新型iPhone7搭載の防水機能スペックとメリット・デメリットとは?

この記事は約 5 分で読むことができます。

iPhone7 / 7Plusから、いよいよiPhoneにも防水機能が搭載されました。そこで今回は、iPhone7 / 7Plusの防水機能のスペックとメリット・デメリットをまとめました。

iphone7防水

Androidスマートフォンやガラケーでは、かなり前から当たり前のように搭載されていた防水機能。

雨や雪の多い日本の土地柄を考えると、その存在は非常にありがたいものです。

また、キッチンやお風呂など、家の中でも水に濡れやすい場所は多々あります。

常に手許に置いておくことが多いiPhoneですから、水に強くなるのは助かるという方も多いのではないでしょうか?

でも、一口に防水といっても、その性能には様々なレベルがあることをご存知でしたか?

今回は、そんな防水性能についての解説と、iPhone7 / 7Plusの防水スペックやそのメリット・デメリットをお伝えします。

Sponsored Links


防水でよく聞く「IPコード」とは?

iphone7 防水

iPhone7 / 7Plusに限らず、防水機能を備えた機器で最近よく耳にするのが、IP67とかIPX7といった英字と数字の組み合わせです。

これらはIPコードといって、その数値と英字の組み合わせで防水と防塵機能のレベルを示しており、IEC(国際電気標準会議)が提唱している国際規格です。

読み方も至って簡単。IPのあとに続く2桁の英数字に意味が割り当てられており、それを見ればどの程度の防水や防塵性能をもっているかがわかります。

読み方はこんな感じ。

IP◯□

下二桁(◯にあたる部分)の英数字は、防塵機能のレベルを示しています。
数値ごとの性能はこんな感じ。

第1記号(人体および固形物に対する保護等級0~6)図

引用元:TAKIGEN|技術情報 防水規格 IP表記

残りの下一桁(□にあたる部分)の英数字は、防水機能のレベルを示しています。

第2記号(水の浸入に対する保護等級0~8)図

引用元:TAKIGEN|技術情報 防水規格 IP表記

ちなみに、防水または防塵機能のレベルのみを表現する場合には、使わない方の桁にXを入れることがあります。(例:IPX7、IP6X等)

ね、簡単でしょ?

気になるiPhone7 / 7Plusの防水性能

iphone7 防水

では、前項の表に従ってiPhone7 / 7Plusの防水関係の性能を見ていきましょう。

iPhone7 / 7PlusはAppleからIP67と発表されていますので、防水と防塵の双方を備えていることがわかります。

防塵性能は最高レベル

まず、防塵については、数字の6が入っているので最高レベルの防塵性能を備えていることがわかります。

防水性能も必要十分

次に気になる防水性能ですが、こちらは上から2番目の防浸型になります。

規定の環境(水面下15cm〜1mに30分間)の範囲では内部に水が侵入しない性能ということで、完全な防水という訳ではありません。

iPhone7 / 7Plusの防水機能~メリット編

iPhone7 / 7Plusの防水性能がわかったところで、今度はそのメリットを見ていきましょう。

台所で使える

ちょっと水が掛かった程度なら問題ありませんから、台所で好きな音楽を掛けたり、radikoなどでラジオを聴きながらお料理や洗い物をすることもできます。

さらに、iPhone7 / 7Plusでは内蔵スピーカーがステレオ化されているので、本体だけでもある程度の音量と音質を確保することが可能です。

料理のレシピサイトを見ながらクッキングも気軽にできますし、料理風景をiPhone7 / 7Plusで撮影してYouTubeやニコニコ動画などにアップすることも、今まで以上に安心して行えるようになるでしょう。

アウトドアでも使い易い

キャンプや登山、海水浴などのアウトドアでは、防水防塵機能があればより安心です。

子供達が水遊びする光景を撮影中、水しぶきが掛かっても大丈夫。
そう、iPhone7 / 7Plusならね。

雨の中でも安心して使える

外出中に雨に降られたとき、傘を差したまま電話やメールをせざるを得なくなる場面もあるでしょう。

そんなときも、iPhone7 / 7Plusなら防水機能があるので、雨を気にせず電話やメールを使うことができます。

自転車やバイクにiPhoneをナビ代わりに付けていた方にも、嬉しい機能ではないでしょうか?

汚れても水洗いできる

防水機能を備えたiPhone7 / 7Plusなら、本体が汚れても気軽に水道水で洗うことができます。

もちろん、汚さないに越したことはありませんが、アウトドアで汚れてしまったといった時も安心ですね。

iPhone7 / 7Plusの防水機能~デメリット編

メリットがあれば、当然デメリットもあります。

完全防水ではない

防水性能の項でも説明したように、iPhone7 / 7Plusが採用するIP67の防水性能は、残念ながら完全防水ではありません。

あくまで「所定の環境条件のなかで30分間防水を保てる」というだけなので、これを超える環境では、内部に浸水して故障してしまう可能性もあります。

長時間の水中撮影などには向いていませんので、そうした使い方を考えていた方は再考が必要でしょう。

真水以外は保証外

iP67の防水性能は、試験対象物(iPhone7 / 7Plus)との温度差5度以内の真水に沈めた場合の性能です。

よって、お湯や海水、温泉など、この環境に合致しないケースは防水機能の保証外となります。

こうした環境で使おうと考えていた方は、今までどおり各環境に対応した防水ケースを使われるのが良いでしょう。

まとめ:簡易防水として考えたほうが現実的

というわけで、今回はiPhone7 / 7Plusの防水性能とそのメリット・デメリットを解説してきました。

防水機能はあるに越したことはないのですが、一方でそのデメリットは見落とされがちです。

特にお風呂や海中での使用が保証外というのは、意外に感じた方も多いのではないでしょうか?(筆者もお風呂が保証外なのは、この記事を書いている時に初めて知りました。)

そう考えると、iPhone7 / 7Plusの防水機能はあくまで簡易的なものとして捉えたほうが現実的かもしれません。

新型iPhone7はネットで予約して自宅受取りが超便利!

新型iPhone7は、わざわざ店舗へ出向かなくてもオンラインで予約して自宅で受け取ることが可能です。

それにより、時間がない方や面倒くさがりな方でも時間を無駄にせず、いつどこにいてもスマホやPCから予約することが出来るのです。 

各社予約サイトau▶︎予約docomo01
▶︎予約
softbank01
▶︎予約
予約開始日9月9日(金)16:01~
発売日9月16日(金)
容量32GB/128GB/256GB
カラージェットブラック,ブラック,ゴールド,シルバー,ローズゴールド
新機能防水・FeliCa
スペック詳細基本スペック比較

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す