KMSPicoは危険なのか?使い方や削除方法などを紹介

マイクロソフトのWindows系OSやOffice製品のライセンス認証の回避ソフトとして有名な物に「KmsPico」というクラックソフトがあります。今回は「KmsPico」の危険性や削除方法や口コミについてご紹介します。

KmsPicoはWindows製品のクラックソフト

KmsPicoはWindowsOSやOfficソフトを使用していると定期的に実行されている製品ライセンスの認証の際に発生するMicrosoftのサーバーとの応答を偽装して認証回避を行うソフトです。
本来は有償で利用できるソフトの制限を解除して使用できるようにしてしまうソフトの為、セキュリティの面からも危険性が非常に高いソフトです。

KmsPicoの危険性

KmsPicoはWindows製品のクラックソフトWindows等のOS自体の認証を回避をするためにはPC本体の設定を変更している場合もあり非常に危険なソフトです。
まず初めにKmsPicoを利用する事で発生する危険性についてご紹介します。

【KmsPicoの危険性】①KmsPico自体がウイルス

KmsPicoを初めて使用する場合にソフトをインストールする必要があります。
違法性のない通常のソフトであれば特別な操作も必要なくダウンロードされたインストーラーから簡単にインストールできますが、KmsPicoに関してはWindows10等に標準で搭載されている「ウイルスと驚異の保護」機能の解除を行う必要があります。
これはウイルス対策ソフト等のセキュリティーソフトでKmsPicoが悪意のあるソフトとして検出されインストールできない可能性がある為です。

【KmsPicoの危険性】②KmsPicoはアドウェア

前項で紹介させて頂きましたが、多くのセキュリティソフトではKmsPicoを危険なソフトとして検知されています。
これは、PC内部から送信されるWindowsやOfficeソフトの認証用のデータを不正に収集して別の宛先に送信しデータを書き換えていることが原因です。
また、一つ注意をして頂きたいのがOSのライセンス認証の通信データを別の宛先に送信し本来の認証処理とは異なる方法で処理を行っている為、ライセンス認証自体は行われておらず正規のサポート等は受けられないという事です。

【KmsPicoの危険性】③管理権限を与えてしまう

最後にもっとも注意しなければいけない危険性として、KmsPicoがインストールされるとPC管理者権限が与えられOSに搭載されているセキュリティ機能が無効化されてしまう危険性があります。
そのため、PC本体のセキュリティが弱くなり他のウイルスをダウンロードして感染してしまう危険性が増加します。
また、KmsPicoではKMS認証の宛先を変えるためにも内部のDNS情報が書き換えられており、正規のサイトへのアクセスにも影響が出る可能性があります

KmsPicoを使った人の口コミ

本来はライセンス料を支払って使用するソフトが無料で使用できるようになるためKmsPicoを使用してみた方の口コミも多くあります。
その中には興味本位でダウンロードした方や実際に利用してPCの動作が不安定になったという書き込みが多くいくつか紹介させて頂きます。

【KmsPicoの口コミ】①遊び心でインストールしたことで発生した問題

今回のケースでは友達と遊び感覚でKmsPicoをダウンロードしたことが原因でPC本体の動作に異常が発生してしまったという口コミです。
例えインターネットから切断していたとしても内部設定が変更されている事が影響して正常に動作しなくなる危険があります。

友達とちょっとしたノリでwordをクラックしようとして見事に失敗しました。そのときにKMSpicoを実行してしまいました。インターネットから切断したので大丈夫だと思ってたのですが、その日以来 デスクトップの背景が真っ黒だったり、再起動するたびになんかを更新しています」

引用元:Yahoo知恵袋

【KmsPicoの口コミ】②店舗で購入した時点で入っている場合

コチラのケースでは中古・新品かは不明ですが、お店で購入した時点でKmsPicoがインストールされていた事を書き込まれています。
本人の知らないうちに導入されていたため心配になりMicrosoftに確認までされていますが、使用は問題ないがライセンス自体はブロックされているというケースです。
ライセンス本体がBlockされている為、再インストールを行う際には使用できなくなるといった問題が発生しています。

「パソコン購入当時からなぜかプログラムと機能の中に「KMSpico」なるプログラムがインストールされており、発行元には何も表示がありませんでした。
どうも、このソフトはマイクロソフト社のライセンス認証をすり抜けるためのプログラムのようです。」

引用元: Microsoftコミュニティ

【KmsPicoの口コミ】③修理に出した際にインストールされていた場合

コチラのケースでもPCを使用している本人が知らないうちにインストールされていたケースとなります。
パソコンを修理する際はHDDやSSD等の交換を含め修理内容によってはOSの再インストールが発生する事もあり、今回はリカバリ-ディスクを預けていなかったことが原因で発生しております。
修理を依頼する際は信頼できるお店に依頼するか、リカバリーディスクを預ける事で回避できます。

「PC修理店にノートPCの修理を依頼したところ 違法OS及びソフト(オフィス)を勝手にインストールされました。」

引用: Yahoo知恵袋

KmsPicoの仕組み

前項でKmsPicoでライセンス認証を回避したWindows系OSやOffice製品は正しくMicroSoftでKMS認証されておらず、PC内部で疑似的なKMS認証のエミュレーションを作成し、その疑似的な環境でライセンス認証が行われています。

【注意】KmsPicoのダウンロード・使い方

前項で口コミについてご紹介した際に、本人が意図せずインストールされていたケースがいくつかあったと思います。
次項ではこれらの対策の一環としてダウンロード方法や使い方について説明させて頂き、最後に削除方法についてご紹介いたします。

ダウンロード方法

Kmspicoのダウンロード方法・入手方法について説明します。
1.KmsPicoのオフィシャルサイトにアクセスし画面内にある「Download KMSpico」のボタンをクリックします。
2.使用環境に合わせたKmsPicoが表示されるので確認し画面に表示されているダウンロードボタンをクリックし数秒待機します。
3.保存する場所の確認画面が表示されるので選択し今すぐダウンロードを選択すると完了です。
4.ダウンロード後は2のページで表示されている「Zipのパスワード」ボタンがあるので其方から確認してください。
5.以上でダウンロードが完了します。(インストール方法は使い方の説明で紹介します。)

使い方

Kmspicoの使い方について説明します。
1.ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。
2.解凍したファイル内の「KMSpico_setup.exe」をダブルクリックしてPCにインストールします。
※インストールについてはウィザードの手順に従ってください。
3.インストール完了後に起動し赤いボタンをクリックします。
4.使い方の説明は以上です。

KmsPicoの削除方法

今回はWindows10での削除方法について紹介します。
1.画面左下の検索アイコンに「コントロールパネル」と打ち込んでEnterキーを押します。


2.コントロールパネルの画面より「プログラムのアンインストール」を選択します。

3.インストール済みのソフトの一覧画面が表示されるのでPUA・PUP等のKmsPicoに関連するプログラム上で右クリックを押しアンインストールを選択します。

※アドオンとしてインストールされているKmsPicoを削除する場合は対象となるブラウザソフト自体をリセット(初期化する事をお勧めします。)

まとめ

以上、Kmspicoの危険性や削除方法についてネット上で報告されているクチコミ等を元に紹介させて頂きました。
今回ご紹介したKmsPicoは様々な魅力的な点がありダウンロードを検討される方も多いと思われますが、使用するうえで非常に危険であることを紹介いたしました。
この記事を読んでいただきKmsPico等のクラックソフトの危険性を知って頂き参考にしていただけると幸いです。