【初心者必見】iPad歴10年の僕が初心者に教える便利な使い方

iPad(アイパッド)でのインターネット接続方法・便利な使い方マニュアル。画面の操作~ホームページの設定、おすすめの写真管理アプリ・クラウドアプリの他、併せて使うと最強のアクセサリを紹介しています。

ipad,使い方,初心者

iPadでのインターネット接続方法

iPad,インターネット接続

iPadでインターネットを使うには、4G(LTE) / Wifi のどちらかに接続します。

SIMカードなしのiPadの場合は自宅WiFi・Free WiFi・テザリングなどに接続します。

スマホの方は右にスライド!

WiFiに接続する場合設定 > WiFi > 接続先をタップ
4G(LTE)接続する場合SIMカードを挿入 > アクティベート
テザリングを使う場合設定 > インターネット共有 > ON

Safariでネットを使う

【基本】Safariでネットを使う方法

  1. アプリ(プリセット)からSafariをタップ。
  2. 一番上検索窓に調べたいワードを入力。
  3. 右下「確定」をタップ。

基本的にはこれだけでどんなWebサイトも開くことができます。

もしiPad以外のデバイス(MacbookやiPhone)などを使っているのであれば、iCloudから同期(またはiTunesに接続)するとブックマークやリーディングリストなどを同期できます。

Safariで使える便利機能

iPadのSafariでWebページを表示したときに使える以下の機能はとても便利。

スマホの方は右にスライド!

画面を拡大・縮小二本指でピンチアウト・ピンチイン
上下に画面を高速移動一本指で上・下にフリック
最上部に戻る画面一番上の時間表示をタップ
画面内テキストをコピーテキストを長押し > コピー 

プライベートモードの活用【出先で役立つ!】

出先でSafariを使う時に「過去の検索ワードが表示されてしまう(一緒にいる人に見られてしまう)問題を解決するにはプライベートモードの活用が便利。

プライベートモードでは、検索ワードがデバイスに記憶されないので、過去の検索ワードを他人に見られる心配がありません。

プライベートモードの表示方法

  1. Safariを開く。
  2. 画面右上のファイル 2017-02-06 20 46 42をタップ。
  3. 「プライベート」をタップ。

関連記事▶ iPhone検索履歴の削除・復元方法!Safari、Google、Yahoo、マップ等まとめ!

iPad×インターネット接続の操作【一覧】

スマホの方は右にスライド!

できること操作
リンク先をちょっとだけ見るリンク先を指で少しだけ押し込む(3DTouchに対応)
Web上の画像をiPadに保存する画像を長押し > イメージを保存
次の表示 / 前の表示画面左上の > / < をタップ
横長に表示するiPadを横にする
パソコン用表示にするURL右の矢印を長押し > デスクトップ用サイトを表示
広告画像を非表示にするURL左をタップ。
サイト内の単語の意味を見る単語長押し > 調べる をタップ
webページを印刷するURL右%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-11-04-33をタップ > プリント をタップ
よく使うサイトのお気に入り登録URL右%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-11-04-33をタップ > ブックマークを追加 をタップ
後で読みたいサイトをメモするURL右%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-11-04-33をタップ > リーディングリストに追加
ホームページへの直ボタンを設置URL右%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-11-04-33をタップ >ホーム画面に追加 をタップ
webページをPDFで保存するURL右%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-11-04-33をタップ > PDFをブックに保存 をタップ
以前に見たサイトを調べるブックマーク > 時計をタップ
新しいタブ(画面)を開くタブファイル 2017-02-06 20 46 42 >ファイル 2017-06-04 11 59 21をタップ
開いているページを切り替えるタブファイル 2017-02-06 20 46 42 > フリックしてタップ
開いているページを全て閉じるタブファイル 2017-02-06 20 46 42を長押し > すべてのタブを閉じる をタップ

GoogleChromeでインターネットを使う

iPhone,ブラウザ,Google Chrome

Safariと別のインターネットブラウザアプリで評価が最も高く、便利なのがGoogleChrome

標準モードで「プライベートモード」が使えることや、googleアカウントのログインだけで検索データ(ブックマークやお気に入りなど)が同期できてしまう手軽さが魅力です。

【Google Chromeの特徴】

  1. ブックマークや履歴を他のデバイスと共有できる!
  2. タブを無制限に作成できる!
  3. シークレットモードが標準装備!

iPadにこれだけは入れておきたい!必須アプリ

第1位Googleフォト(写真アプリ)

ライフログアプリ,GoogleフォトGoogle フォト

値段:無料

配布元:Google LLC

GoogleフォトがiPadに必須の理由がこちら

  • iPadのストレージを気にせず写真を保存できる(リミットなし)
  • 機種変更で簡単に写真データを同期(移動)できる
  • 友人や家族、グループで写真を共有できる

Googleフォトの場合、写真はiPad端末のストレージでなくGoogleフォトのクラウドストレージに保存されていきます。

つまり「ストレージ残量を気にせず写真を撮って保存できる」ということ。

もちろんiPhone・Androidなど他のデバイスで撮っている写真もiPadで管理できます。

第2位kindle(キンドルー電子書籍アプリ)

kindle,アプリ

iPadの画面の大きさを一番生かせるのが「電子書籍の活用」

kindleは専用端末がなくてもkindleアプリをiPadにインストールすれば、すぐにiPadでの読書が始められます。

  • 何百冊持ち歩いても重くない。
  • 自動ブックマークでしおり不要。
  • kindle unlimitedで雑誌が読み放題。

読み放題サービスのkindle unlimitedでは、Amazonのすべての電子書籍が格安で(一部は無料書籍)で購読できるメリットがあります。

Tarzan(ターザン)Popeye(ポップアイ)週間SPA!(スパ)など一冊千円程度のメジャー雑誌が、月980円で読み放題なのはかなり魅力的です。

特に通勤・通学時や空き時間iPadで雑誌を読みたい人にはおすすめです。

第3位Evernote(エバーノートーデータ保存アプリ)

コメントを残す




CAPTCHA