【2021年】iPhoneで今おすすめのブラウザはどれだ?

便利で使いやすい! iPhone のおすすめブラウザアプリ(2021年)を紹介。読み込みが早い・通信量の節約ができる・広告ブロックができる・ PC と同期できるなど、機能は様々。 Safari 以外のアプリ検索に役立つ情報をまとめました。

ブラウザアプリの便利・役立つ機能

iPhone には、もともと「 Safari 」というブラウザアプリがデフォルトで搭載されています。
ただし、 iPhone で利用できるブラウザには、 Safari よりも「軽い・速度が速い」ものや「データ使用量を節約できる」ものなどがあります。

そこで、当記事では、 iPhone で利用可能で、 Safari よりもスペックが高い「ブラウザアプリ」についてまとめていきます。

まず、おすすめブラウザアプリを紹介していく前に、「ブラウザアプリでは何ができるの?」という方のために、「ブラウザアプリの便利で役立つ機能」について説明します。

【ブラウザアプリの便利で役立つ機能】

  1. 読み込みが速い
  2. 広告をブロックできる
  3. 投稿ページ(タブ)を見やすい
  4. PC と同期できる
  5. 動画の再生がしやすい

読み込みが速い

ブラウザアプリでは、画像解像度を『中~低』などの間で設定することができます。
画像解像度を変えたりすることで、「読み込み速度」を速くすることが可能になります。

ブラウザで気になることを検索したり、ニュースを読んだりする際に、読み込み速度がゆっくりだとイライラしてしまいます。
そのため、読み込み速度を速くしたい人は、このような設定が可能なブラウザアプリがおすすめです。

広告をブロックできる

ブラウザアプリでは、「ポップアップのブロックを『ON』」にするなどの設定を行うことで、広告をブロックすることができます

ブラウザを使っている最中に広告が表示されることに不満を抱いている方は、広告をブロックできるブラウザアプリを利用してみましょう。

複数ページ(タブ)を見やすい

ブラウザアプリによっては、タブを複数作成することで、一度に複数ページを閲覧することができます

「複数のページを一度に見たい」という考えがある方は、複数タブを作成できるブラウザアプリを使用してみましょう。

PC と同期できる

PC ・スマートフォンの両方で同じブラウザを使用している場合、同じアカウントで利用していれば、ブラウザのブックマークや履歴などを共有することが可能になります。

動画の再生がしやすい

ブラウザアプリには、早送りや巻き戻しのインターフェースが用意されているため、動画をより快適に視聴できるような設計になっています。

おすすめのブラウザアプリ1: Google Chrome

コメントを残す