Windowsが重いと感じた時はUtcSvcを停止して高速化

UtcSvc(Universal Telemetry Client Service)は、マイクロソフトが品質向上のための情報収集を行なう機能です。ここでは、UtcSvcがメモリやCPUを圧迫していると思われる場合の対処法を説明します。

UtcSvcは停止しても問題なし

 

UtcSvcはWindowsの機能のため、仮にCPUやメモリを圧迫しているとしても、UtcSvcを停止しても大丈夫か、システムに悪影響を及ぼさないかが心配になります。

結論から言うと、UtcSvcを停止しても問題はありません。というのも、UtcSvcは、Windows稼働の状況に関する情報を収集してマイクロソフトに提供するためのプロセスであり、PCやPCで稼働するソフトウェアの制御には関連を持っていません。

したがって、UtcSvcを停止しても、情報提供が停止されるだけであり、PCの動きに悪影響を及ぼすことはありません。

UtcSvcを停止する方法

UtcSvcはWindowsのサービスプロセスですので、UtcSvcの停止は、Windows管理ツールのサービス画面から行ないます。

スタートメニューから、Windows管理ツール⇒サービスをクリックしてサービス画面を開きます。

画面に表示されているサービス一覧から、サービス名:Connected User Experiences and Telemetryをクリックし、さらに右クリックでプロパティを開きます。

スタートアップの種類を自動から無効に変更し、サービスの状態停止にセットします。

最後に、画面下部のOKをクリックして完了します。

UtcSvcの基本情報

UtcSvcサービスの概要を以下に示します。

プロセス名サービスホスト:UtcSvc
機能概要Universal Telemetry Client Serviceが正式名称で、「Diag Track サービス」機能のこと。PCやWindowsの性能情報や構成情報などを収集してマイクロソフトに送付するもの。
サービス名DiagTrack
サービス表示名Connected User Experiences and Telemetry

なお、プロセス名はタスクマネージャに表示される名前であり、サービス名およびサービス表示名はWindows管理ツールのサービス画面に表示される名前です。

UtcSvcのCPU率が高い場合は要注意

UtcSvcがCPUやメモリを大量に消費してシステムを圧迫しているような状況の場合は注意が必要です。というのも、通常であれば、UtcSvcは情報収集を行なうために稼働しているのであり、CPUやメモリを大量に使うことはないからです。

UtcSvcがウイルスの可能性

 

UtcSvcがCPUやメモリを大量に消費してシステムを圧迫しているような状況の場合は、ウィルスがUtcSvcを偽装している可能性を疑ってチェックすることも必要かもしれません。

実行プログラムのUtcSvc.exeは、ウィルスチェックでは悪意のあるファイルをみなされることがあるとの報告もあり、また、マルウェアまたはトロイの配布に採用される可能性を指摘する報告もあります。

UtcSvcがCPUやメモリを大量に消費している場合は、ウィルスチェックも行ないましょう。

Windows Updateのプロセスを無効化する方法

 

Windows Updateのプロセスが実行されている場合は、CPUやメモリを大量に消費してシステムを圧迫することがあります。システムのアップデートが完了すれば元に戻るのですが、場合によっては、非常に長い時間かかってしまい、いつまで経っても高負荷の状態が解消しない場合があります。

そんな時は、一時的に、Windows Updateのプロセスを無効化することも有効です。

Windowsが重いと感じた時にする対処法

 

PCのCPUやメモリは有限であり、特定のプログラムやサービスの使用率が高い場合は、システムの高負荷状態が続き、いわゆるWindowsが重いと感じる状況になってしまいます。

ここでは、サービスホスト(svchost.exe)回りの要因により、Windowsが重いときの対処法を示します。

対処法1.インターネットの接続を切って再度接続する

Windowsが重い、すなわち、CPUやメモリの使用率が高くてシステムが高負荷な状態を解消するには、CPUやメモリを大量に消費している原因をきちんと調べる必要があります。

しかし、調べるにしても負荷が高くて動かないのでは話にならないので、取り急ぎ、高負荷状態を解消したい場合があります。とくにインターネットン接続することが必須でないのであれば、いったん、インターネットの接続を切ってみるのもよいかもしれません。

たとえば、Windows Updateでインストールに失敗した場合などはこうした対処法が有効に働くという報告もあります。