iCloudストレージを減らす方法!おすすめツールも紹介!

皆さんはiCloudストレージを使っていて容量オーバーになったことはありますか?正直長年使っているとiCloudストレージの容量がとんでもないことになりますよね。今回はiCloudストレージを減らす方法を見ていきます。また、おすすめのツールもご紹介!

まずはicloud ストレージの空き容量を確認する

まずはiCloudストレージの空き容量を確認しましょう。

iCloudストレージの空き容量が足りない状態になると「iCloudストレージに充分な空き容量がないためこのiPhoneのバックアップは作成できません」と表示されてしまいます。

この状態でデバイスの保存やバックアップを取らずに破損したり紛失すると大切なデータが無くなってしまいます。

なので早め早めの対処が必要です。

 

ではiCloudストレージの空き容量を確認しましょう。

まず設定アプリのトップページ最上部にある「ユーザー名」→「iCloud」。

最上部にある

  • 写真
  • 書類
  • メール
  • バックアップ
  • その他

で色分けされた帯グラフが出てきます。

これがiCloudの使用状況を示しているんですね。

 

この使用容量が大半を占めている場合はちょっと危ないです。

空き容量が不足している状態です。

 

またiCloudストレージ容量を使用しているファイルの詳細をチェックする方法は以下の通りです。

まず帯グラフ下にある「ストレージを管理」からチェック可能です。

詳しく知りたい場合はこの方法を駆使しましょう。

icloud ストレージの容量を減らす方法

では本題のicloud ストレージの容量を減らす方法を見ていきましょう。

icloud ストレージの容量はいつでも少ない状態を保ちたいものですよね。

ではicloud ストレージの容量を減らす方法を見ていきます。

icloud ストレージの写真ファイルを減らす

まず初めにicloud ストレージの写真ファイルを減らしましょう。

icloud ストレージの容量において写真が一番容量を食っている場合が多いです。

写真撮影を日常的にしている人は要注意ですね。

写真は無料ストレージに移動するなどの対処が必要になってきます。

 

ではicloud ストレージの写真ファイルをオフにする方法は以下の通りです。

まず設定アプリの最上部「ユーザー名」→「iCloud」。

「写真」→「iCloud写真」をオフにしましょう。

これで完了です。

icloud ストレージ内の不要な写真や動画を削除する。

またicloud ストレージ内の不要な写真や動画を削除するのもいいですね。

もう見ないような写真は消してしまいましょう。

では手順を見ていきます。

 

まず「写真」→「選択」で削除したい写真を選択。

次にごみ箱のアイコンをタップし「写真を削除」で削除しましょう。

これでいらない写真などを削除することができます。

写真を自動的にiCloudストレージに保存されないよう設定する。

また写真を自動的にiCloudストレージに保存されないよう設定することも有効です。

方法は結構簡単なのでサクサクっとやっていきましょう。

まず「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージを管理」→「iCloudフォトライブラリ」→「無効にして削除」→「写真とビデオを削除」をタップします。

これでこれからiPhoneへは自動的にiCloudストレージに保存されないようになりました。

あとは手動でiCloudストレージへ保存していく必要がありますが圧迫することが無くなります。

icloud ストレージの書類ファイルを減らす

ではicloud ストレージの書類ファイルを減らすこともしていきましょう。

書類ファイルにはPDF資料などが入っています。

そのデータはすべて書類ファイルに保存されています。

PDFなんてかなり高容量になっているのでササっと消してしまいたいところです。

 

icloud ストレージの書類ファイルを減らす方法は以下の通りです。

まずiPhoneで「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージ管理」。

ここで削除したい書類とデータの中身を確認しましょう。

不要なデータがあれば削除していきます。

icloud ストレージのメールファイルを減らす

次はicloud ストレージのメールファイルを減らしましょう。

実はicloudのメールアカウントからメールメッセージを削除すればicloud ストレージの空き容量を増やすことができます。

icloud ストレージのメールファイルを減らす方法を見ていきましょう。

 

まずicloud.comにログイン。

そしてサインインして「メール」へ。

不要なメッセージを選択して削除しましょう。

これで「設定」をタップして「ゴミ箱を空にする」で完了。

 

またicloud ストレージを利用しているすべてのデバイスで迷惑メールやごみ箱フォルダ内のメールを削除しましょう。

これでも減らなければ不要な添付ファイルを削除してみましょう。

これでicloud ストレージが減る場合がありますよ!

icloud ストレージのバックアップのサイズを減らす

次はicloud ストレージのバックアップのサイズを減らしましょう。

icloud ストレージのバックアップもかなりの容量を占めているので削除しましょう。

 

まずiCloudはすべてのアプリのデータを保持しています。

その中には不要な情報やデータも入っているんdネスね。

またTwitterやInstagramはデータをサービスのサーバーが管理しています。

なのでいちいちicloudに入れておく必要なんてないんですね。

そのようなアプリのバックアップを削除しておくと変に容量を食わなくて済みます。

では方法を見ていきます。

 

まず「設定」→「ユーザー名」→「icloud」→「ストレージを管理」→「バックアップ」をタップ。

次にデバイス名をタップして「バックアップするデータを選択。

ここからicloudバックアップから削除したいアプリデータをオフにし「オフにして削除」をタップ。

これで完了です。

また別の方法でもあります。

まず「設定」→「ユーザー名」→「icloud」→「ストレージを管理」→「バックアップ」をタップ。

デバイスの名前をタップしいた番したまでスクロール。

「バックアップを削除」→「オフにして削除」でも削除することができます。

さらにはアプリ自体を消してしまうのも1つの手ですね。

その他のiCloudストレージを圧迫する原因は?