【最新2016】iPhone5sとSEの画面サイズや重量を徹底比較!

この記事は約 5 分で読むことができます。

iPhone5sリリースのあと、iPhone6,6sに続いてSEが発売されたわけですが、このSEはいわば6sでの巨大化から一歩引いてもとの小型のiPhoneを再現した形が特徴のモデルとなっています。形自体はほとんど5sと同じに見えるものの、中身に関しては5sと比べるとかなり進化していると言えます。今回は5sとSEの外身、中身の違いを比較してみました。

iphone5s se

iPhone5sとSEの画面サイズや重量を比較

 iPhone 5siPhone SE
重量112g113g
画面サイズ 4型液晶 4型液晶
 大きさ

高さ:123.8 mm
幅:58.6 mm
厚さ:7.6 mm

高さ:123.8 mm
幅:58.6 mm
厚さ:7.6 mm
 ディスプレイRetinaディスプレイ Retinaディスプレイ
 バッテリー 3Gで最大10時間 3Gで最大14時間
 カラー スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー 
 VoLTE ×

 

 動画撮影 フルHD 4K
 カメラ(out / in) 8メガ/1.2メガ 12メガ/1.2メガ
 CPU A7,M7 Apple A9,M9

Sponsored Links


感触の違い

iPhone5sでは光沢のある質感だったエッヂ部分がSEではマットな感触のアルミニウムに、また背面のアップルマークは6sと同様、別パーツを埋め込んだタイプになっています。ケースを付けると見えなくなる部分ではありますが、SEでは5sより高級感とこだわりのある質感と言えるでしょう。

バッテリー

バッテリーに関しては3G回線での連続通話時間はSEでは5sよりも4時間長い14時間となっており、かなり大きな違いがあります。この違いはCPUのパフォーマンス向上によるものだそう。(後述)

重量

1gの差はありますが両モデルとも110g程度とかなり軽いモデルとなっています。6sの144g、6sPlusでは192gでしたのでこの点ではかなり軽量化しています。

カメラ

カメラに関してはアウトカム(背面のカメラ)の性能として5sと比べてSEの方が4メガ(400万画素)ほど多く、カメラ撮影のクオリティはSEの方が段違いで良いといえるでしょう。(インカムに関しては5s / SEの両モデルとも1.2メガ(120万画素)ですが、iPhone6sでは5メガ(500万画素)でしたのでこの点は6sに劣っているポイントです。インカムを使ってビデオ通話することが多いという人や、インカムの画質にこだわるひとは6s,6sPlusの方がオススメです)

通話

データ通信でLTE回線を使用していても、音声通話時には3G回線を使用するというのが従来の方法でした。そこで音声通話で使用できるLTE回線として導入されたのがVoLTE。iPhone6,SEではこのVoLTE回線の使用が可能となったため、この回線を使用すると通話の音声クオリティが向上するというメリットがあります。iPhone5sでは通話時に3g回線までしか対応していないため、この点に関してもSEは優れています。

カラーバリエーション

iPhone6sの販売時には新色であるローズゴールドの人気が高く、かなりの売れ筋商品となりましたが、SEでも人気のローズゴールドを加えており、この点は6sのラインナップをそのまま取り入れた形となっています。

動画撮影

4Kは簡単にいうとフルHDの縦横をそれぞれ約2倍にしたサイズ。この性能の違いはiPhoneで録画したものを大きなディスプレイで表示したときにあらわれるものです。普段iPhoneで動画を撮影したものをPCやTVなどほかのデバイスで見ることがない人にはさほど関係のない機能かもしれませんが、撮影した動画をPCのディスプレイに表示したときに画素が荒いのが気になるという人や、普段からiPhoneで撮影した動画をYoutubeなどにアップする機会の多い人にはうれしい機能ですね。

CPU

CPUは簡潔にいうとiPhoneの〝頭脳〟にもあたる、もっとも重要な部分。iPhoneSE(6s, 6sPlus)ではこの頭脳が向上したことで、情報の処理を効率的に行えるようになり、バッテリー駆動時間も長くなりました。SEではCPUのパフォーマンスが70%向上(グラフィックパフォーマンスは90%向上)した仕様となっていることで、5sと比較するとiPhoneの動作はかなり軽くなっているはずです。

まとめ

ただ軽量化し安価なモデルというイメージの強いSEですが、CPU自体はiPhone6s / 6sPlusと同じApple A9、M9を搭載していることや、アウトカムも6s/6sPlusと同じレベルの高画質なものが撮れるなど、性能的には6sや6sPlusに劣らないといえるのではないでしょうか。

5sからの買い替えを考えている人はiPhoneSEでも性能面で不満を感じることはないと思われます。

次期iPhone(6SE?7?)では6sのモデルからはマイナーチェンジに留まると考えられていますので、9月以降の型落ちモデルとして6s / SEの価格が安くなる可能性が高く買い替えを考えている人は9月以降がねらい目です。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎iPhone SEに乗り換えならau/ソフトバンク/ドコモのどれが安い?
▶︎iPhone SEの端末価格と月額料金をau/ソフトバンク/ドコモで比較!
▶︎【最新】iPhone SEの防水衝撃ケース人気ランキングTOP3!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す