iPhone12の機能とは?新機能や4機種の比較など徹底解説!

ついに発表されたiPhone12。iPhone12の性能は?また、どんな機能があるのでしょうか?今回はiPhone12の機能について徹底解説します。これから購入しようと考えている方、気になっている方は是非最後まで見てください。

 

iPhone12機能性・スペック

iPhone12機能・スペック一覧

スペック一覧を紹介します!

iPhone12 miniiPhone12iPhone12 ProiPhone12 Pro Max
チップA14 Bionic
ROM64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
ディスプレイサイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
ディスプレイ種別有機EL
解像度2,340×1,0802,532 x 1,170
カメラ個数2個3個
LiDarスキャナ×
バッテリー容量2,227mAh2,775mAh3,687mAh

これだけ見ても、iPhone11と比較してもかなり機能、性能が上がっていることが分かります。ここからさらに詳しいスペック一覧を紹介します。

容量/価格64GB:74,800円
128GB :79,800円
256GB:90,800円
64GB:85,800円
128GB :90,800円
256GB:101,800円
128GB :106,800円
256GB:117,800円
512GB:139,800円
128GB :117,800円
256GB:128,800円
512GB:150,800円
カラーブラック
ホワイト
レッド
グリーン
ブルー
ブラック
ホワイト
レッド
グリーン
ブルー
シルバー
グラファイト
ゴールド
パシフィックブルー
シルバー
グラファイト
ゴールド
パシフィックブルー
先代機種新規機種iPhone11iPhone11 PriPhone11 Pro Max
チップA14 BionicA14 BionicA14 BionicA14 Bionic
RAM4GB4GB6GB6GB
バッテリー(ビデオ再生時間)最大15時間最大17時間最大17時間最大20時間
ディスプレイ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
サイズ(高さ・幅・厚さ/mm)131.5mm
64.2mm
7.4mm
146.7mm
71.5mm
7.4mm
146.7mm
71.5mm
7.4mm
160.8mm
8.1mm
7.4mm
重さ135g164g187g226g
耐水・防塵性能浸水6Mで最大30分間浸水6Mで最大30分間浸水6Mで最大30分間浸水6Mで最大30分間
カメラ機能2眼
広角・超広角
両方ナイトモード
2眼
広角・超広角
ナイトモード
3眼
望遠・広角・超広角 LiDAR
ナイトモード
3眼
望遠・広角・超広角 LiDAR
ナイトモード
アウトカメラ1,200万画素(5P)
+1,200万画素(7P)
f/1.6
1,200万画素(5P)
+1,200万画素(7P)
f/1.6
1,200万画素(5P)
1,200万画素(6P)
1,200万画素(7P)
f/1.6
1,200万画素(5P)
1,200万画素(6P)
1,200万画素(7P)
f/1.6
フロントカメラ1,200万画素1,200万画素1,200万画素1,200万画素
SIMカードデュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
同梱物本体・USB-C Lightningケーブル本体・USB-C Lightningケーブル本体・USB-C Lightningケーブル本体・USB-C Lightningケーブル

iPhone12の新機能

iPhone12の新機能はそのスペックにあります。

iPhone11やiPhoneSEがA13 Bionicチップが搭載されていたのに対し、iPhone12ではその性能を上回るA14 Bionicチップが搭載されています。

A14 Bionicが搭載されたiPhone12は、CPUの性能が格段に上がっており、iPhone11に比べて処理速度が50パーセントも向上するといわれています。

CPUとはいわゆるスマホの頭脳と呼ばれる場所であり、CPUの性能が高くなるほど処理速度も速くなります。

iPhone12の機能性詳細

【iPhone12】発売日

予約開始日と発売日は以下の通りです。(予約開始日/発売日)

iPhone12・iPhone12 Pro→10月16日(金)/10月23日(金)

iPhone12 mini・iPhone12 Pro Max→11月6日(金)/11月13日(金)

コロナの影響で発表日が10月13日と遅れたものの、予約開始日は発表した日の金曜日となっていて、例年と変わらないようですね。

【iPhone12】価格

価格はモデル・ストレージによって変わりますが、表に表すとこんな感じです。

64GB128GB256GB512GB
iPhone12 mini74,800円79,800円90,800円
iPhone1285,800円90,800円101,800円
iPhone12 Pro106,800円117,800円139,800円
iPhone12 Pro Max117,800円128,800円150,800円

価格はiPhone11と比較してもはぼ変わりはありませんが、iPhone12の機能も性能もかなり上なので、今から買うなら絶対にiPhone12を買うべきです。

【iPhone12】デザイン・色

デザインはiPad Pro(2018)を小型化したデザインとなっており、iPhone12 mini・iPhone12・iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Max全て共通したデザインを使用しています。

カラーはiPhone12 mini・iPhone12はブルー、グリーン、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの4つがあり、iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxはグラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4つです。

【iPhone12】ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズはiPhone12 mini 5.4インチ、iPhone12・iPhone12 Pro 6.1インチ、iPhone12 Pro Max 6.7インチとなっています。

iPhone11 5.8インチ、iPhone11 Pro 6.1インチ、iPhone11 Pro Max6.7インチだったので、Proシリーズはサイズが変わらないようです。その一方iPhone12はiPhone11に比べて少し大きくなります。

また、iPhone12 miniは5.4インチとなっており、これは初代iPhoneSEよりは少し大きくなりますが、iPhone8・新型iPhoneSEよりは少し小さくなるイメージです。

ディスプレイサイズはiPhone11と比較してもほとんど変わらないと言いましたが、iPhone12すべてのモデルで有機ELディスプレイ(Super Retina XDR Display)が採用されており、全モデル1,920 x 1,080ピクセルのフルHD以上となっています。

【iPhone12】5G

iPhone12すべてのシリーズが5G対応になっています。

iPhone11は4G対応なので、これからの時代を考えても5G対応というのはかなりうれしい点です。

上位機種ではミリ波とsub6を搭載するようです。ミリ波は28GHz~300GHzを利用するので近距離での高速通信に優れており、sub6は3.6GHz~6GHzを利用し、遠くへ電波を飛ばせるという特徴があります。

ベースモデルはsub6のみの搭載となるようです。

【iPhone12】カメラ

iPhone12のカメラ性能はかなり上がっています。

iPhone mini・iPhone12はカメラが2つあり、その機能は広角・超広角・ナイトモードです。

そして、iPhone Pro・iPhone12 Pro Maxにはカメラ3つあり、その機能は望遠・広角・超広角・LiDARナイトモードです。

全てのiPhoneシリーズでナイトモード機能を使用することができ、特にProシリーズのLiDARナイトモードでは、LiDARセンサーを使用した暗い場所での背景ぼかし機能などができます。また、Apple ProRAWをサポートしているので撮影後の写真をRAWファイルで扱え、ハイライトやホワイトバランスを編集することができます。

また、動画撮影でもナイトモードのタイムラプスという機能が新しく追加されました。画質に関してもiPhone12では最大30fps、iPhone Proでは最大60fpsとなっていて、HDRビデオ撮影に対応しています。

iPhone11と比較してももかなり画質が上がり、ナイトモード機能も追加されたので、iPhone12のカメラの性能はかなり上がっているといえるでしょう。

【iPhone12】ストレージ

iPhone12 mini64GB128GB256GB
iPhone1264GB128GB256GB
iPhone12 Pro128GB256GB512GB
iPhone12 Pro Max128GB256GB512GB

ストレージは表にまとめるとこんな感じです。iPhone12は最小ストレージが64GBから最大ストレージが256GBなのに対し、Proは最小ストレージが128GBから最大ストレージが512GBになっていて、ストレージの量が比較すると多くなっています。

【iPhone12】プロセッサ

iPhone12 mini・iPhone12・iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxは共通してA14 Bionicチップが使われており、iPhone11シリーズではA13 Bionicが使われていたのでかなり性能が向上したといえます。

RAMに関しては、iPhone12 mini・iPhone12は4GBで、iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxは6GBになっています。

    【iPhone12】バッテリー

    iPhone12シリーズのバッテリーの持ちはiPhone11シリーズと比べて変わっていません。また、iPhone12とiPhone12 Proのバッテリーの持ちに差はなく、同じバッテリーを使用していると考えられます。

    表に表すとこんな感じです。

    iPhone12 miniiPhone12iPhone12 ProiPhone12 Pro Max
    ビデオ再生最大15時間最大17時間最大20時間
    オーディオ再生最大50時間最大65時間最大80時間

    また、具体的なバッテリーの容量はiPhone11と比べて1割減少する可能性があります。

    【iPhone12】セキュリティー

    iPhone12はFace IDと呼ばれる顔認証システムが使われています。

    これはiPhoneXやiPhone11と変わらないですね。

    【iPhone12】充電

    iPhone12にはかつてMacBookに使われていたMagSafeコネクタが使用されています。

    MagSafeはiPhone12の背面に埋め込まれている磁石のことを指し、iPhone12シリーズで初めて使用されています。

    MagSafeのおかげで従来のiPhoneと比べて高速でワイヤレス充電をすることができたり、専用アクセサリーを装着することができます。

    iPhone11シリーズやそれ以前のシリーズも使用できないので注意しましょう。

    【iPhone12】同梱物

    同梱物はiPhone本体のほかに、USB-C to Lightningケーブルのみです。

    これまで付属品としてついてきたUSB充電器、Appleの純正イヤホンはついてこないようです。

    その理由として、「Appleユーザーならすでに持っているだろう」という理由や、コスト削減などの理由があります。

    USB充電器、Appleの純正イヤホンがついてこないので、パッケージもこれまでのiPhoneと比較してもかなり薄いと感じるでしょう。

    iPhone12とiPhone12Proとの差は?選ぶならどっち?

    カメラ重視ならiPhone12Pro

    iPhone12とiPhone12Proには多少性能の違いはありますが、一番の違いはカメラ機能の違いでしょう。

    iPhone12にはカメラのレンズが2つついているのに対し、iPhone12Proにはカメラが3つついています。これは写真を撮影する対象を立体的に把握できるのです。

    また、iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxにのみ搭載されているLiDARセンサーは、拡張現実(AR)や暗い場所での撮影に役立ちます。

    このカメラの機能は、プロのカメラマンにとっても重要な意味をもつでしょう。

    お買い得なのはiPhone12

    値段的にもお買い得なのはiPhone12でしょう。

    iPhone12 mini・iPhone12・iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxカメラや価格以外それぞれ性能に目立った差はないです。

    実際にiPhone11シリーズでもProよりもiPhone11が売れているようです。

    iPhone12でも十分高画質できれいな写真が撮れるので、別にカメラを重視していないという人はiPhone12でも十分使うことができるでしょう。