未分類

iOS16はいつリリースされる?対応機種や新機能も紹介

2022年8月3日

iOSのアップデートにより様々な機能の進化が期待されますが、最近iOS16が発表されたことにより、大きな話題となりました。

今回は、iOS16はいつリリースされるのか、iPhone・iPadの対応機種や、発表されている主な新機能を紹介していきます。

iOS16はいつリリースされる?

iOS16はいつリリースされるのでしょうか?

iOS16のリリース日と、ベータ版のリリース状況について解説していきます。

リリース日

iOS16のリリース日は、9月の後半と予想されています。

iOSの過去のリリース日をチェックしてみましょう。

iOSリリース日
iOS122018年9月17日
iOS132019年9月19日
iOS142020年9月16日
iOS152021年9月21日

過去のリリース日をチェックしてみると、どれも9月の後半にリリースされていることがわかります。ということで、iOS16のリリース日は9月の後半だと予想されます。

ベータ版のリリース

iOSではiOSを一般の人にリリースする前に、ベータ版がリリースされます。

ベータ版は開発者のためのものとなっており、iOS16もベータ版が既にリリースされています。ベータ版はベータ1~4でリリースされており、最新のベータ版は2022年7月27日となっています。

iOS16は既に、一般の人でも使用することが可能なパブリックデータがリリースされています。Appleのベータソフトウェアプログラムからダウンロードすることができます。

正式なiOS16はまだリリースされていないため、ベータ版のダウンロードはバグが発生することがあります。メインのiPhoneにダウンロードするのはリスクが高いので、サブのiPhoneにダウンロードしましょう。

【iPhone・iPad】iOSの対応機種は?

iOS16では、iOS15の対応機種からいくつか機種が消えています。

iPhoneとiPadのそれぞれ対応機種と、対応機種以外を解説していきます。

【iPhone】対応機種

iOS16のiPhoneの対応機種を紹介します。

  • iPhone13
  • iPhone13 mimi
  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro Max
  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone SE 2
  • iPhone SE 3

自分の使用しているiPhoneがあったら、iOS16は使用可能となります。

次の見出しで、対応機種以外のiPhoneを紹介していきます。

【iPhone】対応機種以外

iOS16のiPhoneの対応機種以外を紹介します。

もしもこの中に自分のiPhoneがあった場合は、買い替えを検討しておきましょう。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE 1

こちらのiPhoneは、iOS16のアップデートができません。

【iPad】対応機種

iOS16のiPadの対応機種を紹介します。

  • 12.9インチiPad Pro 第5世代
  • 12.9インチiPad Pro 第4世代
  • 12.9インチiPad Pro 第3世代
  • 12.9インチiPad Pro 第2世代
  • 12.9インチiPad Pro 第1世代
  • 11インチiPad Pro 第3世代
  • 11インチiPad Pro 第2世代
  • 11インチiPad Pro 第1世代
  • 10.5インチ iPad Pro
  • 9.7インチ iPad Pro
  • iPad Air 第5世代
  • iPad Air 第4世代
  • iPad Air 第3世代
  • iPad mini 第6世代
  • iPad mini 第5世代
  • iPad 第9世代
  • iPad 第8世代
  • iPad 第7世代
  • iPad 第6世代
  • iPad 第5世代

自分の使用しているiPadがあったら、iOS16は使用可能となります。

こちらに紹介したiPadに自分の持っているiPadがない場合は、iOSにアップデートすることができません。買い替えを検討しておきましょう。

対応機種だったとしても注意が必要

iOS16にアップデートするときの対応機種に、自分のiPhoneが入っていたとしても注意が必要です。

例えば、iOS16に対応している中でも古い機種であるiPhone 8でiOS16をアップデートすると、負荷がかかってしまう場合があります。

iPhoneは新機種になる度スペックが進化しており、それに応じたiOSとなっています。そのため古い機種で最新のiOSをインストールした場合、バッテリーの減りが早くなったり動作が重くなるなどの不具合が発生する可能性があります。

必ずしもiOSを最新にすればいいという訳でもないため、iOSをアップデートしないという選択肢を持つか、新しいiPhoneに買い替えるなど考えておいてもいいでしょう。

iOS16の主な新機能を紹介!

girl1

iOS16の主な新機能を紹介していきます。

公式で発表されているiOS16の主な新機能は、新しいロック画面・集中モードの進化・写真の共有機能・メッセージの進化・音声入力の進化・マップの進化・Appleペイの進化・ホームアプリが新しくなった・ヘルスケアの進化、があります。

それぞれの新機能を、詳しく解説していきます。

【新機能①】新しいロック画面

1つ目の新機能は、新しいロック画面です。

iOS16では今までのロック画面を一新するようなデザインとなっており、自由にカスタマイズすることができます。

表示される時計のフォントを変更したり、表示する画像をカスタマイズすることができます。また、通知が画面下に表示されるようになるため、ロック画面の画像を邪魔しません。

ロック画面のカスタマイズ度が高いので、自分だけのiPhoneをつくることができます。

【新機能②】集中モードの進化

2つ目の新機能は、集中モードの進化です。

iOS16の進化した集中モードでは、どの通知を受け取るか設定することができます。

集中モードに応じてiPhoneのロック画面を変化することができたり、いまどんな状態かによりiPhoneの雰囲気を変化させることができます。

【新機能③】写真の共有機能

3つ目の新機能は、写真の共有機能です。

iOS16では、写真に写っている人や共有ライブラリのメンバーに、簡単に写真を共有することができます。また、写真に写っている人を自動で検出して、共有ライブラリに写真を入れるか提案してくれます。

共有ライブラリでは、メンバーが編集や変更をして同期することができます。メンバーの一人が見やすくカスタマイズしたり、かわいい編集をすると、みんなに喜ばれるでしょう。

【新機能④】メッセージの進化

4つ目の新機能は、メッセージの進化です。

今までは送ったメッセージの取り消しや編集ができていませんでしたが、iOS16からは送って間もないメッセージの編集や取り消しをすることができます。

また、SherePlayで動画を見ながらメッセージのやり取りができたり、Appleのアプリを同時に使用しながらメッセージのやり取りをしつつ、共同作業をすることができます。

【新機能⑤】音声入力の進化

5つ目の新機能は、音声入力の進化です。

音声入力は今まででもありましたが、iOS16からは句読点・絵文字も音声入力で打ち込むことができます。

キーボードと併用して使うこともでき、例えばキーボードで文字入力をした直後にすぐ音声入力で文字入力をすることができます。

【新機能⑥】マップの進化

6つ目の新機能は、マップの進化です。

iOS16のマップでは、目的地の経路だけでなく複数の経由地を選択することができます。

また、マップ上でsuicaなどのウォレットアプリに追加しているカードの残高をチェックすることもできるので、目的地に行くまでマップだけチェックしておけばOKとなります。

【新機能⑦】Appleペイの進化

7つ目の新機能は、Appleペイの進化です。

iOS16のAppleペイでは、自分の購入したレシート内容をチェックすることができます。

また、メッセージアプリを使うことによって、ウォレットアプリのキーを友達に共有することができます。

【新機能⑧】ホームアプリが新しくなった

8つ目の新機能は、ホームアプリが新しくなったことです。

iOS16では、ホームアプリも再設計され新しくなりました。

再設計されたホームアプリでは、スマートホームを操作することができたり、あらたにモードが追加されてより便利になりました。

ホームアプリでは家のスマートホームカメラをチェックすることができたり、家のライト、エアコンなどを操作することができます。

スマホ1台で、より便利となるでしょう。

【新機能⑨】ヘルスケアの進化

9つ目の新機能は、ヘルスケアの進化です。

iOS16では、ヘルスケアもアップデートされます。

ヘルスケアでは新たに自分の飲んでいる薬を管理することができたり、パートナーや家族などがきちんと薬を飲んだかチェックすることができます。

ヘルスケアをパートナーや家族と共有することで、介護も楽になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

iOS16のリリースは、9月の後半と予想されています。ベータ版のリリースは、既に一般の人でも使用することが可能なパブリックデータがリリースされています。Appleのベータソフトウェアプログラムからダウンロードすることができます。

公式で発表されているiOS16の主な新機能は、新しいロック画面・集中モードの進化・写真の共有機能・メッセージの進化・音声入力の進化・マップの進化・Appleペイの進化・ホームアプリが新しくなった・ヘルスケアの進化、があります。

iOS16のリリースが楽しみですね。