ETD Control Centerはアンインストールしても大丈夫?

WindowsにインストールされていることがあるETD Control Centerはアンインストールしてもよいのでしょうか。ここではwindowsのETD Control Centerをアンインストールしても大丈夫なのかについて紹介していきます。

ETD Control Centerはタッチパッドのプログラム

windowsパソコンでETD Control Centerというソフトウェアはデフォルトでインストールされていることがあります。このデフォルトでインストールされているETD Control Centerはどのようなソフトウェアなのでしょうか。ETD Control Centerとは、タッチパッドのソフトウェアになっています。ラップトップのタッチパッドに関連するドライバーであり、ETD Control Centerがインストールされていることによりwindowsパソコンでタッチパッドが安定して利用することができるようになっています。

ウイルスの擬態には注意

windowsパソコンで標準インストールされていることがあるタッチパッドのソフトウェアであるETD Control Centerは実はウイルスに間違えられることもあります。ETD Control Centerのソフトウェアは、他のウイルスのソフトウェアに似ていることがあり、ETD Control Centerのソフトウェアだと思っていたら、実はウイルス完成していて個人情報が流出してしまっていることもあります。なのでタッチパッドのソフトウェアだと思っていても、実はウイルスソフトだったということもあるため、注意が必要なソフトウェアになっています。

ETD Control Centerはアンインストールしない方が良い

ETD Control Centerのソフトウェア自体はタッチパッドのソフトウェアであるため、通常windowsパソコンでインストールされていて問題ありません。しかしETD Control Centerのソフトウェアに似たウイルスプログラムが混じってインストールされているトラブルが多々発生しています。そのためタッチパッドのETD Control Centerをインストールしていることでそのウイルスプログラムに気づきづらいため、アンインストールしている人もいます。そもそもETD Control Centerはアンインストールしても問題ないのでしょうか。ここではETD Control Centerのアンインストールについて確認してみましょう。

ノートパソコンなどはタッチパッドに影響が出る

そもそもETD Control Centerは、windowsパソコンのタッチパッド操作をするためにインストールされているソフトウェアになっています。なのでノートパソコンの操作をタッチパッドで操作している人にとっては、ETD Control Centerのソフトウェアをアンインストールしてしまうとタッチパッドの操作に影響が発生する場合があります。なのでETD Control Centerを不要だと思っている場合は、マウスやその他操作機器を準備する必要があります。

タッチパッドを使わないならアンインストールしてもOK

ETD Control Centerはタッチパッド用のソフトウェアであるため基本ノートパソコンなどをタッチパッドでの操作を利用していない人にとっては、ETD Control Centerをアンインストールしても特に影響はありません。通常ノートパソコンなどをマウスを利用している人にとっては、ETD Control Centerをアンインストールしておいた方が良い場合もあります。一方でマウス操作を嫌いタッチパッドでノートパソコンなどを操作している場合は、ETD Control Centerをアンインストールするとタッチパッドの挙動がおかしくなる場合もありますので、注意してください。

ETD Control Centerのアンインストール・停止方法

windowsパソコンに標準インストールされていることがあるETD Control Centerのソフトウェアは、タッチパッド用のソフトウェアであるため、ノートパソコンなどでタッチパッドを利用していない人にとっては、アンインストールしても特に影響がありません。ここではETD Control Centerをパソコンからアンケートする方法や停止する方法についてチェックしていきます。いきなりアンインストールすることに不安を感じている人にとっては、まずはETD Control Centerを停止して影響がないかを確認するのもいいかもしれません。

アンインストール方法