【簡単5分】iTunesでiPhoneのiOSをアップデート!PCを使って更新!

新しい iOS が登場すると、すぐにアップデートして試してみたくなるもの。でも、「家に Wi-Fi がないからできない……」と諦めていませんか?実は、 PC / Mac の iTunes でもアップデートできるのです。

iOS のアップデート方法としてメジャーなのは、iPhoneやiPadを Wi-Fi に接続してアップデートを行う「 Wi-Fi 方式(OTA)」です。

しかし、この方法では、自宅などに Wi-Fi 環境が設置されていないと、アップデート作業を行うことが難しくなってしまいます。

また、デバイスのストレージ容量が少なくなっていると、アプリを一時的に削除するなど、何らかの対策が必要です。

こうした欠点を解消する方法として、Appleではもう1つのアップデート方法を用意しています。

それが、 PC / Mac の iTunes を使った方法。

PC / Mac がテザリング以外でインターネットに接続していればOKなので、自宅は有線LANしかない……という方でも大丈夫。

今回は、その方法をご紹介しましょう。

【下準備】 PC / Mac 版の iTunes でバックアップを取っておく方法

PC / Mac の iTunes を最新版にする

PC / Mac の iTunes は、基本的には最新のものを利用しましょう。

iOS やiPhone/iPadの世代によっては、古い iTunes ではアップデート作業ができないことがあります。

iTunes が最新版になっているかを確認する方法

iTunes が最新版になっているかを確認する方法と、最新版にアップデートするための手順をまとめました。

Windows 版
  1. iTunes を起動する
  2. メニューバーの「ヘルプ」をクリック
  3. 「更新プログラムの確認」をクリック
  4. 新しいバージョンの iTunes があると、その旨が表示されるので、あとは画面の指示に従ってインストール作業を行う。
Mac 版
  1. 「 Mac AppStore」を開く
  2. 画面上部のアイコンから「アップデート」をクリック
  3. アップデートがあるか確認が行われるので、暫く待つ。
  4. 新しい iTunes がある場合、一覧に iTunes が追加されるので、右横の「アップデート」ボタンをクリック。
  5. 追加操作の必要があれば表示が出てくるので、画面の指示に従って操作していく。

事前に iTunes でバックアップを作成する

アップデート作業を行う前に、念のためiPhoneのバックアップを作成しておきましょう。

バックアップを作成しておけば、もしもの時にそこからデータを復旧することが出来ます。

iTunes でバックアップを行うには Litening ケーブルが必要

専用の Litening ケーブルを用意して、 iTunes でiPhoneのバックアップを行いましょう。

お持ちの PC の差込口と確認して、家電量販店などで合うものを探しておきましょう。

iTunes でのiPhoneバックアップをする方法

  1. PC で iTunes を起動させ、iPhoneをLightningケーブルで接続します。
  2. Windows 版ではメニューバーの「コントロール」の下辺りにiPhoneのマークが出ますので、それをクリック。
  3. 画面中段「バックアップ」の項目内にある、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。
  4. このパスワードを忘れるとデータを復旧できなくなるので、必ず忘れないように気をつけてください。
  5. 同じ項目ないの「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを開始する。

iTunes を使った iOS アップデートの方法

バックアップの作成が終わり、準備が完了したら、いよいよ iOS のアップデート作業に挑みましょう。

iTunes を使った iOS アップデートの手順

  1. iTunes をインストールした PC もしくは Mac を用意する。
  2. iPhoneやiPadをLightningケーブルでその PC / Mac に接続する
  3. iTunes を起動させる
  4. iTunes の画面左上に小さく「iPhone(もしくはiPad)のマーク」が表示されるので、それをクリック。
  5. 左側のメニューから「概要」を選択する
  6. 画面右側の「アップデートを確認」を選択する
    • PC / Mac の状況によっては、単に「アップデート」と表示されていることもあります。
  7. 「ダウンロードしてアップデート」が選択肢として表示された場合、それを選択する。
  8. あとは画面の指示に従い進めていく

アップデート作業はどのくらいの時間が掛かるの?

iTunes を使ったアップデート作業を行う場合、気になるのがその所要時間。

筆者が iOS 10.0.2から iOS 10.1にアップデート作業を行ったときは、事前のバックアップ作業も含め、大体40分程で終えることができました。

ただし、この時間はみなさんがお持ちの PC のスペックやインターネット環境、Appleのサーバーの混み具合等によって大きな差が出てきます。

万が一不具合が発生した際の対応も考えると、アップデート時には1~2時間程度は見積もっておいた方が良いでしょう。

この方法でうまくいかない時に確認すべき注意事項

コメントを残す