iPhone度重なる落下でタッチパネルが反応しない時の対処方法

iPhoneのタッチパネルが反応しない・ロック解除できない・キーボードの一部が押せない時の原因と対処方法。水没や縦線が入るなど、アップデートや再起動・タッチ感度を上げるだけで治らない場合の修理方法。バックアップ手順~初期化+復元方法も。

iPhoneのタッチパネルが反応しない原因

iPhoneのタッチパネルが反応しないことで焦ってしまいがちですが、冷静に問題の切り分けを行うことが大事です。
ここではタッチパネルが反応しない時の主な原因となる4つの状況を解説します。

保護ガラス・保護フィルム

iPhoneなどのスマートフォンのタッチパネルは、人間の指が触れることで静電気を認識して反応しています。

保護フィルムはこのタッチパネルと指の接地面に介入するため、パネルが静電気の認識をする際の障害に少なからずなっています。

保護フィルムで多いトラブル

  • 保護フィルムの経年劣化
  • 保護フィルムについた汚れ
  • 保護フィルムに生じたヒビや折り目

などでパネルが指からの静電気を感知できなくなっている可能性があります。

iOSのバグ

アップデートによりタッチ反応が悪くなった場合はすぐに改善されたものがリリースされます。

バグが少ないiPhoneの場合でも、全くないわけではないのでアップデートは心がけておくようにしましょう。

バッテリーの故障

リチウムバッテリーは、何度も充電を繰り返すうちに膨張することがあります。

膨張している場合、物理的な圧迫で、正常に静電気を感知出来なくなるということもあります。

iPhoneのバッテリー膨張が明らかにわかる(画面が浮いている、iPhoneが膨れているなど)場合は、思わぬ事故につながる場合もあります。

本体の故障

iPhoneの中の基盤が、度重なる落下による衝撃で破損してしまった場合、うまくiPhoneが機能しなくなります。

打ち所が悪ければ、たとえ一回でも基盤がやられてしまうこともあります。

落下だけに限らず、水濡れや湾曲による故障も考えられるので、これまでのiPhoneの扱い方を見直してみるといいでしょう。

iPhoneのタッチパネルが反応しない時の10の対処方法

iPhoneのタッチパネルが反応しない時、修理に出す前に自分たちでできる簡単な改善方法があります。

ここではその方法をご紹介します。

【下準備】バックアップを取る

コメントを残す