iPhoneで通話録音をする!ボイスメモやアプリを使った通話録音

iPhoneでも通話の録音ができること知っていましたか?ボイスメモやアプリ、または録画機能を使った通話録画、もしくは外部機器を使用することで、無料で録音できる裏ワザがあるんです。ドコモなどのキャリアごとのサービスもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

iPhoneで通話録音する方法

iPhoneで大事な電話をしているとき、「録音できたらいいのに!」と思う事ありますよね。でもやり方がわからない、そもそもiPhoneで録音なんてできるの?という方に、まずはアプリなどを使ったすぐにでもできる通話録音の方法をお伝えします。

【通話録音方法】①ボイスメモを使う

“ボイスメモ”というiPhoneにプリインストールされているアプリを使用して、通話録音をすることができます。使い方はとても簡単で、次の通話中に次のステップを踏むだけです。

  1. 通話中にホームボタンを押す
  2. ホーム画面を表示、その状態で“ボイスメモ”のアプリを起動
  3. 画面の下の録音ボタン(赤い丸)を押す

このボタンを押した直後に録音が開始されます。中断したい場合は、もう一度録音ボタン(赤い丸)を押してください。

通話中にアプリを起動する必要があるので、通話後数秒耳から離さなければいけないですが、赤いボタンをタップした後は普段通りに電話をし、切った後に録音を止めれば大丈夫です。

ただし注意したいのは、このアプリはiPhoneのマイクで周囲の音を保存するというものなので、自分が話している声だけが記録され、通話相手の声は記録できません。とりあえず自分が話したことだけでも録音しておきたい、という場合に使ってみてください。

【通話録音方法】②画面収録(録画)で使う

iPhoneのOSのバージョンがiOS11以降であれば、画面収録(通話録画)機能が使用できます。この機能を使うと、通話中に画面を録画しながら音声を保存することができます。つまり、通話録画をする方法です。本来通話を録音する目的なので画面の映像は必要ありませんが、こちらで通話録画をしてしまえば、音声を録音し聞き直すことができます。

通話録画を使うには、最初はこの機能が有効になっていないため、まずはコントロールセンターに「画面収録」ボタンを追加する必要があります。ボタンを追加する手順は

  1. iPhoneのホーム画面で設定をタップ
  2. コントロールセンターをタップ
  3. コントロールをカスタマイズをタップ
  4. 画面収録の「+」をタップ

これでコントロールセンターに画面収録が追加されます。あとは通話中に、コントロールセンターに追加された画面収録のボタン(二重丸のような形)を押せば通話録画を開始することができます。

この方法を使えば、電話だけでなく、ビデオ通話もビデオと一緒に通話録画ができるのでオススメです。ぜひ通話の録音だけでなく、録画で楽しめる、通話録画を使ってみてください。

Appleのサポートサイトにも画面収録に関するヘルプがありましたので、参考にしてみてください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT207935

【通話録音方法】③アプリを使う

もともとiPhoneに入っているアプリの中で通話録音をすることができるのは、先ほどご紹介した“ボイスメモ”です。ただしこの”ボイスメモ”では、先ほどお伝えした通り、自分の声は録音できるが相手の声は録音できないという難点があります。そのため自分の声と相手の声の両方を含めた通話録音をアプリで行うには、新しくアプリをインストールする必要があります。

インストールするアプリの中でのオススメのご紹介は、後半にまとめて載せますのでそちらをご覧ください。

【通話録音方法】④ガジェットを使う

アプリではなく”ガジェット”を使う方法もあります。ガジェットとはiPhoneに接続して使う外部機器のことです。そして録音ガジェットの中でもおすすめの商品が「StickPhone(スティックフォン)」というボイスレコーダーです。iPhoneとスティックフォンをBluetoothで繋げば、iPhoneの設定を変更することなく通話録音できます。

Stickphone(スティックフォン)

実はBluetooth接続の中には音声を記録することができるボイスレコーダーというものがあり、Bluetoothで接続をすることでiPhoneの通話録音をすることができます。中でもオススメしたいボイスレコーダーが先ほどお伝えしたStickphone(スティックフォン)です。

使い方は簡単で、電話をする前にスティックフォンを予めBluetoothでペアリングしておけば、通話開始も録音もスティックフォンの操作だけでできます。通話の開始と同時に録音がスタートできるので、録音漏れの心配もありません。またスティックフォンはiPhoneだけでなく、Androidのスマートフォンやパソコンにも接続が可能です。音声データをMP3形式で高音質で通話録画をしてくれるので、録音することが頻繁だ、という人には重宝されるのではないでしょうか。

通話の際にスマホを取り出す手間も省けますし、データをPCに置いておくこともできるので、スティックフォンが気になる方は是非チェックしてみてください。

【通話録音方法】⑤通話録音サービスを利用する

ドコモなどの各キャリアが提供している通話録音サービスもあります。主に法人向けのサービスにはなりますが、一部個人向けに提供しているものもあります。通話録音サービスのメリットは音声録音を自動で開始してくれる、音声ファイルをメールで転送してもらえるなどです。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天のサービスについての詳細は後半に書いてありますので、契約しているキャリアの情報があれば参考にしてみてください。

【通話録音方法】⑥その他

ここまで、アプリやガジェット、キャリアのサービスについてお伝えしました。その他にも通話を録音する方法がある?という方のためにテレフォンピックアップをご紹介します。

テレフォンピックアップとは、イヤホン部分がマイクにもなっている商品です。テレフォンピックアップのイヤホンを耳に入れた状態で、上からiPhoneを当てて話すだけで通話を録音することができます。ICレコーダーが同時に必要になるため、その分の準備は必要ですが、アプリやキャリアに寄らずに通話録音をすることができます。

おすすめの通話録音アプリ

それでは先ほど少し触れさせていただいた、通話録音ができるアプリについてご紹介します。無料のアプリを探している、有料でも良いので使い勝手が良いものがいいなど、色々なニーズに合わせたものがありますので自分に合ったものを探してみてください。

【通話録音アプリ】①通話録音-保存して聞く

「通話録音-保存して聞く」は、録音をテキストに起こしてくれるのが特徴のアプリです。音声からテキストへの変換機能を使えば、自動でテキストに変換してくれます。もちろん自分の声も相手先の声も録音できますので、ご安心ください。こちらのアプリは録音するだけでなく、文字に起こしたい、テキストメモで残したいという場合にも使えます。

注意点としてはこちらは有料アプリとなり、3日間の無料トライアル後は課金が必要になりますので(5,500円/年)まずは短期のお試しをオススメします。

App Store 『通話録音-保存して聞く』

【通話録音アプリ】②通話録音 Call Recorder 通話レコーダー

「Call Recorder(コールレコーダー)」は無料で使えるアプリです。こちらのアプリをインストールすることで、外部接続機器を使わずiPhoneのみで通話録音をすることができるようになります。

使い方はアプリをインストール後、電話帳の情報をインポートすることが可能になるため、アプリ上から相手先に電話をかけることで通話の保存が可能です。また類似アプリに比べてカスタマイズの幅が広いので、好みに合わせて使い勝手を変更できるのが特徴です。無料でまずは試したい方は使ってみてください。

App Store 『Call Recorder 通話レコーダー』

【通話録音アプリ】③TapeACall

「TapeACall」は本格的な通話録音ができる、有料アプリです。使い方は簡単で、通話中に画面にある赤いボタンを押せば録音が開始できます。ここはデータで内容を保存しておきたい、と思った時にすぐに使うことができます。

こちらは1,340円で購入が必要なアプリですが、その分パソコンに音声データを保存できたり、一年間はデータを残すことができるなどの充実した機能が備わっています。またデータはMP3で高画質録画に対応した通話録画ができ、何件まで、何分までといった制約もないので、使い勝手は非常に良いアプリです。

注意点としては、TapeACallは三者通話が必須となるため、ドコモをお使いの方は利用ができません。auやソフトバンクでご契約されている方で、多機能な通話録音アプリを求めている方は検討してみてはいかかがでしょうか。

App Store 『TapeACall Pro: 通話録音』

【通話録音アプリ】④StarT

「StarT」は基本無料で利用できる通話録音アプリです。このアプリはネットワークの回線を使って通話をすることができ、国内電話だけでなく、国際電話も安く電話できることが特徴になっています。また国外へ電話をするときに、国際電話用通話カードを購入することなく、AppStoreのチャージで対応できることも便利です。

そしてもう一つの特徴としてはポイントやガチャを導入しており、ガチャで獲得したポイントを次回の通話で利用できるというサービスも展開しています。通話の録音と合わせて、通話費用を抑えたい、国外へよく電話するという方はチェックしてみてください。

App Store 『StarT』

【通話録音アプリ】⑤コールレコーダー Pay As You Go

「コールレコーダー Pay As You Go」は、インストールは無料でできますが、通話をするたびに課金となるアプリです。最初の1回は通話品質などを確かめるために無料でかけらますが、2回目以降は有料になるので注意が必要です。

使い方は簡単で、コールレコーダ―のアプリ上で発信をすれば自動で通話録音してくれます。着信の場合の録音は、通話中にアプリを開いて録音ボタンを押せば完了です。音声データをメールでもらうこともできます。録音する頻度があまりない、という方はこちらのアプリをオススメします。

App Store 『コールレコーダー Pay As You Go

iPhoneボイスメモの裏技

記事の冒頭でお話したiPhoneの“ボイスメモ”、通話の録音だけでなく、いくつか裏ワザがあるんです。読んで損はない内容になっているので、ボイスメモを使いこなせてないかも?という方は一読してみてください。明日から使える裏ワザです。

【ボイスメモの裏技】①音声データをコピー

“ボイスメモ”を使って録音した音声データをファイルにコピーすると、バックグラウンド再生ができます。録音した音声を聞きながら別の作業をしたい場合に、覚えておくと便利な裏ワザです。

やり方は次の通りです。

  1. ボイスレコーダーで聞きたいファイルを選択
  2. ファイル右下の「…」(共有)をタップし、「ファイルに保存」を選択
  3. 保存先を指定できるようになるので、iPhone内の保存先をどれでも良いので選択する
  4. 保存先のフォルダを開き、再生を押せばバックグラウンドで再生される

注意点としては、iPhone内にはボイスメモというフォルダが無いので、自身で適切と思うフォルダに保存することだけ気を付けて下さい。

【ボイスメモの裏技】②Apple Watchで録音

Apple Watchで録音できる裏ワザをご存知でしたか?AuroraRecorder」というアプリを使えば、Apple Watchで音声を録音することができるようになるんです。

Apple Watchで音声録音をするには以下の手順を踏みましょう。

  1. AuroraRecorderをiPhoneにインストールする
  2. iPhoneにインストール後、「Watch」アプリを開いて、Aurora RecorderをApple Watchにインストールする
  3. Apple WatchでAurora Recorderを起動する
  4. 録音ボタンが表示されるので、録音ボタンをタップ

これで音声録音ができるようになります。Apple Watchをお使いの方は一度この裏ワザを試してみてはいかかでしょうか。

App Store 『AuroraRecorder

【ボイスメモの裏技】③コントロールセンターから起動する

実は“ボイスメモ”はiPhoneのコントロールセンターから起動できるという裏ワザがあるんです。しかし初期設定の状態では、コントロールセンター上にボイスメモは出てきません。自身で設定をする必要があります。

手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリから「コントロールセンター」をタップ
  2. 「コントロールをカスタマイズ」をタップ
  3. 「ボイスメモ」の「+」をタップ

これでコントロールセンターからボイスメモを開けるようになります。ホームの画面の数が多い場合には、コントロールセンターにあった方が便利ですよね。頻繁にお使いになる方はやってみてください。

【ボイスメモの裏技】④Lineの通話を録音

iPhoneの機能を使って「LINE」の通話を録音することができるのをご存知でしたか?こちらは“ボイスメモ”ではなく先ほどご紹介した「画面収録(通話録画)機能」を使えば、通話録画をすることでLINE通話もしっかり録音できるという裏ワザです。またこちらを使えばビデオチャットも通話録画することができます。普段はLINE電話が多い、という方もこの方法を使えば録音できますのでご安心ください。

使い方は、この記事の前半にある

【通話録音方法】②画面収録(録画)で使う

を読んでいただければと思います。

通話の録音だけでなく、通話録画をして、ビデオ通話での楽しかった思い出を記録してみてはいかがでしょうか。画面収録機能を使った通話録画を、ぜひ使ってみてください。