iPhone 小物・アクセサリー

iPhone/スマホでセルカ棒のシャッターボタンが反応しない3つの原因?

2020年3月12日

ども、Apple Geekです!今回は iPhone やスマホでセルカ棒のシャッターボタンが「押せない」「反応しない」という問題の原因3つと解決方法をご紹介します。

セルカ棒

最近色んな場所で目にするスマホを装着した長い棒。

「なんだあの長い棒は、なんでスマホが先っちょにくっついてるんだ?」と、最近まで思っていたApple Geekです(笑)

ですが最近ディズニーランドでセルカ棒を禁止するニュースが話題になったことで、日本だけでなく世界中で物凄い人気を集めていることを知ってビックリ・・・!

そこでさっそく流行にのっかってApple Geekもセルカ棒を購入してみました。

 

購入したのは、 Bluetooth タイプのボタンを押すだけでシャッターが切れるというタイプのセルカ棒です。

クチコミも多くて、1位というキャッチフレーズにやられました・・・(笑)

 

お値段なんと1,280円で激安というw

→商品紹介動画はこちら←

 

で、さっそく使ってみることに。

[the_ad id="12721"]

ん?ボタン押してるのに反応しないぞ!

さっそくセルカ棒に iPhone を装着して使おうとしたのは良いものの、セルカ棒のボタンを押してもシャッターが切れず。

まったく反応しないではないか・・・!

いったいどうなってるのこれ?

と思ったのですが、ちゃんと説明書を読んだら簡単な理由でした。

セルカ棒のシャッターボタンが反応しない3つの原因とは?

ボタンを押してるのにシャッターが切れない原因は3つあります。

  1. リモコン内蔵タイプは Bluetooth の設定が必要
  2. イヤホンジャックタイプは接続が悪い可能性大
  3. Android スマホだと音量キーの設定が必要

この3つをそれぞれ解説していきます。

リモコンボタン内蔵タイプはBlootoothの設定が必要!

今回Apple Geekが購入したタイプがこれにあたります。

リモコン内蔵タイプだと、 iPhone / Android スマホ端末側で Bluetooth の設定が必要になります。

iPhone / Android スマホ端末側で Bluetooth の設定をする方法

  1. iPhone ホーム画面上の「設定アイコン」をタップ⇒「 Bluetooth 」をタップしてオンにする
  2. セルカ棒の電源スイッチを「ON」にする
  3. 表示されたお使いのセルカ棒デバイスを選択する

ちなみに Android スマホ(Xperiaなど)では標準カメラで撮影できないことがあるそうなので、その場合は「KJSter365」という無料アプリをインストールする必要があるみたいです。

イヤホンジャックタイプは接触不良の可能性もある

イヤホンジャックタイプは、音量調節リモコンがついているイヤホンを iPhone /スマホに差し込んでイヤホンのスイッチを押してシャッターを切るタイプです。

例えば iPhone に付属している純正イヤホンがそうですね。

が、そのイヤホンボタンを押しても反応しないことがあるようです。

この場合の原因は、イヤホンと差込口の接触が悪い可能性が大です。

イヤホンを回してみるか、一度メーカーに相談を

実際にイヤホンを回してみたら普通にシャッターが切れたという報告があるので試してみましょう!

それでもダメな場合はイヤホン自体に問題があるか、端末側に問題があるので 1度セルカ棒を購入した会社に問い合わせてみましょう。

Android スマホは音量キーの設定が必要

Android スマホの場合だと音量キーの設定が必要になります。

Android スマホで音量キーの設定をする方法

  1. カメラを起動する
  2. 設定アイコンをタップする
  3. 設定項目から「音量キー」を見つけてタップする
  4. ズームから「シャッター」に変更する

これでシャッターが切れるようになるはずです。

まとめ

基本的には、今回ご紹介した3つの解決方法で「ボタンを押しても反応しない」という悩みは解消されるはずです。

もし解決できなかった場合はApple Geekへお気軽にお問い合わせください。

セルカ棒、結構便利ですねw
これからどんどん使っていこうと思います!

でもセルカ棒にも色々なデザインがあるんですね~、これ超レアで国内じゃ手に入らないと噂されてますがこの前調べてみたら購入できるショップ見つけちゃいました!

執筆者:Apple Geek