iPhoneApp Storeのアップデート通知が消えない時の対処方法とは?

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPhone/iPadを使っていてこんな悩みありませんか?App Storeでアプリのアップデートができない!「アップデート」ボタンが「開く」ボタンになってる!アップデートしてるはずなのに通知バッジの数字が消えない!

原因と対処方法を紹介しますので、これらの症状に悩んでいた方は必見です!

appsotre

こんにちは、Apple Geeksライターのなおたろです。私はライターをしている関係上、執筆作業関係のアプリを複数インストールしています。

数えて見ると、その数12。他にもゲームやニュースアプリなど、色々なアプリをインストールしています。

きっとみなさんも、自分好みのアプリを集めて便利に使っていることでしょう。

インストールしているアプリが多いほど、App Storeのアプリ更新通知もたくさん届くようになりますよね。

これに関連して、App Storeのアップデートを通知する赤のバッヂがずっと消えずに残るというエラーが確認されています。

発生するケースと対処法を紹介しますので、通知が消えずに困っていた方は必読です!

Sponsored Links


AppStoreでiPhoneアプリのアップデートができない原因

 pyoko3-1_questionなぜAppStoreでアップデートができなくなるのか、まずは原因を見ていきましょう。

  1. iPhoneの空き容量が不足している。
  2. iOSのバージョンが最新ではない。
  3. アプリそのもののバグ(AppStore / アップデートしようとしているアプリ)
  4. AppStoreの障害。
  5. AppleIDのログインがうまくできていない。
  6. インターネット接続状況。
  7. デバイス内キャッシュの溜まりすぎ。

この項目からピンと来た人は対処してみてください。対処方法がわからない人は次の項目でそれぞれの解消方法を説明していますので参考にしてみてくださいね。

AppStoreでiPhoneアプリのアップデートができない時の対処方法

 それぞれの問題の解消法を説明していきます。

1.iPhone本体のデータを削除する

iPhoneのストレージ空き容量は言い換えると「iPhoneの作業スペース」。データで埋まりつくしている状態ではiPhoneがうまっく動作することができなくなります。まずは設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40>一般>ストレージとiCloudの使用状況からiPhoneのストレージ容量が一杯一杯になっていないかチェックしてみましょう。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-49 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-05-21-00-38

使用可能に表示される数値が空き容量を表しています。この数値がすくない時には、スマホの動作が重くなりやすい状態。この場合はストレージを管理>データの重い順にアプリを表示し、削除できるアプリを削除するか、アプリ内のデータを整理することで空き容量を増やすことができます。

写真や動画を移し替える方法としてはDropboxやGooglePhotoなどのクラウドストレージが便利。

初心者でも簡単!クラウドストレージにデータを移し替える方法

アルバムから写真を削除する場合には、最後に画面下アルバムから最近削除した項目を開き、〝すべて削除〟しておくことでストレージの空き容量を確保することができます↓

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-50

2.iOSのバージョンをアップデートする

iOSはiPhoneの動作全体を担っているソフトウェア。iPhoneの動作を最適な状態に保つにはiOSを最新にしておくことが必須です。まずはiOSが最新になっているかチェックしてみましょう。

  1. 設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40を開く
  2. 一般からソフトウェアアップデートをタップ。
  3. 新しいバージョンのiOSが表示された場合は今すぐインストールをタップしアップデートします。

    ※iPhone単体でアップデートする場合にWi-Fi接続 / 十分なバッテリー残量が必要になります。

3.アプリのバグを解消する

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37AppStoreアプリのバグ対処

AppStoreアプリ自体にバグが発生している場合にはアップデートの動作を正常に行えない場合があります。この場合にはマルチタスクからAppStoreを完全に閉じ、ホーム画面から再起動してリセットしましょう。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37アップデートしようとしているアプリのバグ対処

特定のアプリのアップデートができない場合には、そのアプリのバグによる動作の不具合が考えられます。この場合にはアプリを一度削除し、AppStoreから再度インストールすることでアップデートと同じ効果(最新バージョンをインストール)を得ることができます。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-43 %e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-42

※ただしLINEなどトーク履歴バックアップが必要な場合は手順に注意。
LINEのトーク履歴のバックアップと復元する方法はコチラ

4.AppStore障害

AppStoreそのもの(サーバー側)に問題がある場合にはアップデートの動作が行えなくなるという事があるようです。この場合には一時的な問題なので少し時間がたってからアクセスするとアップデートが行えるようになります。

5.AppleIDに再ログイン

AppStoreでのアップデートにはAppleIDでのログインが必須。通常はログアウトしない限りはログインした状態に保存されていますが、AppleIDアカウントを2つ持っている場合などにはAppStoreでのアップデートが通常通りに進まないことがあります。(読み込みアイコン%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-05-20-16-15が回り続ける状態)

この場合には設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40> iTunes StoreとAppStore%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-21-53-28からIDをタップしサインアウト>再度ログインを行うことでアップデートの動作が改善します。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-48

6.インターネット接続状況

インターネットへの接続が不安定な状態だとAppStoreでのアプリのアップデートに時間がかかったり、アップデートがエラーになることがあります。ネットの接続環境の確認はココ→%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-45Wi-Fiの人はココ→%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-44から確認できます。

電波は悪くないのにネットが使えない(Safariが見られない・他のSNSのデータ更新ができない)などの状態になっている場合には、一度フライトモード%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-05-15-44-44にしてネット接続をOFFの状態にした後、%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-05-15-44-44をOFFにすると接続をリセットできます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-13-11-48 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-05-15-41-16

7.iPhone内のキャッシュの削除

iPhoneもPCと同じように一時保存データ(キャッシュ)が存在します。このキャッシュは連続してiPhoneを稼働している状態が続くと溜まりつづけて動作を重くする原因になります。

iPhoneのキャッシュは再起動することで解放(解消)できるので、「最近iPhoneの再起動をしていないな」という人は再起動してアップデートの動作を確認してみてください。

App storeのアップデート通知が消えない!

app tuuti

アプリのアップデートを全て行って、新しいデータのダウンロードと再インストールが完了したはずなのに、App Storeの右上に表示される赤い数字のバッヂが消えない。

App Storeの「アップデート」を開いてみると、一瞬「アップデート」のボタンが復活する。

こんなエラーが確認されています。

アプリの更新自体は正常に行われているので、App Storeのエラーであると考えられています。

致命的なエラーではないもののApp Storeの通知が消えないままだと、

「何か更新し忘れているのかな?」

「新しいアプリのアップデートが来ているのか、何だか分かりにくいなぁ」

と感じてしまいそう。

気持ちのいいものではないですよね。

この現象は、iOS8にiTunesを使って、有線でアップデートを行った場合に報告されています。

その他にも発生する可能性は否定できません。

pyoko3-1_questionバッジが消えない原因は?

app

App Storeの通知バッヂが消えずに残ってしまうエラーの原因は、iOSとApp Storeとの情報のやりとりが正常に行えていないことです。

あくまでも「アプリを更新した」という情報のやり取りにバグがあるだけで、アプリの更新そのものは実行できるため致命的なエラーではありません。

また、App Storeに問題があると思われているものの、現状ではApp Storeそのもののアップデートでもまだ解決を見ていないとのことです。

バグの存在はわかっているものの、どこにバグがあるのかは残念ながらはっきりしていません。

ホーム画面で通知の数字を消す方法

そのため、これから紹介する方法は対処法とはいっても、発生しているエラーを根本から解決するものではないことをあらかじめ断っておきます。

App Storeに通知のバッヂが表示されっぱなしなのが嫌なら、ちょっぴり乱暴ですが、App Storeの通知のバッヂだけを非表示にしてしまうという方法があります。

「設定」>「通知」>「App Store」>「Appアイコンバッヂ表示」を開き、スライダをOFFにすることでApp Storeアプリのみバッヂが非表示になります。

App Store以外のアプリでは通常通り、通知を受け取ればバッヂが表示されます。

この方法を試すと通知のバッヂは消えますが、アプリの更新が来ていてもバッヂが表示されないため、手動でアップデートが来ていないか確認する必要があります。

こんなデメリットもありますので実行は自己判断でどうぞ。

まとめ

いかがでしたか?

小さなバグではあるものの、通知が消えないのはやっぱり気になってしまいますよね。

根本からの解決法が確認されていないので残念ですが、解決は今後のアップデートに期待しておきましょう。

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す