。

PXN-6603

PXN コントローラー iPad
こちらは、曲線的で光沢あるデザインが印象的なコントローラーです。
MFI認証されているものでBluetooth接続も簡単にできます。他の製品にはない最大の特徴は、コントローラー上部にiPhoneホルダーがついていて、そこにiphoneを取り付けてゲームができるという所です。iPadはカバーを使えば立てることができますが、iPhoneの場合は立てられても画面が小さいので臨場感があまり得られないというデメリットもあります。こちらの製品であれば、コントローラーのすぐ目の前にiPhone画面を設置できるので、臨場感を損ねることなくiPhoneでもゲームをプレイすることができます。グリップも握りやすく、一回の充電で約30時間はプレイできる製品です。iPadだけでなく、iPhoneでも臨場感あるゲームプレイを楽しみたいという方に特におすすめの製品です!

SteelSeries Nimbus Wireless Controller 69070


こちらは、AppleStoreでも販売されているコントローラーです。
その信頼性もさることながら人間工学に基づいたデザインを採用したコントローラーで、ボタン配置に関しても従来のコントローラーと同様なので、操作に対してのストレスを感じることなくゲームをプレイすることができます。
Apple製品で採用しているLightningケーブルで充電することができ、一回の充電で約40時間のゲームプレイが可能。Apple製品のアップデートにも対応していけるコントローラーなので、iPadで使用していくに当たって長く愛用していくことができるコントローラーです。
Apple公認でより信頼性のあるコントーロラーが欲しいという方におすすめの製品です!

SteelSeries Stratus iOS用 Bluetooth ゲーミングコントローラー 69017

iPad ゲーム コントローラー SteelSeries
こちらは、コンパクトタイプのMFI対応コントローラーです。
小型で軽いので持ち運びもしやすく、保護カバーがついているため持ち運ぶときはボタンを誤操作するのを防ぎます。また、背面にこの保護カバーを装着することでゲームをする上で大事な握りやすさも高めることができます。ファームウェアアップデートに対応しているため、長く使うことができる製品です。
コントローラーを持ち運んで使いたい、ゲームをする上でコントローラーの軽さは重要だという方におすすめの製品です!

GAMEVICE Game Controller for iPad Air/Pro 9.7 v2 GMV-GV150

iPad コントローラー GAMEVICE
こちらは、従来のコントローラーとは違う独特な形状のコントローラーです。
AppleStoreでも販売されている信頼できるコントローラーで、本体にLightning端子がついているためそこにiPadの充電口を挿し込むだけで使用することができます。直接iPadに接続するタイプなのでコントローラー本体の充電は必要なく、さらに接続していてもかさばらないどころか接続していることでiPadとコントローラーを一体化できてしまう他にはない製品です。
コントローラーの中でも従来のものでない新しいものを探している、ニンテンドースイッチのように遊びたいという方におすすめの製品です!

Xbox oneコントローラー、PS4 コントローラー

Xbox oneコントローラー
こちらは既に愛用している人も多いXboxのコントローラーです。
Xboxのコントローラーは、ios13から対応になりました。
形は握りやすく手に馴染みやすいフォルムを採用していて、Xboxでゲームをした方であればその扱いやすさは良くご存知だと思います。最大の特徴はスティックの押し込みに対応しているところで、こちらと同様にPS4のコントローラーもios13からiPad対応のコントローラーとなりました。ただデメリットもあり、iPad側で使用する場合は一度ゲーム機側との接続を解除する必要があります。ゲーム機とiPadの両方で使用したいという方であれば、もう1つ新しいXbox、PS4のコントローラーを購入するというのも選択肢としてありだと思います。
慣れ親しんだコントローラーを使ってiPadでゲームしたい、実際にゲーム機で採用されている信頼性のあるコントローラーが欲しいという方におすすめの製品です!




番外編:iPadとコントローラーを接続する方法

自分に合うコントローラーは見つけられたけど、そもそもiPadとの接続方法がわからないという方に向けて、iPadとコントローラーの接続方法を解説していきます。
接続は非常に簡単で、

  1. iPadのBlueooth接続を設定からオンにする
  2. コントローラー自体のBlueooth接続をオンにする
  3. iPadのBlueooth設定画面に出てきたコントローラーの選択肢をタップ
  4. コントローラーで対応ゲームを操作してみて無事動けば接続完了!

手順はたったこれだけです。
コントローラーのBlueooth接続ボタンは製品によって異なりますが、MFI対応コントローラーであればBluetooth接続が前提ですので、接続にそれほど手間はかからない設計のもがほとんどです。
是非、ご自身に合ったMFI対応コントローラーを選んで素敵なゲームライフをお過ごしください!