iPhone向けモバイルバッテリーおすすめ11選

アイキャッチ画像

iPhoneやiPad、ゲーム機などの使用や外出時に便利なのが、モバイルバッテリーです。
機器の電池が無くなった時にコンセントがなくてもすぐに充電できます。
通勤通学時、外出時や旅行・出張先に持ち歩くスマホアクセサリーの必需品になります。
バッテリーには様々な種類があり、商品によって性能や価格がバラバラでどれを選べばいいのか迷ってしまいます。
iPhone向けモバイルバッテリーの中で、自分にあった商品を選んでいきましょう。

iPhoneのバッテリー容量

まずは、自分が使っているiPhoneのバッテリー容量を確認しましょう。
容量によってモバイルバッテリーでの充電回数が変わっていきます。
今回は10000mAhのモバイルバッテリーを使用した場合どのくらい充電できるかを調べていきます。

iphone 重さ

iPhone8

iphone8 容量

「iPhone8」のバッテリー容量は、1821mAhです。
2017年9月に発売されたモデルで、従来モデルのiPhone7と比べるとバッテリー容量は少なくなっています。しかし、iPhone8の機能が向上したことにより、稼働時間は同じくらいとなっています。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約2.6回フル充電することができます。

iPhoneX

iphoneX 容量

「iPhoneX」のバッテリー容量は、2716mAhです。2017年11月に発売されたモデルで、iPhoneで初めて顔認証が対応になったのがこのiPhoneからになります。5.8インチでちょうどいいサイズ感で持ちやすいのが特徴です。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約2.6回フル充電することができます。

iPhoneXS

iphoneXS 容量

「iPhoneXS」のバッテリー容量は、2658mAhです。2018年9月に発売されたモデルで、このiPhoneから512GBの大容量ストレージモデルが追加されました。バッテリー持ちやカメラ機能、処理速度、防水性能などが従来モデルのiPhoneXよりも進化しています。バッテリー容量は、iPhoneXと比べると若干少なくなっていますが、バッテリー持ちは、動画再生時に1時間長く使えるようになりました。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約2.6回フル充電することができます。

iPhoneXR

iphoneXR 容量

「iPhoneXR」のバッテリー容量は、2942mAhです。2018年10月に発売されたモデルで、性能面で見ると同時期に発売されたiPhoneXsの方が優れていますが、バッテリー部分だけで見ると容量も約300mAh上がり、バッテリー持ちも2~5時間も上がっています。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約2.4回フル充電することができます。

iPhone11

iphone11 容量

「iPhone11」のバッテリー容量は、3110mAhです。2019月9月に発売されたモデルで、iPhoneXsMaxと同容量のバッテリーになります。このiPhone11シリーズは、全て3000mAh以上のバッテリーを搭載しています。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約2.2回フル充電することができます。

iPhone11Pro

iphone11pro 容量

「iPhone11Pro」のバッテリー容量は、3190mAhです。2019年9月に発売されたモデルで、iPhoneXsと比較して最大4時間も長く使え、ビデオ再生なら最大18時間と、ほぼ丸1日使い続けられるのが魅力です。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約2.2回フル充電することができます。

iPhone11ProMax

iphone11pro Max 容量

「iPhone11ProMax」のバッテリー容量は、3969mAhです。2019年9月に発売されたモデルで、現在発売されたiPhoneの中では最も大きなバッテリー容量の機種となります。6.5インチの画面でiPhoneの中でも最大となってます。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約1.8回フル充電することができます。

iPhoneSE(第二世代)

iphoneSE 第二世代 容量

「iPhoneSE(第二世代)」のバッテリー容量は、1821mAhです。2020年5月に発売されたモデルで、iPhone8と同じバッテリー容量となっています。見た目からただし、プロセッサーがA13に変わったことにより、処理性能が上がったことでバッテリー持ちが30%ほど長持ちになりました。
10000mAhのモバイルバッテリーを使用して充電した場合は、約1.8回フル充電することができます。

iPhone向けモバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーの選び方

では、モバイルバッテリーを選んでいきます。「サイズ・重量」や「機能・仕様」をチェックしながら選んでいきましょう。

サイズや重量をチェック

モバイルバッテリーは、外に持ち出すことが多いのでサイズや重量が重要になっていきます。バッテリーが重すぎたり、サイズが大きかったりすると持ち運びには不便です。
同じバッテリー容量でも本体重量が100~300gも差があるので、頻繁に持ち運ぶ方は重量を必ず確認して選びましょう。

機能や仕様をチェック

モバイルバッテリーには、機能や仕様が様々あります。

出力

モバイルバッテリーには、「出力」という言葉があります。
これは、接続した機器を充電する速度のことを表します。基本的に充電速度を表す数値を「A(アンペア)」と表記されることが多く、この数値が大きいほど出力が高く、充電が速いです。
近年のモバイルバッテリーは、急速充電をおこなえるものが増えています。
2A以上であれば急速充電していることになるので、充電に速さを求めるのであればこちらはチェックしておきましょう。

急速充電

充電イメージ

急速充電の機能が搭載されているモバイルバッテリーであれば、外出中に電池が切れてしまってもすぐに充電できるので便利に使うことが可能です。
急速充電のモバイルバッテリーを選ぶ時に必要な性能として、
「USB PD」、「Quick Charge」、「VoltageBoost」、「PowerIQ」
などがあげられます。

◎USB PD
USB-Cに対応した給電規格の一つがUSB PD(USB Power Delievry)です。大きな電力供給ができるUSB電力拡大規格で、最大100Wの大きな電力を送ることができます。なので、iPhoneやスマホ以外にもノートパソコンなどの受給電に対応することが可能です。

◎Quick Charge
半導体メーカーのQualcommが開発した急速充電規格がQuick Chargeです。Androidスマホを中心に普及しており、通常のUSB充電より約4倍速く充電することができます。

◎VoltageBoost
モバイルバッテリーの会社の中で最も有名なAnker。
このAnkerが独自に開発した技術のひとつで、
ケーブルの抵抗を調整することでスムーズに電力供給を実現したのがVoltageBoostとなります。Anker製の充電ケーブルに採用されている技術になり、充電速度低下の原因となるケーブル抵抗を抑えてハイスピード充電をサポートしてくれます。

◎PowerIQ
こちらもAnkerの独自技術のひとつで、高速充電を支えるのに欠かせません。
PowerIQは、USBポートに接続した機器を自動で選別して、最大のスピードで充電できるような電力供給を自動調整できる技術となります。
この技術は、Anker製のモバイルバッテリーだけではなく、Apple・Samsung・kindleと行った製品にも使われています。

容量

モバイルバッテリー 容量

バッテリー容量は、どれだけの充電が行えるかを示します。
値は「mAh(ミリアンペアアワー)」と表されることが多いです。
この数値が大きいほどスマホを充電できる回数が増えていきます。
実際に使えるバッテリー容量は商品に表示されている容量の約7割です。
また、繰り返し使っていくとバッテリーは劣化していくので容量が少なくなっていきます。最新のiPhoneのバッテリー容量は3000mAhを超えているので、最低でも4000mAhのバッテリーのものを買いましょう。

充電用ポート数

充電ポート数

タブレットやワイヤレスイヤホンなどiPhone以外を外出時に使う方は、モバイルバッテリーのポートの数も必ず確認しましょう。
ポートの数が多ければ、外出中に複数の機器を充電することができるので大変便利です。
ただし、同時に充電ポートを使用してしまうと、1つのポートを使用している時と比べて充電時間がかかってしまいますので注意が必要です。

USB-C対応

端子画像

モバイルバッテリーのポートは、基本的にUSB-Aポートを使用することができます。
最新のモバイルバッテリーは、「USB-C(USB Type-C)」といわれている次世代のUSB規格として制定された最新のコネクタを使用している商品が増えています。
USB-Cは従来のポートに比ベて、より高速なデータ送信やより大きな電力出力を実現されています。
apple社が販売している、MacBookやiPadProなども最新モデルのものはUSB-C対応になりました。近年、需要が高まっているUSB-Cなので、対応の機器を持っていなくてもUSB-C対応のモバイルバッテリーを買っておいて損はないでしょう。

iPhone向けモバイルバッテリーのおすすめモデル

1,ANKER PowerCore 10000

容量10000mAhの大容量なモバイルバッテリーです。大容量ながらサイズが世界最小で重さも最軽量クラスのバッテリーとなっています。
Anker独自技術の「PowerIQ」「VoltageBoost」により、最大2.4Aでフルスピード充電することができます。

・10000mAhの大容量モバイルバッテリーです。
・クレジットカード1枚分のコンパクトサイズのモバイルバッテリーです。
・重さは卵3つ分で180gの軽量バッテリーです。
・最大2.4Aでフルスピード充電が可能です。
・機内に持ち込むことができます。

2,ANKER PowerCore Fusion 5000

モバイルバッテリーとしても使えて、USB充電器としても使うことができる1台2役のハイブリットバッテリーです。どちらの機能も使えるのでUSB充電器やケーブルを持ち運ぶことが必要ないので、荷物の削減することができます。
旅行や出張先などで大活躍するモバイルバッテリーです。

・モバイルバッテリーとUSB充電器の1台2役で使えます。
・フルスピード充電対応(2.1A)
・5000mAhのモバイルバッテリーになります。
・2つのUSB-Aポートがついています。

3,PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型

12.8mmの薄型でかつ10000mAhバッテリーを備えているモバイルバッテリー。バッテリー充電中でも、端末に充電を送れます。
入力ポートはmicroUSBに加えてType-Cポートを搭載し、出力ポートは、USB-Aポート2つ搭載しています。
高品質素材を使っているので耐衝撃、耐熱性に優れており、外に持ち運ぶ際に安心して使用できます。

・10000mAhのバッテリー搭載です。
・入力ポート2つ、出力ポート2つで便利に使えます。
・PC+ABSの難熱素材を採用しており、耐衝撃、耐熱性に優れています。
・バッテリー本体が充電中でも、端末に電力を送れます。
・残量表示機能付きでバッテリーを一目で確認することができます。

4,TSUNEO 軽量 薄型 モバイルバッテリー 10000mAh

充電ケーブル内蔵のモバイルバッテリーで、
Lightningケーブル・micro USB・Type-Cケーブルの三本を使うことができます。
また出力ポートが1つついているので、最大4台同時に充電することができます。
iPhone6と同じサイズ感なので、iPhoneと重ねて使うのに便利です。

・10000mAhの大容量モバイルバッテリーです。
・最大4台の端末に同時充電可能です。
・コンパクトで大容量なモデルになります。
・内蔵式スライドスタンドでiPhoneを立てながら給電できます。

5,Anker PowerCore 26800

26800mAhの大容量タイプのモバイルバッテリーで、
とにかく大容量のバッテリーが欲しい方向けの商品になります。
2Aの入力がついており、同時に充電することで大容量バッテリーにも関わらず倍速充電が可能なので、最大6.5時間で満充電をすることができます。

・26800mAh内蔵の大容量モバイルバッテリーです。
・Anker独自技術で急速充電をすることができます。
・2Aの入力ポートで計4Aで本体充電をすることができます。
・6.5時間でフル充電することができるので、寝ている間に完了します。
・サージプロテクターやショット防止機能もついているので安心して使える。

6,iposible 2020年最新版 モバイルバッテリー ソーラー 26800mAh

26800mAhの大容量のモバイルバッテリーです。
さらにソーラーパネルがついているので、日当たりにおけば自動的にバッテリー本体を充電することができます。
多重保護システムにより、過放電、過放電、過熱に自動的に充電停止になるので長期間使用することができます。

・26800mAhの大容量のモバイルバッテリーです。
・ソーラーパネル付きで、日当たりが良い場所でも充電できます。
・急速充電できるUSBポートが2つあります。
・残量表示をしているので安心サポートできます。
・PSE認証済みモバイルバッテリーなので安心して使うことができます。

7,Anker PowerCore Essentil 20000

20000mAhの大容量のモバイルバッテリーです。
Anker独自技術「PowerIQ」「VoltageBoost」によってUSB機器対して、最適なスピードで充電することが可能です。
低電流モードを搭載しており、イヤホンなどの小型デバイスを安心して充電することができます。

・20000mAhの大容量のモバイルバッテリーです。
・2台同時充電で2つのUSB出力ポート搭載で、2台同時に充電できます。
・低電流モード搭載しています。
・Anker独自の多重保護システムでモバイルバッテリーを長時間使うことができます。
・上質なデザインでありかつ汚れや傷つきにくい素材でできています。

iPhone向けモバイルバッテリーのおすすめモデル|ワイヤレス

1,AUKEY Qi対応モバイルバッテリー 8000mAh

見た目がシンプルで高級感のあるモバイルバッテリー。
8000mAh内蔵のモバイルバッテリーで無線と有線の充電をどちらでも充電することができます。

・8000mAh内蔵のモバイルバッテリーです。
・無線/有線充電をどちらでも充電することができます。
・Qi充電技術でケーブルがなくても最大5Wの出力充電が可能です。
・過電圧保護、過充電保護、短縮保護機能を搭載しています。
・4段階のインジケーターがついており、バッテリー残量を簡単に確認できます。

2,モバイルバッテリーQi 25000mAh

25000mAhの大容量でかつ無線充電にも対応しているモバイルバッテリーです。
USB-Aポートも3つついているので、同時に4台の機器を充電することができます。
また、懐中電灯機能やLCDで充電残量を見ることができる機能などが搭載して便利に使うことができます。

・25000mAh内蔵の大容量モバイルバッテリーです。
・USB-Aポートが3つに無線充電がついたバッテリーになっています。
・LEDライト搭載で懐中電灯の代わりとしても使うことができます。
・LCD電気量表示で充電残量が一目で分かります。
・PSE認証のモバイルバッテリーなので、安心して使えます。

3,Lakko モバイルバッテリー 大容量24000mAh

24000mAhの大容量なワイヤレスモバイルバッテリーです。
ガラス素材を使用しており、見た目がとても綺麗なバッテリーとなっています。
最大3台まで充電することができます。

・24000mAh内蔵の大容量モバイルバッテリーです。
・Qi充電技術を採用しており、急速充電することもできます。
・3台のデバイスを同時に充電することが可能です。
・iPhoneのガラス素材を採用しているのでとても綺麗な本体です。
・無線充電は最大8mmまでの距離なら充電可能、ケースしたまま充電できます。

4,SuperMobileCharger モバイルバッテリーコンセント 8000mAh

モバイルバッテリーとACアダプタどちらでも使えるモバイルバッテリーです。
急速充電対応でUSB-Aポートは、QC4の急速充電対応になっています。
また、無線充電にも対応しており、360°どの向きからでも充電することができます。

・8000mAh内蔵のモバイルバッテリーです。
・ACアダプタとして、35分で80%の充電に対応してます。
・有線はUSB-Aが2ポートついています。
・Qiワイヤレスがついているので無線充電ができます。
・残量表示搭載でバッテリー残量を確認できます。