【簡単】iPhoneカメラレンズのゴミや曇りを掃除する方法

スポンサーリンク

ども、Apple Geekです!今回は iPhone カメラレンズに付着したゴミほこりを掃除方法をご紹介します。

iphone camera gomi1

じつは最近になって、 iPhone カメラで撮影した写真になぜか毎回黒い斑点がつくようになりました。

これはおかしいと思い調べてみたところ、どうやらカメラレンズにゴミが付着していることが判明しました!

すぐにApple正規の修理受付に持っていくことを考えましたが、掃除でゴミがとれる事例を見つけたので試してみることに・・・!

Sponsored Links


カメラレンズのゴミほこりを掃除する簡単な方法とは?

修理へ持っていく前にまずは自力で解決できるか試してみましょう。

エアダスタースプレーで掃除をする

方法は簡単で、エアダスタースプレーを使って掃除します。

ダスタースプレー
⇒楽天ショップで見てみる

背面カメラやフロントカメラのレンズに向けてエアダスターを噴射して掃除します。

もし内部にゴミが侵入している場合だと、端末構造上の問題になるのでAppleに責任があります。

アルコール&柔らかい布で拭き取る

アルコールを掛けて、柔らかい布か iPhone 用のクロスで優しく拭き取ってください。

この時、ティッシュを使うと、細かいくずがついてしまうので、ティッシュを使ってはいけません。

iPhone のカメラが曇っている場合は、乾燥させる

iPhone のカメラレンズが曇っている場合は、 iPhone 本体を乾燥させる方法が効果的です。

ジップロックに iPhone をいれて、シリカゲルと一緒に密閉しましょう。半日〜一日も放置すれば、だいたい乾燥します。

iPhone はジップロックの上からでも操作できます。

【注意】間違っても自分で分解しないように

iPhone のカメラレンズを掃除する際、レンズを取り外そうとして分解し、治せなくなったら元も子もありません。

カメラレンズを取り外して内部も掃除したい場合は、 iPhone を修理に出しましょう。


iPhone のカメラ内部にゴミが入っていた場合

写真が白っぽく濁るなどの症状が見られる場合には、レンズの内部が故障している可能性があります。

Appleの正規修理店へ持ちこみ修理する

内部にゴミが進入している場合は、素人の手には負えないので、Appleの正規修理店へ持っていきましょう。

iPhonを無料交換できる場合もある

条件が揃っていれば無料で iPhone ごと交換することもできます。

水没破損ではなく iPhone 構造上の不具合で、購入から1年以内だったので補償対象で無料交換になります。

もしAppleの保証対象外でも各キャリアの保証オプションに加入していれば80%くらいは負担してくれるので契約しているキャリアへ問い合わせてみましょう。

ちなみにソフトバンクの安心保証パックに加入していれば、最初に約27,000円をAppleにその場で支払い、後で月額料金から約80%が分割で天引きされていきます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

自力で掃除しても解決しなければ、Apple正規店で無料交換してもらえる可能性が高いので焦らずに対応しましょう。

また、再発を防止するために iPhone カバーは必ず装着するようにしておくことをおススメします!

 


コメントを残す