【壊れた】iPhoneのホームボタンが効かない不具合の原因と修理料金とは?

スポンサーリンク

ども、Apple Geekです!今回はiPhoneのホームボタンがきかない不具合の原因と修理料金についてご紹介します。

iPhone6を購入して約半年が経過し、最近ホームボタンの調子が悪いな~」と思っていたら突然きかなくなりました。

ホームボタンはいわばiPhoneの中核のような機能を担っているので、使えなくなると結構困るものですね・・・。(汗)

そこで色々調べてみた結果、主に3つの原因があることが判明。

今回はその3つの原因と対策方法をご紹介していきます。

ホームボタンが壊れた?よくある症状

ホームボタンの調子が悪い?まずは次のような症状があるかチェック!

  • ホームボタンを押しても画面がなかなか切り替わらない。
  • 強く押さないと反応しない。
  • 反応するときとしない時がある。



ホームボタンが効かない時の解決方法5つを症状別に解説!

それでは早速、原因に対する解決方法を症状別に解説していきます。

ホームボタンからカチカチ・パキパキ・メキメキなどの異音がする

ホームボタンを押したときのカチカチ・メキメキといった音がする時の原因と考えられるのがコレ↓↓

  • ホームボタンの隙間に異物が挟まっている。
  • ホームボタン内部の金属部が変形している。(特に寒い場合)
  • 初期不良。

ホームボタン付近の掃除をする

Processed with MOLDIV

パッと見で明らかに埃やごみが見えるような状態の場合にはホームボタンをキレイに掃除しましょう。

異物をとりのぞいておくことで、状態が悪化するのを防ぐことはできます。

Apple公式ページで推奨されているiPhoneの掃除方法は?

  1. ケーブル類は取り外し、電源は切っておく。
  2. 糸くずの出ないやわらかい布を使う。
  3. 水分が開口部から入らない程度に布を湿らせおく。
  4. 洗剤は使用しないこと。

参考URL:Apple公式サイト

こする・デコピン・無水エタノールで掃除するのは安全?

いずれの方法もAppleでは推奨されていません。エタノールはSIMの掃除を行う場合のみ少量を使用してふき取る方法がOKとされていますが、ホームボタンの掃除ではNGです。

ホームボタンは押し込むと外部と内部にわずかな隙間ができるため、内部に入り込む可能性のある液体の使用は特に推奨されません

こする・デコピンをするとホームボタンが直るという都市伝説(?)もあるようですが、物理的に改善される可能性と同時に破損を招く可能性もあるので良い方法であるとは言えません。

温度によってパキパキ音が解消することもある

ホームボタン内側の金属部は特に寒さで変形するため、適度な温度環境ではパキパキ音が解消することがあります。

初期不良でパキパキ音がする場合は Apple Store に相談

購入時からパキパキ音があるということが稀にあります。

初期不良や使い続けた結果、ホームボタン裏側にある金属版が劣化して押せなくなったり陥没が発生するそうです。

この場合には初期不良の可能性が高いので、AppleStoreに相談しましょう。


スリープボタンが壊れて電源がつけられない場合

スリープボタンが壊れた場合は、アクセシビリティ機能を使うことで、ボタン機能が故障した際にも操作を行うことができます。

アクセシビリティ機能( Assistive Touch )を使う

iPhoneには説明書には載ってないような便利な裏技がたくさん存在します。

その中の1つが、ボタン機能が故障した際でもタッチ操作だけでホームボタンの代わりの役割を果たす設定です。

ホームボタン操作の使い方

IMG_0550

  1. 設定をタップする
  2. 一般をタップする
  3. アクセシビリティをタップする
  4. Assistive Touchをタップする
  5. ボタンをスライドしてオンにする(緑色の状態)

オンにすると画面右下に小さな丸いアイコンが表示されます。

アイコンをタップすると、次のようなポップアップメニューが表示されるので「ホーム」をタップすればホーム画面に戻ります。

この「ホーム」が壊れたホームボタンの代わりになってくれるので使ってみてください。

電源 ON/OFF 操作の使い方

iPhoneはライトニングケーブル > コンセントに接続することで自動的に電源がONになります。

電源OFFの動作はAssistive Touch > デバイス > 画面をロック > 長押しで行えます。

IMG_0550 イメージ 52

ストレージ空き容量の不足が考えられる場合

ホームボタンを押すことでiOSによって動作が選択されますが、このときiPhoneの作業スペースであるストレージの空き容量が少ないと、動作を処理するのに時間がかかり、反応が重くなったり遅れたりすることがあります。

ストレージの空き容量を確認する

ホームボタンを押してからの反応が遅いという症状の場合にはストレージの空き容量が不足している可能性が考えられます。この場合には空き容量を増やすことでホームボタンの反応を改善することが可能です。

まずは%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40 > 一般 > ストレージとiCloudの使用状況から空き容量をチェック!↓↓

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-49 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-05-21-00-38

使用可能に表示される数値が空き容量を表しています。この数値がすくない時には、ホームボタンの反応が悪くなりやすい状態。この場合はストレージを管理>データの重い順にアプリを表示し、削除できるアプリを削除するか、アプリ内のデータを整理することで空き容量を増やすことができます。

マルチタスクを終了させる

iPhoneのマルチタスクはアプリを開いた状態で保存しておく機能。マルチタスクを複数開くこと自体がiPhoneの反応を重くするものではないと考えられていますが、iPhoneのメモリは2GB程度とそこまで大きくはありませんので、マルチタスクはなるべく閉じておくほうがベターでしょう。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-46 %e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-47

再起動してみる

iPhoneは使用しているあいだにキャッシュ(一時的に保存されるデータ)をため込んでいきます。

このキャッシュが多くなるとiPhoneの動作に必要な作業スペースが少なくなるため、ホームボタン動作が重くなることがあります。

キャッシュは再起動すると削除することができます。


ホームボタンの修理代金はおいくら?

アクセシビリティ機能は、ひとまずの応急処置に過ぎません。

出来ればApple Storeや正規プロパイダーへ見せて修理した方が良いですね。

ただそこで気になるのは修理にかかるお金です。

修理にかかる費用

AppleCare+

AppleCare+for iPhoneという有料の保証サービスへ加入している場合、故意じゃないホームボタンの故障は無料で受けられます。

修理といっても新品との交換になるので、長年使っていた場合は嬉しいですねw

ちなみに落下の形跡など故意と見られる故障については、7,800円を支払わなければいけませんが新品と交換してくれます。

【iPhoneの故障】修理の出し方!代替機やデータのバックアップ解説

他の修理方法は?修理の時の注意点。

AppleStoreやAppleと提携している修理代理店の他に、AppleStoreよりも安くiPhoneの修理を受け付けている店舗は多くあります。ただしホームボタンのガラス部をApple純正ではないサードパーティー製の部品に交換した場合〝エラー53〟という表示が出てiPhoneが起動できなくなるという問題があるので注意が必要です。(Apple公式ページにも明記アリ

ホームボタンの修理をするときは〝エラー53〟についての認識があるかを確認してからお願いするようにしましょう。


ホームボタンの故障や陥没の予防

iPhoneのホームボタンの故障で致命的になるのが異物が内部に入り込むことによっておこる問題です。

砂や水が入り込む可能性がある場合にはホームボタンをカバーできる防塵・防水のケースなどを活用すると故障を防ぐことが出来ます。

最近の防水・防塵ケースはパッと見防水ケースと分からないくらいスリムになっており、もちろんTouchIDにも対応しているので気になる人はチェックしてみてくださいね♪

2017年オススメ防水・防塵ケース


まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし、今回の対処方法で解決しなかった場合はAppleサポートへ問い合わせることをおススメします。

他にもiPhoneに関する不具合や故障について原因や解決策をまとめてみました!


コメントを残す