iPhone写真現像徹底比較!コンビニとキタムラ、どっちが安い?

この記事は約 10 分で読むことができます。
iPhoneの写真をコンビニ(ローソン,ファミマ,セブンイレブン,サンクス)・カメラのキタムラなどの家電量販店で写真プリント印刷(現像)する方法の値段まとめ。自宅で現像できない人・画質にこだわりたい人へのおすすめの現像方法も紹介。
 

iPhoneの写真を現像する方法【コンビニ】

iPhoneの中にある写真をコンビニでプリントアウトするには、専用のアプリをダウンロードする必要があります。

印刷したい写真を選択し、発行された番号をコンビニのプリンターで入力するだけで即日プリントアウトできます。

現像した写真は若干色が濃く、そして明るくなるため全体的に彩度の高い写真であればかなりきれいに現像できます。

コンビニ,iPhone,写真現像

店舗数も多く、24時間営業しているコンビニ。

「今どうしても現像したい」など、急ぎの用事でも対応できることや、どこにでもあることから気軽に現像できることが大きなメリットですね。

セブンイレブンで現像する方法

セブンイレブンで写真を現像するには、「かんたんnetprint」というアプリを使用します。

netprint,写真かんたんプリント

※似た名前で「netprint」というものもありますが、これは文書印刷するためのアプリなので間違わないようにしてください。

AppStoreからアプリをダウンロードしたら、利用規約に同意して現像したい写真を登録するだけ。

会員登録など面倒な手続きが一切ありません。

イラストもキレイに発色するため、イラスト配布のプロモーションでも利用されています。

ローソン、サンクス、ファミマで現像する方法

セブンイレブン以外の大手コンビニで現像するには、「ネットワークプリント」というアプリを使用します。

iPhone,ネットワークプリント

「netprint 写真かんたんプリント」では必要なかった会員登録が必要なため、多少手間が増えます。

が、こちらでは「netprint 写真かんたんプリント」ではできなかった2L判の写真が現像可能です。

現像する方法は

  • アカウント作成
  • 登録したアカウントでログイン
  • 現像したい写真を登録
  • 発行された番号をコンビニの印刷機に打ち込む

の4ステップです。

「こまかい部分の画質は少し劣る」というコメントが多く見られます。

【コンビニの写真現像 料金表】

コンビニで現像する際にかかる費用をまとめてみると、このようになりました。

 L判サイズ2L判サイズ
セブンイレブン30円/枚×
ローソン30円/枚80円/枚
ファミリーマート30円/枚80円/枚
サークルKサンクス30円/枚80円/枚

セブンイレブンだけ2L判の現像ができない点は要注意です。

こまかい部分の画質にこだわらないのであれば、十分なクオリティで現像が可能です。

iPhoneの写真を現像する方法【キタムラ,ビッグカメラ,ヨドバシカメラ】

家電量販店にある現像機を使って、iPhoneの中にある写真を現像することもできます。

こちらは写真専門業者の端末なので、クオリティはコンビニのものより優れています。

家電量販店,iPhone,現像機

家電量販店(電気屋)の店頭に行けば、カンタンに現像することができます。

ただし「netprint 写真かんたんプリント」や、「ネットワークプリント」などのような専用のアプリは必要がない場合が多く、その場合現像機から伸びているLightning端子iPhoneに接続するだけで現像できます。

【家電量販店の写真現像 料金表】

カメラのキタムラで写真の現像をするとこのような価格になります。

サイズ価格
ましかく税込39円
DSC
L(標準)
はがき
HV
パノラマ税込108円
ましかく
DSCW
2L
6切税込648円
W6切
A4
4切税込864円
W4切
A3税込1,512円
A3
半切
全紙税込2,160円

値段は高めですが、このように様々なサイズの写真を現像することができ、画質もきれいである点がポイントです。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店に設置されている現像機では

  • L判
  • 2L

サイズの写真しか現像できません。

置いてある現像機の種類によってはポストカードサイズの現像ができたりもします。

価格はこの通り。

サイズ

価格

L

36円(税抜)

2L

80円(税抜)

家電量販店では、店舗で印刷する方法の他に後述するネットで予約プリント受け付けているところも多いです。

iPhoneの写真を現像する方法【ネット注文】

iPhone,写真,現像,しろくまフォト

ネット注文はiPhoneの中にある写真を現像した後、自宅まで配送してくれるというサービスです。

自宅で受け取ることができることや、いつでもどこでも気軽に申し込むことができるので急ぎでない方であればかなり重宝するのではないでしょうか。

また価格も前述の2つの方法と比べると、かなり安くで現像することができるので思い出などの大量の写真を現像することにもうってつけです。

【ネット注文の料金表】

代表的なネット現像サービスと、その価格をまとめてみました。

サービスプリントサイズ価格送料
しろくまフォトL、2L、DSC、LW5円/枚~86円
どんどんプリントL、2L、A3、ましかくなど17種類6円/枚~82円
ABC.ネットプリントLightL、2L、KG、ましかくなど11種類4.98円/枚~120円
しまうまプリントL、2L、DSC、LW、KG6円/枚~90円
ネットプリントジャパンL、2L、A3、ましかくなど12種類5円/枚~90円
フジカラープリントL、2L、DSC、LW、KG9円/枚~100円
 
送料こそかかるものの、そもそも1枚当たりの価格が他2つの方法よりもかなり安いです。
大量の写真プリントをしたい場合は、このネット予約プリントをオススメします。

iPhoneの写真を印刷する方法【自宅パソコン】

ここでは自宅のプリンターを使って、iPhoneなどのスマホに保存されている写真を現像する方法をご紹介します。

ただし、書類などとは違い写真には様々な色があり、それを表現するために多くのインクを使用します。

カンタンに現像できる反面、インク代のことを考えると枚数によってはかなり高額になってしまう恐れがあります。

AirPrint

iPhoneとプリンターをワイヤレスで接続し、iPhoneの写真を現像します。

ワイヤレスで接続する方法はいたってカンタン。

iPhoneが接続しているWi-Fiと同じネットワークにプリンターを接続するだけ。

あとはiPhoneで現像したい写真を「写真アプリ」で選択して、プリントのアイコンをタップするだけです。

iPhone,Airprint,現像

ただしプリンターがAirPrint機能を搭載している必要があります。

今ではそれほど高くもなく、思っているよりもてごろな価格で手に入れることができますよ。

Epson

エプソン,iPhone

エプソンでは『Epson iPrint』という無料アプリを使うことで、プリントアウトすることもできます。

写真だけでなく、PDFなどのドキュメントも選択することができるので、写真以外のものも同時に印刷したいのであれば写真アプリよりもこのアプリからの方が効率はいいです。

またスキャンやコピー、クラウドサービス機能など充実した機能を揃えており、iPhoneをプリンターのリモコンのように使えるところも魅力です。

iOS11以降を搭載したiPhoneであれば、プリンターに表示されるQRコードをiPhoneで読み取るだけで、プリンターを同じwifiに接続することができるようになりました。

いちいち長いSSIDやパスワードをプリンターに打ち込まなくてもいいので、かなり便利な機能です。

Brother

ブラザー,iPhone,写真

ブラザーの出しているプリンターに対応した「Brother iPrint&Scan」というアプリを使うと、

  • インク残量の確認
  • 届いたFAXをiPhoneで確認
  • 選択した写真を修正してから印刷
  • スキャンしたデータをいちいちパソコンから写さなくても、直でiPhoneに送れる

などiPhoneの写真アプリではできないことができるようになります。

必須というわけではありませんが、まさに痒い所に手が届くという感じです。

このアプリを使っての写真撮影もできるため、撮影した写真をそのまま印刷することができ、撮影・編集・印刷、全て一貫してアプリで操作できることが最大の魅力です。

おすすめの現像方法

「現像する方法はわかったけど、どんな場面で利用したらいいかわからない」

「現像された写真の画質にこだわりたいんだけれど、どこで現像したら一番いいかが知りたい」

という方のために、要望別オススメの現像方法をまとめました!

現在地の近くで現像したい!

アクセス重視の方法であれば、間違いなく

  • コンビニ現像
  • 家電量販店現像

のどちらかです。

特にコンビニは店舗数も多く、24時間営業なのでいつでもどこでも現像することができます。

価格はそれほど安くはありませんが、急な要望にも答えられるところが魅力ではないでしょうか。

安い値段で印刷したい

コストパフォーマンスを重視するのであれば、口コミの評価が高い

ネット注文しろくまフォト

をオススメします。

1枚5円程度から現像してくれるので大量の写真を現像したい時にオススメです。

申し込み自体はネットで行うため、いつでもどこでも申し込むことはできますが、多少時間がかかるため、時間に余裕のある人に向いています。

いい画質で現像したい

現像された写真のクオリティーに妥協したくない!のであれば、

カメラのキタムラなどのカメラ専門店で現像することをオススメします。

現像,写真,比較

画質以外に、現像できる写真のサイズが数多く用意されている点も写真専門店ならでは。

用途に合わせて様々なサイズで現像したい場合は、カメラのキタムラを探してみるといいですよ。

まとめ

今回はiPhone撮影した写真を現像する方法をご紹介しました。
  • 操作や申し込みがめんどくさそう
  • 現像って時間がかかりそう
と思われる方がいますが、すでにお分かりの通りそれほどめんどくさくもなく、待ち時間もありません。
カメラ専門店のキタムラでさえ10分程度で仕上げてくれます。
 
iPhoneのカメラ機能は手軽だからこそ、よく使うもの。
何気なく撮ったその写真が、後から見返してみると懐かしい思い出になっていたりするものです。
 
それらの思い出をデータとして残すだけでなく、あえて写真という手に取れるものにすることはあなたの思い出をより鮮やかにしてくれるのではないでしょうか。
友達への誕生日プレゼントなどで渡すフォトブックなどにも活用していきたいですね。
【関連記事】

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す