iPhone

【iPhone12】どんな機能がある?シリーズのスペックを比較してみた!

ついに発表されたiPhone12。iPhone12の性能は?また、どんな機能があるのでしょうか?今回はiPhone12の機能について徹底解説します。これから購入しようと考えている方、気になっている方は是非最後まで見てください。

 

iPhone12機能性・スペック

iPhone12の新機能

iPhone12の新機能はそのスペックにあります。

iPhone11やiPhoneSEがA13 Bionicチップが搭載されていたのに対し、iPhone12ではその性能を上回るA14 Bionicチップが搭載されています。

A14 Bionicが搭載されたiPhone12は、CPUの性能が格段に上がっており、iPhone11に比べて処理速度が50パーセントも向上するといわれています。

CPUとはいわゆるスマホの頭脳と呼ばれる場所であり、CPUの性能が高くなるほど処理速度も速くなります。

iPhone12の機能性詳細

【iPhone12】発売日

予約開始日と発売日は以下の通りです。(予約開始日/発売日)

iPhone12・iPhone12 Pro→10月16日(金)/10月23日(金)

iPhone12 mini・iPhone12 Pro Max→11月6日(金)/11月13日(金)

コロナの影響で発表日が10月13日と遅れたものの、予約開始日は発表した日の金曜日となっていて、例年と変わらないようですね。

【iPhone12】価格

価格はモデル・ストレージによって変わりますが、表に表すとこんな感じです。

64GB128GB256GB512GB
iPhone12 mini74,800円79,800円90,800円
iPhone1285,800円90,800円101,800円
iPhone12 Pro106,800円117,800円139,800円
iPhone12 Pro Max117,800円128,800円150,800円

価格はiPhone11と比較してもはぼ変わりはありませんが、iPhone12の機能も性能もかなり上なので、今から買うなら絶対にiPhone12を買うべきです。

【iPhone12】デザイン・色

デザインはiPad Pro(2018)を小型化したデザインとなっており、iPhone12 mini・iPhone12・iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Max全て共通したデザインを使用しています。

カラーはiPhone12 mini・iPhone12はブルー、グリーン、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの4つがあり、iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxはグラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4つです。

【iPhone12】ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズはiPhone12 mini 5.4インチ、iPhone12・iPhone12 Pro 6.1インチ、iPhone12 Pro Max 6.7インチとなっています。

iPhone11 5.8インチ、iPhone11 Pro 6.1インチ、iPhone11 Pro Max6.7インチだったので、Proシリーズはサイズが変わらないようです。その一方iPhone12はiPhone11に比べて少し大きくなります。

また、iPhone12 miniは5.4インチとなっており、これは初代iPhoneSEよりは少し大きくなりますが、iPhone8・新型iPhoneSEよりは少し小さくなるイメージです。

ディスプレイサイズはiPhone11と比較してもほとんど変わらないと言いましたが、iPhone12すべてのモデルで有機ELディスプレイ(Super Retina XDR Display)が採用されており、全モデル1,920 x 1,080ピクセルのフルHD以上となっています。

【iPhone12】5G

iPhone12すべてのシリーズが5G対応になっています。

iPhone11は4G対応なので、これからの時代を考えても5G対応というのはかなりうれしい点です。

上位機種ではミリ波とsub6を搭載するようです。ミリ波は28GHz~300GHzを利用するので近距離での高速通信に優れており、sub6は3.6GHz~6GHzを利用し、遠くへ電波を飛ばせるという特徴があります。

ベースモデルはsub6のみの搭載となるようです。

【iPhone12】カメラ

iPhone12のカメラ性能はかなり上がっています。

iPhone mini・iPhone12はカメラが2つあり、その機能は広角・超広角・ナイトモードです。

そして、iPhone Pro・iPhone12 Pro Maxにはカメラ3つあり、その機能は望遠・広角・超広角・LiDARナイトモードです。

全てのiPhoneシリーズでナイトモード機能を使用することができ、特にProシリーズのLiDARナイトモードでは、LiDARセンサーを使用した暗い場所での背景ぼかし機能などができます。また、Apple ProRAWをサポートしているので撮影後の写真をRAWファイルで扱え、ハイライトやホワイトバランスを編集することができます。

また、動画撮影でもナイトモードのタイムラプスという機能が新しく追加されました。画質に関してもiPhone12では最大30fps、iPhone Proでは最大60fpsとなっていて、HDRビデオ撮影に対応しています。

iPhone11と比較してももかなり画質が上がり、ナイトモード機能も追加されたので、iPhone12のカメラの性能はかなり上がっているといえるでしょう。

【iPhone12】ストレージ

iPhone12 mini64GB128GB256GB
iPhone1264GB128GB256GB
iPhone12 Pro128GB256GB512GB
iPhone12 Pro Max128GB256GB512GB

ストレージは表にまとめるとこんな感じです。iPhone12は最小ストレージが64GBから最大ストレージが256GBなのに対し、Proは最小ストレージが128GBから最大ストレージが512GBになっていて、ストレージの量が比較すると多くなっています。

【iPhone12】プロセッサ

iPhone12 mini・iPhone12・iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxは共通してA14 Bionicチップが使われており、iPhone11シリーズではA13 Bionicが使われていたのでかなり性能が向上したといえます。

RAMに関しては、iPhone12 mini・iPhone12は4GBで、iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxは6GBになっています。

    【iPhone12】バッテリー

    iPhone12シリーズのバッテリーの持ちはiPhone11シリーズと比べて変わっていません。また、iPhone12とiPhone12 Proのバッテリーの持ちに差はなく、同じバッテリーを使用していると考えられます。

    表に表すとこんな感じです。

    iPhone12 miniiPhone12iPhone12 ProiPhone12 Pro Max
    ビデオ再生最大15時間最大17時間最大20時間
    オーディオ再生最大50時間最大65時間最大80時間

    また、具体的なバッテリーの容量はiPhone11と比べて1割減少する可能性があります。

    【iPhone12】セキュリティー

    iPhone12はFace IDと呼ばれる顔認証システムが使われています。

    これはiPhoneXやiPhone11と変わらないですね。

    【iPhone12】充電

    iPhone12にはかつてMacBookに使われていたMagSafeコネクタが使用されています。

    MagSafeはiPhone12の背面に埋め込まれている磁石のことを指し、iPhone12シリーズで初めて使用されています。

    MagSafeのおかげで従来のiPhoneと比べて高速でワイヤレス充電をすることができたり、専用アクセサリーを装着することができます。

    iPhone11シリーズやそれ以前のシリーズも使用できないので注意しましょう。

    【iPhone12】同梱物

    同梱物はiPhone本体のほかに、USB-C to Lightningケーブルのみです。

    これまで付属品としてついてきたUSB充電器、Appleの純正イヤホンはついてこないようです。

    その理由として、「Appleユーザーならすでに持っているだろう」という理由や、コスト削減などの理由があります。

    USB充電器、Appleの純正イヤホンがついてこないので、パッケージもこれまでのiPhoneと比較してもかなり薄いと感じるでしょう。

    iPhone12とiPhone12Proとの差は?選ぶならどっち?

    カメラ重視ならiPhone12Pro

    iPhone12とiPhone12Proには多少性能の違いはありますが、一番の違いはカメラ機能の違いでしょう。

    iPhone12にはカメラのレンズが2つついているのに対し、iPhone12Proにはカメラが3つついています。これは写真を撮影する対象を立体的に把握できるのです。

    また、iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxにのみ搭載されているLiDARセンサーは、拡張現実(AR)や暗い場所での撮影に役立ちます。

    このカメラの機能は、プロのカメラマンにとっても重要な意味をもつでしょう。

    お買い得なのはiPhone12

    値段的にもお買い得なのはiPhone12でしょう。

    iPhone12 mini・iPhone12・iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Maxカメラや価格以外それぞれ性能に目立った差はないです。

    実際にiPhone11シリーズでもProよりもiPhone11が売れているようです。

    iPhone12でも十分高画質できれいな写真が撮れるので、別にカメラを重視していないという人はiPhone12でも十分使うことができるでしょう。

    次のページへ >