iPad iPhone MacBook

【iCloud】同期しないようにしたい!対処法をご紹介します!

icloudでフォトや連絡先が同期できないときの対処法や、icloudに同期しないようにしたいというときの対処法を紹介しますので、icloudで同期できない問題が発生した場合、紹介した対処法をぜひ参考にしてみてください。

 

iCloudで同期できないときの対処法

フォトや連絡先をicloudで同期したいのに、同期しない問題が発生するということがまれにあります。icloudにフォトや連絡先を同期できないというときは、どのような対処法をとればいいのでしょうか。連絡先やフォトが同期できないときの対処法をいくつか紹介していきますので、連絡先やフォトをicloudに同期したいのに同期しない問題が発生した場合、紹介する対処法を参考にして同期しない問題を解決しましょう。

icloudは使えるととても便利

iPhoneを使っていると、フォトや連絡先がたくさんあって、容量を圧迫してしまうしアクシデントで消えてしまう不安がある人がいます。そのようなときはicloudにフォトや連絡先を同期して、今のところ必要ないものは消去して容量を軽くしておきましょう。そのようなときに同期しないととても不便ですので、icloudで同期しない連絡先やフォトが同期できない問題が起きた場合は、様々な対処法を試してみてください。

①iCloudで連絡先を同期する

icloudで連絡先を同期する方法をiPhone、iPad、iPod touchに分けて解説していきます。それぞれ同期方法が少し異なるため、iPhone、iPad、iPod touchを所持していて、連絡先の同期の仕方が分からないという人はこれから解説するicloudとの同期の仕方を参考にしてみて、実際に同期してみてください。

連絡先をすっきりさせたいときに便利

連絡先が多くて少し整理したい、しかしどの連絡先も重要だから消せないというとき、icloudに同期するというのはとても役に立ちます。連絡先が多くてもう少しすっきりさせたいというときは、ぜひicloudに同期して重要な連絡先を取っておいてください。頻繁に連絡を取り合う連絡先は残しておいて他はicloudに移しましょう。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

iPhoneやiPad、iPod touchでicloudで連絡先を同期したい場合は、それぞれのデバイスがきちんとicloudにログインされているかどうかを確認してください。まずはiPad、iPhone、iPod touchで設定からユーザー名を選択、icloudと選択してください。そこに連絡先という項目がありますので、連絡先をオンにします。連絡先を結合という項目をタップすると、同期が完了となります。

連絡先が全て同期される

iPhone、iPad、iPod touchで連絡先をicloudに同期したいというときは、その連絡先が全てicloudにアップされるので、いらない連絡先はデバイスから削除しても影響がありません。整理したいという人は、ぜひやってみてください。

Macの場合

Macで連絡先を同期したいというときは、Macの画面の上にあるメニューバーから、リンゴマークを選択してください。そこにシステム環境設定という項目があるので、そこのApple IDをクリックしてください。Macの前のバージョンの場合はその必要はありません。Apple IDをクリックしたら、icloudをクリックして、連絡先をクリックしてください。そうすることで全ての連絡先がicloudに同期されます。

手動で同期する方法もある

Macの内部に記録されている連絡先の情報は自動的にicloudに同期されることはありません。連絡先のアプリでicloudの全てという項目に連絡先をドラッグアンドドロップして、自分でicloudと同期するという方法がありますので試してください。

Windows用iCloud の場合 

Windows用のicloudの場合は、連絡先のアプリをicloud有効にすると、自動的にicloudに同期をすることができますし、Windows側で情報を変更すると全てのデバイスに情報の変更が反映されます。無効にした場合は同期ができませんし、情報の変更も反映されませんので、Windowsでicloudの同期をしたいと考えている人は、必ず有効にしてください。そうすることで便利に使うことができます。

②iCloudで写真を同期する

カメラロールに写真がたくさんあるから数を減らしたいけど、全て大事な写真だからできれば消したくないという人はたくさんいます。そのようなときもicloudは役に立ちます。icloudに同期して、デバイス側に残しておきたい写真はとっておいて、デバイス側に別に残しておかなくてもいいけどあとで見返したい写真はデバイス側で消すことができます。icloudを使って、カメラロールの容量を上手に節約してみましょう。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

iPhone、iPad、iPod touchのサインイン方法は、設定のアプリをタップすると1番上に自分が契約したときの名前が表示されています。それはユーザー名と言って、とても大事なものでそこで様々なことを設定できます。そのユーザー名をタップして、icloudを選択してください。そこには写真という項目があります。そこをタップしてicloud写真というところをタップしてオンにすると同期が可能になります。

Macの場合

Macでicloudをオンにして写真をicloudで同期したいと考えている人は、まず上のメニューバーにあるシステム環境設定というところをタップしてください。そこにApple IDという項目があるので選択、そしてサイドにあるメニューからicloudをタップして、写真という項目を選択してください。オプション、そしてicloud 写真というメニューを選択したら、Macでicloudをオンにして同期できます。

Windows用iCloud の場合 

Windows用のicloudの場合は、まずWindows用のicloudをダウンロードしてicloudを開いてみてください。するとそこに写真という項目がありますので、写真の横にあるオプションをクリックしてください。icloud フォトライブラリという項目があるので、選んで、終了そして適用をクリックしましょう。そうすることで、Windows側でもicloudを使って、写真が同期できるようになります。

手動でiTunesからアップロード

iTunesが最新であるかを確認して、ケーブルでパソコンとiPhoneを接続して、写真を同期のところのチェックボックスにチェックを入れてください。選択した写真を適用したら、写真の同期が完了となります。

③iCloudでメッセージを同期する

icloudでメッセージを同期したいという時の対処法を、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windowsとそれぞれ解説していきますので、同期の仕方を確認したい人は参考にしてください。

iPhone、iPadの設定を確認する

OS

iPhoneやiPadでメッセージを同期したい人は、設定からメッセージをタップしてiMessageという項目をオンにしてください。そして送受信という項目で、メッセージを使用したいアドレスと電話番号を打ち込めば完了となります。

④iCloudで音楽を同期する

icloudで音楽を同期して、今は聞かないけどとっておきたい、または全てのデバイスで聴きたい曲があるというときの設定方法を紹介しますので、icloudを使って音楽を同期したいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

USBケーブルでiPhoneとPCをつなぎ転送

同期したいときは、iPhoneとパソコンをまず接続して、同期させてください。iPhoneをクリックして、ミュージックというタブをクリックしてミュージックとデバイスを同期にチェックを入れれば完了となります。

Wi-Fi経由で同期

Wi-Fi経由で同期をしたいと考えているならば、Wi-FiがオンになっているときにこのiPhoneを表示というところのチェックボックスにチェックを入れてください。そうすると同期を実行しやすくなるのです。

iPhoneで購入したものを自動で共有

iPhoneで購入した楽曲をPCに設定したいなら、自動ダウンロードという項目にチェックを入れてください。そうすることでiPhoneで購入した楽曲が自動的にPC内のicloudに入っているのでとても便利になります。

同期できないときにチェックすること

同期できない場合は、曲のチェックマークが外れていたり、iTunesなどが最新バージョンではない可能性があるため、事前にチェックマークや最新バージョンであるかどうかを確認してください。

⑤iCloudでアプリを同期する

次のページへ >