iOS14のインスパイア?プライバシー保護機能を実装Android12!

Google社は2021年のAndroidの新バージョンのテーマとして、カスタマイズを主眼に置き、”Material You “と呼ぶ新しいデザイン言語を採用しています。Googleは、この新しいデザイン言語によって、”デザインに人間的なアプローチ “がもたらされると述べています。

Androidの次期バージョン「Android 12」をプレビュー

2021年5月18日に開催された、開発者会議「Google I/O」において、Googleは、今年後半に世界中の何百万台ものAndroid端末に搭載される予定の、Androidの次期バージョン「Android 12」をプレビューしました。

Google社の今年の新バージョンのテーマは「カスタマイズ」オープンです。これは、”デザインの感性と個人的な好みとの間の緊張関係をたたえ、感情から逃れない “というアプローチです。

無制限なカスタマイズが可能に!?

Googleは、システムの形状、色、全体的な雰囲気について、ユーザーがほぼ「無制限にカスタマイズ」できるようにしています。

ユーザーの壁紙の中で最も支配的な色を自動的に検出し、ロックスクリーンやウィジェットなどのシステム全体に適用するカラー抽出を行い、ユーザーにカスタマイズを提供することを目指しています。

また、Android 12では、より流動的なシステム全体のアニメーションを導入し、「タップ、スワイプ、スクロールするたびに、デバイスが生き生きと感じられる」ことを目指しています。

電力効率が向上し充電なしで長時間稼働可能に!

Android端末は、より速く、より反応が良くなり、電力効率も向上したため、充電なしでより長くお使いいただけます。

これは、コアシステムサービスに必要なCPU時間を最大22%短縮し、システムサーバーでのビッグコアの使用を最大15%削減するなど、いくつかのテクニカルネックの改善によって実現されました。

iOS 14をヒントにしたユーザーフレンドリーな機能が多数採用!

デザインの変更だけでなく、Googleは、今年9月にリリースされた「iOS 14」からヒントを得て、「Android 12」に新しいプライバシー機能を導入しました。

これは、カメラやマイクにアクセスしているアプリがある場合、端末の右上にドットが表示されるというものです。

また、クイック設定に新たなトグルが追加され、特定のアプリによるマイクやカメラへのアクセスを簡単に無効化できるようになりました。

位置情報に対するプライバシー保護機能

Android 12に搭載されるもう一つのプライバシー重視の機能は、ユーザーが自分の正確な位置情報またはおおよその位置情報へのアクセスをアプリに与えることができることです。

iOSと同様に、アプリがユーザーの位置情報へのアクセスを要求すると、「正確な位置情報」と「おおよその位置情報」を提供するオプションが表示されます。

また、Android 12では、新しいAI技術により、ユーザーのデータ収集を最小限に抑えることができるようになりました。

より強固なプライバシー保護機能を目指して!

Android 12に搭載されたこれらの新しいプライバシー機能に加えて、プライバシー保護機能がOSに直接組み込まれました。

AIを使っての、便利な新機能を開発する機会は増えていますが、AI活用の新機能こそ、より強固なプライバシー管理機能と組み合わせる必要があります。

そのため、今回のリリースでは、「Android Private Compute Core」が導入されます。

これにより、デザイン的にプライベートな新技術を導入することができるようになりました。かつユーザーの個人情報を安全にプライバシー管理を重視しつつ、携帯電話に限って保持可能となりました。

この他にもiOS 14からのインスパイアが!