【iPhone】AirPlayで何ができる?設定方法を一から解説

iPhoneやiPadなどApple製品によく聞かれるAirPlay。AirPlayと聞いたことはあるもののどんなものなのかを理解できていない人が多くいるのではないでしょうか。そこで今回はiPhoneのAirPlayで何ができるのかをご紹介します。

iPhoneやiPadのAirPlayって何?どんな事ができるの?

まずAirPlayについて解説します。

AirPlayとは、iPhoneやiPadをApple TVと接続させることで、TV画面上にiPhoneの画面を映し出すことができるものです。

他にも、

  • ポッドキャスト
  • ミュージック

などをTV画面に映し出したり、AirPlayに対応しているスピーカーと接続をすることで音をだすこともできます。

【できる事①】iPhoneやiPadに入っている音声データを再生する

また、iPhoneやiPadに入っている音声データを再生することもできます。

iPhoneの画面に映っている情報をAirPlayを経由してテレビ画面へ映し出すこともできますし、音声データをストリーミングによって再生することもできます。

これにより、大画面でiPhoneの動画を楽しむことができるようになっています。

【できる事②】iPhoneやiPadの写真、動画をテレビ画面にも表示させる

さらに、iPhoneやiPadの写真、動画をテレビ画面にも表示させることもできます。

これがAirPlayの醍醐味といってもいいのですが、iPhoneの画面をTV画面へ映し出すことが可能です。

これにより小さいiPhoneの画面では見辛い動画でもテレビサイズの画面で見ることができますので、非常に便利です。

iPhoneやiPad内の音声データをストリーミング再生させる設定方法

ではiPhoneやiPad内の音声データをストリーミング再生させる設定方法をご紹介します。

一度設定してしまえばあとは楽につなぐことができますので、設定方法はこれをみながら進めてください。

【ストリーミング①】デバイスを出力先と同じWiFiに接続する

まず設定方法は、デバイスを出力先と同じWiFiに接続しましょう。

AirPlayをしてデバイスと出力先を同じ画面にするためには、同じWi-Fiに接続しておく必要があります。

別のWi-Fiに接続している場合は、AirPlayをすることができません。

【ストリーミング②】ストリーミングしたい音声データを探す

次の設定方法は、ストリーミングしたい音声データを探しましょう。

ポッドキャストでもいいですしYouTubeでもいいので、AirPlayでストリーミングをしたい音声データを探してください。

【ストリーミング③】AirPlayアイコンをタップする