【Apple Music】自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期する方法

Apple Musicで自分で取り込んだ曲をiPhoneや iCloudミュージックライブラリ、iTunesのプレイリストに入れることはできるのでしょうか。手順ややり方を紹介していきますので、ぜひチャレンジしてみてください。

【Apple Music】自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期させる方法

Apple Musicで自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期させる方法を紹介していくので、Apple Musicで自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期させたい人は参考にしてください。

準備

まず準備するものはパソコンとスマートフォン、同期させたいCDなどの音源や、外付けのCDドライブ、そしてiTunesです。これらを用意することによって曲を同期することができるのです。

手順①PCでサインインする

まずApple Musicで自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期するにはPCでサインインします。サインインすることでApple Musicの自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期できます。

手順②PCの環境設定でiCloudミュージックライブラリ設定を有効にする

PCの環境設定でiCloudミュージックライブラリを有効にしなくてはいけません。有効にしないとApple Musicで自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期することができないのです。

手順③iPhoneのiCloudミュージックライブラリ設定を有効にする

iPhoneの設定のアプリでiCloudミュージックライブラリ設定を有効にしてください。Apple Musicで自分で取り込んだ曲をiPhoneに同期することができないので注意です。

手順④Apple Music App/iTunesのライブラリを開く

Apple MusicでApp/iTunesのライブラリを開いてください。App/iTunesのライブラリはiTunesの設定などをすることができるので、設定アプリを確認しましょう。

手順⑤同期したい曲を取り込む