Macbook Pro/Airのキーボードをたった5分で綺麗に掃除する方法とは?

この記事は約 6 分で読むことができます。

Macbook Pro(Air)のキーボード分解掃除方法(安全なキーの外し方+付け方)、キーボード掃除中に使えるアプリを紹介。Amazon高評価の手垢防止のおすすめキーボードカバーや除菌グッズも。

macbook,キーボード,掃除

Macbook Pro・Airのキーボードを掃除

▶こんな症状ありませんか?!こんな場合はキーの掃除がおすすめ!

  • 1回しか押してないのに2回押しの表示になる「例:な➡んあ」
  • エンターキー(特定のキー)だけ感覚がにぶい
  • コーヒーなどをこぼしてからキー裏がくっつく感覚がある
  • ホコリなどがキー横・キー裏に詰まっている感じがある
  • キー全体がベトベトする

Macbook Pro・Airのキーの外し方&付け方

Macbookのキーボードを掃除する際には、キー操作を無効にするため「Macbookの電源をOFF」にします。

※Macbook起動状態のままでキーボード掃除を行いたい場合は「KeyBoardCleanTool」などのアプリをインストールします。

Macbookキーを外す

Macbookのキーを外すポイントとしては必ず上部から外すことが重要です。

これさえ間違わなければ、だれでも簡単にキーを外す(&元にもどす)ことができます。

  1. キー上部の隙間にプラスチックカード(固めのもの)の先端を入れる。
  2. てこの原理で上部(左右)を「パキッ」と持ち上げる。
  3. 指で取り除く。

※ドライバーを使う場合はkey隙間に入る先端の細いもの(超精密ドライバーなど)を使ってください。先端が太いとキーや本体に傷が残ることがあります。

動画で確認したい人はこちら。いとも簡単に外しています。

キー裏面には4つのジョイント部分があり、上の左右二つは「コの字」型、下の左右二つは引っかかっているだけの形になっています。

なので上の2つのジョイント部分に少し力を加えて外せば、あとは簡単にキーを浮かすことができます。

Shift(シフトキー)|Enter(エンターキー)|上下キーの外しかた

文字キー以外の特殊キー(シフトキー・エンターキー / リターンキー・上下キー)の外し方は次の通り。

スマホの方は右にスライド!

キー種類外すべきジョイント位置
Shift(シフトキー)上部4か所
Enter(エンターキー)左側4か所
上キー右側1か所
下キー左側1か所

Macbookキーを付ける

  1. 下側をひっかける
  2. 上側左右を「パキッ」というまで押し込む

【Apple推奨】Macbook Pro / Airの掃除方法

キー,掃除

Apple公式としては、掃除方法として「キーを取り外す」方法は紹介しておらず、「エアダスター」(空気を強く吹き付けるアイテム)を使ってホコリを飛ばす方法が紹介されています。

MacBook (2015 以降) や MacBook Pro (2016 以降) のキーが反応しなくなった場合や、押したときにほかのキーと感触が違うキーがある場合は、以下の手順にそって、エアダスターを使ってキーボードをお手入れしてください。引用:Apple公式

エアダスターを使った掃除方法

  1. MacBook Pro/Airを垂直に立てるのではなく、75 度に傾けて持つ。
  2. エアダスターでキーボード全体or問題のあるキーだけをスプレーする。(左から右)
  3. Mac ノートブックを回転させて右に傾け、キーボードを左から右に再びスプレーする。
  4. 左に傾け、同じ作業を繰り返す。

要は、空気圧でホコリを一方方向に吹き剥がすというもの。

単に隙間にホコリが詰まっている可能性が高い場合は、この方法で解決できます。

キーボードの汚れを防ぐおすすめアイテム

【手垢対策】OA機器用・除菌シート|525円~

除菌,OA機器

毎日指で触れるにも関わらず、掃除されることがめったにないキーボードは「実はトイレの便座よりも雑菌が多い」と言われています。

目には見えなくてもかなり汚れているのは事実ですので、気が付いた時にこまめに除菌シートでふき取る方法がおすすめです。

キーボードを除菌する場合は一般的なウェットティッシュや除菌スプレーなどでなく、OA機器用の除菌シートを使用するようにしてください。

【食べこぼし対策】キーボードカバー|1,099円~

キーボードカバー

Macbook横に食べ物・飲み物を置いて作業することが多い場合は「キーボードカバー」を使った方がベター。

というのも、よくある「コーヒーぶちまけ」案件に関してはAppleCareの保障の対象外で、高額修理となってしまうためです。

キーボードカバーであれば、安心して作業できるうえ、ペラっとカバーだけを水洗いできるので衛生的。

▶関連記事 MacBook Air13/11インチのおしゃれなケース人気ランキング

【無料修理】Macbook Proキーボード修理プログラム

実は一部のMacbook・Macbook Proには以下のような初期不良があることが公式にアナウンスされています。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • キーを押した時の反応が一定しない

この初期不良が起こりうる機種として発表されているのが、以下のモデルです。

ここに含まれるモデルを使っている場合には無償でキーボード交換(修理)のサポートを受けることが可能となっています。

キーボード修理プログラムの対象機種

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

Apple公式の有償修理|料金の目安

上のモデルに該当せず、キーボードの修理をAppleに依頼する場合にかかる料金目安は平均で35,000円程度

Macbook Pro1539,000円
Macbook Pro1333,000円
Macbook Air33,000円
Macbook33,000円

上の料金はAppleの保障サービス(AppleCare)未加入の場合で、AppleCareに加入している場合30,000円程度と少し安くなります。

アルミニウムMacbookのキーボード分解方法

macbook,アルミニウム,キーボード

Macbookに付属のアルミニウムキーボードや、別売のWireless(ワイヤレス)キーボードのキーも取り外して掃除することが可能です。

若干の作りの違いはあるものの、どれも上から外すを徹底して行えば失敗はありません

キー内部の汚れは消毒用エタノールをしみ込ませた綿棒などでふき取るのがベター。

エタノールであれば万が一少量が入り込んでもすぐに蒸発するため、水没故障の原因にはなりません。

まとめ

「キーを自分で外すのには抵抗が・・」という人も多いですが、Macbook Pro(Air)のキーは案外簡単に取り外すことが可能です。

今回紹介した掃除方法+汚れ防止グッズ快適なMacbook生活を送ってくださいね!!!

【関連記事】




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す